オンラインカジノに【損切り】は必要?

株やFXなどの投資の世界では度々でてくる用語の「損切り」ですが、オンラインカジノで稼ぎたいとお考えの方にも同じくらい重要な用語です。

「損切り」とは、いくらの金額が損失として発生した場合、一旦ここで損失額を受け入れてストップしようということです。

オンラインカジノで稼ぎたい方は、いくら稼ぐまでプレイするのではなく、損失が出たいくらのタイミングで止めるのという考え方が必須です。

損失だけ出して止めてしまうなんて、まだ続けたら取り返せるかもしれないのにもったいないと思われる方も多いかもしれませんが、上手に損切りのタイミングを設定しないと、のちに負けすぎてしまい大負けしてしまう可能性があります。

長期間オンラインカジノで利益を出し続けている方は、確実にこの損切りのラインを守り、実践しています。

また、どのような事にも言えることですが、物事を行う上で必須なのが正しい知識をインプットすることです!

特にお金の事については、人生を良くも悪くもしてくれる存在なので、「オンラインカジノで税金は発生するのか」や、「オンラインカジノの入出金で適切な資金管理」等についても知っておくと良いでしょう!

ここでは、そんな損切りという考え方や損切りのタイミングとテクニックについて解説していきたいと思います!

 

そもそも「損切り」とは?

オンラインカジノ損切り

損切りとは、たびたび「ロスカット」「ストップロス」「カットロス」とも呼ばれます。

特に投資の世界では、当たり前のように使用されている言葉です。

損失が増えすぎて、かつ負けすぎないために損切りを適切なタイミングで行う必要性があります。

これは、ただ逃げるだけの行動ではなく、これ以上リスクが大きく広がってしまうのを防ぐために、また自分自身が損失額を必死に取り返すのにヒートアップしてしまわないように一つの線切りとして人によって独自のラインを引いています。

これらからお分かりのように、損切りとは、負けを認めて損失額とともに身を引くという行為のことです。

しかし、多くの人は「いや、損失がある状態で止めてしまうなんて、借金だけが残って撤退するのは非生産的だ!」「まだ続けたら大儲けできるかもしれないのに、ここで止めるのは機会損失に繋がるだけではないか!」と思われるかもしれません。

ここの考え方が非常に大切なポイントです。

投資やギャンブルの世界では、損失が出たら取り返してやる!という気持ちが先走りがちです。

損切りを無視して賭けを繰り返すということは、もちろん今後大当たりする可能性があるかもしれませんが、更に損失額が膨らんでいき手持ちの資金を全額はたいてしまう状況のリスクもあります。

賭けられる資金もなく、ただ損失だけが残るという状況以上に最悪なことはありません。

後々冷静になって、「あのタイミングで止めていれば、、、」という後悔に暮れることを防ぐために、頭を冷やすために損切りはオンラインカジノでも必須な考え方です!

 

損切りの適切なタイミングは?

では、損切りのタイミングについては、いくらの損失額で線引きをすればよいのでしょうか

これについて明確に正解とされている基準はありません。

損切りのタイミングは人それぞれですし、持っている資産額からでも大きく違います。

しかし、一般的に投資家やインターネット上で言われている事から、「負けが連続で5回続いたタイミング」「資産全額の約15%がマイナスになったタイミング」「資金の三分の一を失ったタイミング」などと、決めている人が多いそうです。

他の基準として、今まで賭けてきた金額の2倍の額が損失額として出たら止めるなど、独自にタイミングを設定している人もいますので、こればかりは人によって違うということになります。

まずは、ご自身で損切りのタイミングを明確に決定して、この決めたルールを確実に守るということを心がけることが重要です。

これだけは絶対のルールであると、決めて認識することは損失を出している状況では困難かもしれませんが、あくまでも損切りは「全額資産を失う」ことを確実にストップしてくれる最後の必勝法なのです。

 

オンラインカジノの損切りテクニック

上記で解説しました通り、損切りにはご自身で決めた、いくらまで損失額が膨らんだら一旦オンラインカジノから手を引いて頭を冷やすということを守るのが大切です。

しかし、なかなか人間上手くいかないもので、一度損失が出てしまうと、何とか利益を出して取り戻したいと自然に脳が考え行動してしまうものです。

そこで、正しく損切りができるような環境へと考えを持っていくいくつかのポイントを解説します。

負けている時には、損切りという考えを意識してオンラインギャンブルや投資活動をしてくださいね!

【ポイント1】常に目標は長期的に設定する

オンラインカジノ長期的な目標まずは、損失自体を短期的で考えるのではなく、長期的な目線で見たらどうかということを念頭に置くことが大切です。

例えば、今まで1万円をギャンブル資金に翌月には5万円に増えていたにもかかわらず、先週だけで2万円も負けてしまったとしましょう。

今まで1万円が5万円になるくらい増えていたのに、先週だけでもう2万円も失ってしまったと感じてしまうかもしれません。

ここで、負けた2万円を取り戻すために更に金額を増やして賭けに臨むのは、投資の世界で適切な判断とは言えません。

そこで、損切りをするのですが、今まで過去に1カ月5万円増やすことができていたのに、急に2万円も失ったら、なんだかとても減ったように感じてしまいがちです。

しかし、ここで長期的な目線に考えを移したら、今まで過去に1ヶ月5万円増やせていたのだから、ここで止めて来月また5万円稼ぐことに専念しよう。そしたら、今回の負けた分の2万円を引いても3万円の利益が出ると考えるのです!

オンラインカジノでも投資の世界でも、一時的に損失を出してしまうのは、避けようがない事です。

【ポイント2】余計な資金をあらかじめ入金しない

入金作業を一回で終わらせたいからといって、一度に大金を入れてしまうのは損切りをするうえで、障害になりかねません。

これは、やはり人間お金があるとどんどん使っていってしまう傾向があるのですね。

また、このギャンブル資金が大きくなればなるほど損失額も大きく膨らんでしまうリスクもあります。

バックに大きな金額があると、まだ賭けられる、まだ少しお金の余裕はあると考えてしまいがちになるので、失っても良い程度の入金額の設定もご自身であらかじめ決めておくと良いでしょう。

最後に、ここでは長期的にみてオンラインで稼ぎ続けていくためのロスカット、または損切りについて解説をしてきましたが、皆さまにとっておすすめしたいオンラインカジノで、損失も利益も合算してプラスになるようにギャンブルと上手に向き合っていきましょう。

そのためには、このようなお金の知識やカジノの必勝法などというテクニックのインプットとアウトプットが大切です!

オンラインカジノでも人気ゲームとして、ブラックジャックルーレットなども用意されていますが、そのゲームに有効な必勝法も多く存在していますのでぜひ参考にしてくださいね。

ご自身の意思でコントロールできるのが最終的な目標ですが、最初のうちは難しいかもしれませんので、オンラインカジノサイト側で損切りラインを最初に設定しておくことや、クレジットカードを入金方法としてお使いの方は、利用限度を最低金額に設定しておくなど、ご自身の周りの環境を変えていくことから始めていくことも効果的です!

皆さまがオンラインカジノで長期的に勝てるように、楽しくプレイができますように応援しています!

 

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!