Abel Miranda - 公開日 2021年 9月 08日, 最終更新日 2024年 3月 21日 | カジノ生活

この記事で分かること

  • ギャンブル資金の管理方法は?
  • 資産運用を始める際のポイントは?
  • 少額からでも始められる安心の投資方法は?

「ギャンブル資金を貯めたいけど、おすすめの投資方法がわからない…」という方必見!

この記事では、ギャンブル資金の管理方法を解説します!

最後まで読めば、少額からでも始められる安心の投資方法も分かります。

オンラインカジノやブックメーカーなどのギャンブルで稼いだお金も、効率よく資産運用してより多くの利益獲得を目指しましょう!

 

みなさんは、ギャンブル資金のお金やギャンブルで稼いだお金をどのように管理していますか?ギャンブル資金の管理方法は、貯蓄よりも投資がおすすめです。

この記事では、ギャンブル資金の管理方法や資産運用方法、安心の投資方法などを詳しく紹介します。

ギャンブル資金の管理方法は?

ギャンブル資金の管理方法は?

ギャンブル資金の管理方法は、主に「貯蓄」と「投資」の2種類があります。

貯蓄とは、銀行に預けてギャンブル資金を管理すること。

一方の投資とは、株式や投資信託などを購入してギャンブル資金のさらなる利益を見込んで資産運用すること。

外国では「投資」する方が多いですが、日本では「貯蓄」する方が多いのが特徴です。

近年は政府が投資をして資産運用することを推進しており、安全に資産運用できる方法が増えています。

オンラインカジノや競馬、パチンコなどのギャンブルで稼いだ資金を資産運用(投資)することで、さらなる利益の加算を見込めます!

 

資産運用を始める際の2つのポイント

資産運用を始める際のポイント2つ

1. 長期的な資産運用をする
2. 生活に支障のない資金を投資する

ギャンブル資金を資産運用する際に大切なポイントを2つ紹介します。

 

ポイント1. 長期的な資産運用をする

資産運用を始める際に最も大切なことは「長期的な資産運用」をすることです

株式投資は短期的に利益を獲得する投資法と考えている方が多いですが、株式投資や投資信託などは10年以上の長期的に資産運用する方が確実に利益を増やせます。

なかには、株投資やFX投資で短期で大きな利益を獲得する方もいますが、投資初心者の方には難易度が高く、資産が減る可能性が高いためおすすめできません。

初めて資産運用をする方は、10年や20年以上を見込んだ長期的な投資を行いましょう!

 

ポイント2. 生活に支障のない資金を投資する

資産運用を始める際に大切な2つ目のポイントは「生活に支障のない資金を投資」することです。

全財産を投資したり、ギャンブルで稼いだ資金のすべてを投資したりなどの捨て身の投資は絶対にしてはいけません。

日常生活を送るために必要な資金を確保し、余る分の資金を資産運用に投資することが大切です。

近年は、1,000円や5,000円などの少額から投資できる資産運用方法が多く存在するため、少額かつ長期的な資産運用から始めてみましょう!

 

少額からでも始められる安心の投資方法2選!

初心者投資家におすすめの投資方法2選

1. つみたてNISA:少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税投資制度
2. iDeCo(イデコ):資産を形成する年金制度

資産運用初心者におすすめの少額からでも始められる安心の投資方法を2つ紹介します。

 

投資法1. つみたてNISA

つみたてNISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税投資制度のこと。

つみたてNISAは2018年1月からスタートし、2024年1月に抜本的拡充・恒久化が図られて「新しいNISA」が導入されています。

新NISAには「つみたて投資枠(つみたてNISA)」と「成長投資枠」の2種類が存在しますが、投資初心者の方は『つみたて投資枠』がおすすめです。

新NISAのつみたて投資枠の主な特徴は下記のとおりです。

つみたて投資枠(つみたてNISA)

年間投資枠 120万円
非課税保有期間 無期限
非課税保有限度額 1,800万円
口座開設期間 恒久
投資対象商品

長期の積立・分散投資に適した

一定の投資信託

対象年齢 18歳以上

金融庁:新しいNISA参照

新NISAのつみたて投資枠では、年間120万円かつ最大1,800万円を上限に非課税で資産運用できるため、貯蓄よりも大きな利益を得られる可能性が高い投資方法です!

 

投資先2. iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)とは、自分が拠出した掛金を自分で運用し、資産を形成する年金制度のこと。

20歳以上65歳未満のすべての方が加入でき、60歳以降に老齢給付金を受け取ることができます。

iDeCoは年金制度のため、60歳になるまで資産を引き出すことはできません!

iDeCoの3つの税制メリット

1. 掛金が全額所得控除 掛金全額が所得控除の対象となり、税金が軽減されます。
2. 運用益も非課税で再投資 通常の金融商品では運用益に課税(源泉分離課税20.315%)されますが、iDeCoでは非課税で再投資されます。
3. 受け取るときも大きな控除 iDeCoの受け取り方法は「年金」か「一時金」を選択できます。年金として受け取る場合は「公的年金等控除」一時金の場合は「退職所得控除」の対象です。

 

iDeCoの拠出限度額

加入資格 拠出限度額
第1号被保険者(自営業者)

月額6.8万円

(年額81.6万円)

第2号被保険者

(会社員・公務員)

会社に企業年金が

ない会社員

月額2.3万円

(年額27.6万円)

企業型DCのみに

加入している会社員

月額2.0万円

DBと企業型DCに

加入している会社員

月額1.2万円

DBのみに

加入している会社員

月額1.2万円

(年額14.4万円)

公務員

第3号被保険者

(専業主婦)

月額2.3万円

(年額27.6万円)

iDeCo公式サイト参照

iDeCoの拠出限度額は職業により異なるため、事前に限度額を調査してから将来を見据えた投資を行いましょう!

 

当サイトではNISAとiDeCoをおすすめしていますが、投資は必ず利益が出るものではないということを一言置いておきます。あくまでも長期的に見ると右肩上がりですが、もしかしたら損失が出る可能性もあるため、ご自身の判断の上で投資を始めてください。ただし、上記2つの投資方法は国も推している方法なので、安全性に問題はありません!

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

ギャンブル資金の管理方法は?まとめ

ギャンブル資金の管理方法は、銀行に貯蓄するよりも株式や投資信託などに投資して資産運用する方がおすすめです。

資産運用初心者の方は「つみたてNISA」と「iDeCo」がおすすめで、どちらも政府が推奨している安全安心の投資スタイルとして高い人気を誇っています。

オンラインカジノやブックメーカーなどのギャンブルで稼いだお金は、効率よく資産運用してより多くの利益獲得を目指しましょう!

よくある質問

ギャンブル資金を管理する上で最も重要なことは何ですか?

ギャンブル資金を管理する際に最も重要なのは、「長期的な資産運用」を心がけることです。短期的な利益を追求するよりも、10年以上の長期間にわたって資産を増やすことを目指しましょう。この長期的な視点が、資金管理の成功への鍵となります。

ギャンブルで得た利益はどのように管理すべきですか?

ギャンブルで得た利益は、日常生活に支障をきたさない範囲で資産運用に回すことが推奨されます。全財産を投資に回すようなリスクの高い行動は避け、余裕資金を使って、少額からでも長期的な投資を始めることが賢明です。

ギャンブル資金を資産運用する際の注意点は?

ギャンブル資金を資産運用する際には、二つの大切なポイントがあります。一つ目は、生活に必要な資金を確保した上で、余剰資金を投資に回すこと。二つ目は、投資初心者は特に、短期間での大きな利益を狙うのではなく、長期的な視野で資産を増やす方法を選ぶことです。

少額から始める資産運用の方法はありますか?

近年、1,000円や5,000円といった少額から始められる資産運用方法が増えています。これらの方法を利用することで、リスクを抑えつつ、ギャンブル資金の管理と資産の増加を目指すことができます。少額投資は、資金管理の良いスタートポイントになり得ます。