ラスベガスやマカオのカジノ街ような、外装がキラキラ光っていたり、多くの観光客がラフな格好でカジノゲームを楽しむことができるこれらの地域ですが、ヨーロッパのカジノはというと、少し格式が高いというのが特徴の一つです。 基本的にヨーロッパのカジノクラブは、観光客をターゲットにしていません。しかし、ラスベガスやマカオに続き、シンガポールや今後日本でもカジノ場が開設されるなど、世界の国際化が進むにつれて観光客の動きも多くなっています。それにつれて観光産業が占める利益の高さに、各国はいかに多くの外国人訪問客を増やすかに政府は力を注いでいます。 そして、既に多くの観光客を集めるフランスやスペイン、イタリアなどのにもカジノがありますが、いくつかのランドカジノは、他のカジノ場と差別化を図るために、観光客でも気軽に来てほしいとドレスコードを緩くしたりする規制緩和が実際のヨーロッパのカジノクラブで起こっています。そのため、常に常連カジノプレイヤーで賑わっていたヨーロッパカジノ場は、少しずつですが、私たち観光客にもオープンな対応をしてくれるカジノクラブが増えつつあるのは嬉しいですね!  
ドイツカジノ
カジノバーデンバーデン世界的にカジノを豪華なイメージにし、派手な印象を作り上げたといわれるドイツカジノですが、200年以上も歴史のある格式高いカジノクラブもいまだに存在しています。多くのカジノクラブに関しては、まだ格式高い場所でありますが、プレイヤーの大半が国外からのゲストだそうで、私たち観光客も入場制限を守りさえすれば歓迎してくれるでしょうね。 ドイツの入場制限は、カジノクラブによって年齢制限が分かれますので注意しましょう。 18歳以上か21歳以上ですので、入場する際に必須のパスポートを忘れずに用意していきましょう。また、ドイツのカジノクラブには、プレイヤーの品が求められますので、行く際には事前に公式サイトをチェックしてドレスコードに従った服装を用意することも忘れないようにしましょう。 ドイツで、知名度ナンバーワンのカジノクラブ「カジノ・バーデン・バーデン」は、日本でも今後開設されるIR(統合型リゾート)で、カジノ場だけではなく、ホテルや、レストラン、スパ、ショッピングモール、プールなどの施設をも併設されています。美しい内装デザインだと、世界から絶賛されるこの空間を楽しむために訪れることは、かなりの価値がある観光施設だと思います!  
オランダカジノ
オランダのカジノは、地域全体的に普及していて、空港の中にもカジノが楽しめる場所が併設されているほどです。それだけ普及しているということで、オランダのカジノ場は、より多くのプレイヤーを呼び込みたいということから、他の近隣国のカジノのドレスコードよりも比較的緩めに設定されています。 先ほど出てきた空港カジノですが、オランダ・スキポール空港には、「ホランドカジノ」という公営カジノがあります。時間は制限があり、朝6時から夜7時45分までの営業となります。年齢制限も18歳から入場可能ということですし、空港内という場所なので皆さん服装に関しては、かなりカジュアルな格好だそうです。トランジット時間で、次の飛行機を待っている間だけでも、楽しめるのはいいですね!  
スペインカジノ
カジノバルセロナ 実は、カジノが合法となったのは最近ということらしく、今では特にバルセロナやマドリードなどの観光地に密集しているとのことです。 観光客で日々賑わう「カジノ・バルセロナ」は、1992年に行われたバルセロナオリンピックのオリンピック村だった場所に、二つのホテルを建設し、その片方の「ホテル・アーツ」の一階と地下一階で運営されています。 ヨーロッパのカジノには珍しく、ドレスコードは無しとのことで、Tシャツや、ジーンズ、運動靴でも入場ができるそうなのですが、念のために公式ホームページもあるので確認してから行くのが安心ですね。  
オーストリアカジノ
最後カジノウィーンにご紹介するカジノ場はオーストリアにあります。音楽やアートなどの芸術色の強いオーストリアですが、カジノでもやはり他の国と比べたら格式高い傾向にあります。特に厳しいところですと、男性はジャケットが必須であったり、スロットは比較的気にしなくても大丈夫ですがテーブルゲームになると、襟付きのシャツでなければいけないなどのルールもあるので、オーストリアのカジノクラブへ行かれる時も忘れずに、情報収集をしてから行きましょう。 首都ウィーンには、1961年にオープンされた「カジノ・ウィーン」というカジノクラブがあります。三階建ての建物の中に、スロットマシーンが150台以上、テーブルゲームは35台以上入っており、規模的には決して大きくはありませんが、街の中でひときわ目立つ外装と、豪華な内装デザインで日々多くの観光客が一目見ようと訪れる観光スポットでもあります。   ヨーロッパのカジノについて何カ国かご紹介しましたが、同じヨーロッパ内でもカジノクラブの格式は、それぞれ特徴ありますので、ご自身の好みに合ったカジノクラブを見つけることができること間違いなしです!ヨーロッパへ旅行で行かれた際には、ぜひお気に入りのカジノを見つけてみてはいかがでしょうか!