ルーレットで赤が10回続いたら、次は黒の確率が上がる?

これは「マーチンゲール法」と組み合わせて売られている事が多い攻略法です。「これだけ赤が続いたんだからそろそろ黒になるでしょう」「だから、黒に高額を賭けよう!」という考え方です。

ルーレットの11回の出目は他の回とは無関係です(独立事象)。ですから、100回赤が続いている場合でも、101回目に黒になる確率は48.65パーセントでしかありません。N回赤が続いてもN+1回目に黒が出る確率は48.65パーセントのままです。

この際「それだと大数の法則に沿わないのでは?」と言いだす人もいますが、大数の法則は天文学的な試行回数の場合に適用される「理論上の確率」ですから、100回や100回の試行回数において持ち出すのは考え方が完全に間違っています。

ちなみに、カジノゲームには「従属事象」となるゲームも存在します。これは「以前のゲームの内容が、次回以降のゲームの内容に影響する」ゲームの事を指します。独立事象よりは従属事象の方が攻略法を活かしやすいのですが、従属事象に関してはまた後で解説いたします。

「人工のプログラムでオンラインカジノは成り立っているのだから、出目に法則性やリアルカジノとのズレがある」という事を言う方もいますが、個人的に「それもどうかな」と感じています。

オンラインカジノの「RNGRandom Number Generator)(乱数装置)」は、外部機関の調査をクリアしているものが大半ですし、そもそも不正など(確率操作など)をしなくても、カジノは儲かるんです。

前述の通り控除率(ハウスエッジ)の関係上、ほぼ全てのカジノゲームにおいて、カジノ側が勝つのです。RNGに限らず、何らかのインチキがバレる事のリスクの方がよほど大きいと思います。

カジノで勝つテクニック

1. ハウスエッジが最も厄介

2. ルーレットにゼロが存在する理由は?

3. パチンコに比べてオンラインカジノの勝率は高い!?

4. ルーレットで赤が10続いたら、次は黒の確率が上がる?

5. オンラインカジノ強制変換プログラム!

6. 100パーセントオーバーのペイアウトになるゲーム

7. 従属事象ゲームを活かす

8. ボーナスの活用

9. コンプ・プロモーションを活かす

10. ハウスエッジゼロのゲーム

11. ギャンブルはメンタルゲーム

12. カジノを楽しんでプレイして下さい!