ユウタ 鈴木 - 公開日 2022年 4月 25日, 最終更新日 2023年 11月 20日

2in1法とは?使い方やメリット2つを徹底解説!

2in1

この記事で分かること

  • 2in1法とは?
  • 2in1法の使い方は?
  • 2in1法のメリット・デメリットは?

「2in1法でカジノゲームに勝ちたいけど、使い方がわからない…」という方必見!

この記事では、2in1法の使い方や使えるカジノゲームを解説します!

最後まで読めば、2in1法のメリット・デメリットもわかります。

2in1法は、2回の負けを1回の勝ちで取り返すことができる優秀なカジノ必勝法です!

 

2in1法は、2回の負けを1回の勝ちで取り返すことができるカジノ必勝法です。守りに徹した攻略法であり、多くのオンカジユーザーから利用されています。

この記事では、2in1法の特徴や使い方、有効なゲーム、メリット、デメリットなどを詳しく解説します。

2in1法とは?

2in1法とは?

2in1法とは、必勝法の名のとおり「2回の負けを1回の勝ちで取り返す」カジノ攻略法です。

たとえば、バカラに2連敗した場合でも、その後の3ゲーム目で勝つことができればすべての損失額を取り返せます。

2in1法は「モンテカルロ法」を簡素化したマネーシステムであり、数列に従ったベットコントロールを行います。

 

メモとペンが必要

2in1法では、数列をつくる必要があるため「メモ」と「ペン」が必要です。

ゲームに負けるたびに数字がひとつずつ増えていき、勝つたびにふたつずつ減っていきます。

ランドカジノではメモを取ることは禁止されているため、オンラインカジノ専用の必勝法です。

2in1法の使い方

2in1法の使い方
1. 2連敗したら2in1法の利用開始
2. 数列を書く
3. 数列の両端を足した数をベットする
4. 勝った場合は数列両端の数字を消す
5. 負けた場合は数列右端に数字を足す
6. 数列がなくなったら2in1法終了

 

2in1法は、上記の流れでゲームを進行します。ここからは、各ステップごとに解説します。

 

【ステップ1】2連敗したら2in1法の利用開始

2in1法は、2連敗してから初めて利用開始できる必勝法です。

連勝しているときや勝ち負けが交互に続いているときは利用できません。

 

【ステップ2】数列を書く

2連敗した場合、数列を「1 1」と書きます。

数列の数字「1」は1ドルではなく、1ユニット(単位)を指します。

たとえば、1ユニットを1ドルにする場合はそのまま1ドル、5ドルにする場合は5ドルとなります。

 

【ステップ3】数列の両端を足した数をベットする

2in1法では、数列の両端を足した数をベットします。

たとえば、数列「1 1」の場合は「1+1=2ユニット」を次ゲームへ賭けます。

1ユニットが1ドルの場合は2ドル、1ユニットが5ドルの場合は10ドルがベット額です。

 

【ステップ4-1】勝った場合は数列両端の数字を消す

ゲームに勝った場合は、数列両端の数字をひとつずつ消します。

たとえば、数列「1 1 2」のときに勝利した場合は、左端の「1」と右端の「2」を消し、新たな数列は「1」となります。

 

【ステップ4-2】負けた場合は数列右端に数字を足す

ゲームに負けた場合は、数列右端に負けたときのユニットの数字を足します。

たとえば、数列「1 1」のゲームに「2ユニット」を賭けて負けた場合、数列右端に「2」を足し、新たな数列は「1 1 2」となります。

 

【ステップ5】数列がなくなったら2in1法終了

ゲームの勝ち負けおよび数字の足し消しを繰り返し行いながら、数列のすべての数字がなくなったら2in1法の終了です。

終了した時点ですべての損失額を取り返せます。

2in1法の有効なゲーム

2in1法の有効なゲーム

2in1法が有効なカジノゲームは、以下の2つの条件を満たすゲームのみです。

  • 配当:2倍
  • 勝率:50%

 

上記2つの条件を満たす代表的なカジノゲームには、以下の3種類があります。

2in1法は簡単な数列を作成してベットするだけのため、カジノ初心者の方でも気軽に利用できます。

ほかにも、カジノ必勝法には多種多様なものが存在しますが、特に上級プレイヤーにおすすめしたいのが「セルフハイエナ法」です。

セルフハイエナ法は、さまざまなカジノ攻略法を組みあわせてゲームを進めていくもので、オリジナルの戦略を駆使しながら効率的に稼げます。

2in1法のメリット4つ

2in1法のメリット

2in1法のメリット4つ

1. 損失を少なくできる
2. 数列が簡単
3. 自由にベット額を設定できる
4. 賭け金が高騰しにくい

2in1法を利用するメリットを4つ紹介します。

 

メリット1. 損失を少なくできる

2in1法は「損失回収型」の必勝法であるため、損失を少なくできるメリットがあります。

たとえ、連敗が続いている状況でも、地道に勝利を重ねることですべての損失額を取り戻すことが可能です。

 

メリット2. 数列が簡単

2in1法は、同じ数列を使う必勝法である「モンテカルロ法」を簡素化したものであり、数列が簡単です。

最初は「1 1」からスタートし、負けるたびに負けたユニットの数字を右端に足していくだけのため、カジノ初心者の方でも気軽に利用できます。

慣れてくるとメモを使わず、頭の中で計算することも可能です。

 

メリット3. 自由にベット額を設定できる

2in1法では、自由にベット額を設定できます。

1ユニットあたりのベット額を高くするとハイリターンな賭けを、低くすることでローリスクな賭けを楽しめます。

自分の資金と相談し、最適なベット額で勝負しましょう。

 

メリット4. 賭け金が高騰しにくい

2in1法は、負けたユニット数を数列に足していくだけのため、賭け金が高騰しにくいメリットがあります。

数列は「1 1」からスタートして「1 1 2」「1 1 2 3」「1 1 2 3 4」と徐々にしか上がっていかないため、資金に優しいベットスタイルです。

2in1法のデメリット3つ

2in1法のデメリット

2in1法のデメリット3つ

1. 勝敗が交互に続くと利益が出ない
2. 連敗が続くと賭け金が高騰する
3. 連勝のときは利益が少ない

2in1法を利用するデメリットを3つ紹介します。

 

デメリット1. 勝敗が交互に続くと利益が出ない

2in1法は2連敗してから初めて利用できる必勝法であり、勝敗が交互に続く場合は必勝法を開始できず、利益も出ません。

数列を利用した賭け金の加算もないため、利益も出ず、損失も出ない状況が続きます。

 

デメリット2. 連敗が続くと賭け金が高騰する

2in1法は、連敗が続きすぎると賭け金が高騰する場合もあります。

少しの損失であればいつでも取り返すことはできますが、損失が増えすぎて返済不可能となった場合は、諦めてゲーム終了する決断を行いましょう。

 

デメリット3. 連勝のときは利益が少ない

2in1法は損失を取り返すことに特化した必勝法のため、連勝しても利益は少ないです。

連勝による大きな利益を獲得したい方は、別の必勝法である「パーレー法」や「グランパーレー法」などを利用しましょう。

 

2in1法は、カジノゲームにおける損失を効率的に回復するための一つの方法として多くのプレイヤーに利用されています。しかし、どのギャンブル戦略も100%の勝利を保証するものではありません。2in1法を用いる際は、自己責任で慎重に行い、賭け金の管理には特に注意しましょう。

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

2in1法まとめ

2in1法は、2回の負けを1回の勝ちで取り返すことができる優秀なカジノ必勝法です。

数列を使った攻略法は難しいイメージが強いですが、2in1法はモンテカルロ法を簡素化した攻略法のため、カジノ初心者の方でもすぐに利用できます。

メモを取りながらゲームを進める必要のある2in1法は、ランドカジノで利用することは困難なため、日本語対応のオンラインカジノサイトで使用しましょう。

よくある質問

2in1法とは何ですか?

2in1法は、カジノゲームでの損失を効率的に回復するための戦略です。この方法では、2回の負けを1回の勝ちで取り返すことができます。主に数列を使って賭け金を管理し、勝敗に応じて数列を調整していきます。

2in1法を使うメリットは何ですか?

2in1法の最大のメリットは、少ない勝ちで前の損失を回復できる点です。また、他の攻略法に比べてリスクが少なく、長期的に安定して利用できる戦略とされています。

2in1法のデメリットはありますか?

2in1法のデメリットとしては、連敗が続くと賭け金が増大する可能性があることです。また、すべてのカジノゲームに適用できるわけではなく、特定のゲームでのみ効果的です。

2in1法を使う際の注意点は何ですか?

2in1法を使用する際には、自分の賭ける金額の限界を事前に設定することが重要です。また、連敗が続いた場合には一時的に戦略を見直すことも必要です。戦略を用いる際は、ゲームのルールをよく理解し、責任あるギャンブルを心がけることが大切です。