貯金ができない5つの原因

貯金ができない人には、5つの原因があります。貯金がうまくできていないのには理由があり、なかなかお金が貯まらないといった悩みを持っている人はこの5つの原因に当てはまりやすいです。

ここでは貯金できない5つの原因を詳しくみていき、貯金ができない原因を探しましょう。

 

生活費用の口座と貯金用の口座の使い分けができていない

貯金が継続してできないといった原因には、銀行口座の使い分けができていない可能性があります。

貯金しているお金と生活費などで必要なお金を同じ口座で管理していると、お金を使ってしまう原因の1つです。

貯金しているお金を使わないためには、生活用の銀行口座と貯金用の子銀行口座に分けることで、無駄に使うことなく管理しながら貯金することができます。

また生活用の口座から貯金用の口座に送金することで、貯金している感覚を実感できる点もメリットの1つです。

貯金をしているがお金があまりたまらないといった悩みがあるのであれば、銀行口座を生活用と貯金のように分けて利用しましょう。

 

手取りの収入額が少ない

貯金がしたいが収入が少ないと、貯金できる金額が減ってしまう傾向にあります。一般的に貯金しようと考えると、会社からもらえるお給料が一般的な収入です。

そこから税金などを引かれた手取りの中から、生活に必要な資金と貯金をしなければいけません。生活に必要なお金は家賃や光熱費などの固定費に加えて、日用雑貨や食品を購入する変動費も必要があります。

収入が多くないと固定費や変動費に収入の大半を取られてしまい、貯金ができないといったことも多いです。

収入が少ないと貯金できる金額が減ってしまうので、収入が少ないと貯金が溜まりにくい傾向にあります。

貯金をする目標額により違いがありますが、収入が少ないとうまく貯金ができない場合があるので注意してください。

 

貯金をするための目標や理由を立てていない

「なんとなく貯金しなきゃいけない」といった義務感や「とりあえず貯金しとこう」といったあいまいな目標で貯金をしてしまっている方はいませんか?

貯金を成功させるためには「どうして」や「なんで」といった貯金に対しての理由が必要です。

貯金をするために目標や理由があると必要金額を設定しやすくなり、目的意識を持って貯金することができます。

例えば「子供の学費を貯金しなきゃいけない」や「老後に備えたいといった」など理由はどんなものでもいいです。

貯金に目標を立てると目標達成に必要な金額を調べることができるので、貯金をしやすくなります。

貯金が失敗続きでできていないといった悩みがあるのであれば、目標や理由を明確にして目標金額を設定した上で貯金するようにしましょう。

 

既に決まっている支出を把握できていない

給料の支払い日が来る前に既に決まっている支出ってありますよね。例えば固定費と呼ばれている家賃や水道光熱費など絶対に支払わなければならないお金になります。

また他に支払いがある場合に既に決まっている支出額がいくらなのか把握しておかなければいけません。

既に決まっている支出が把握できているとどれくらい残しておかなければいけないのかわかることができます。

もしも既に決まっている支出額を把握していないで貯金していると、貯金から切り崩してしまう可能性もありお金が貯まりにくいです。

貯金をするためには、既に決まっている支出額を把握しておき、支払い金額と貯金を差し引いてからお金を使うようにしましょう。

 

無駄に買い物をしてしまう

貯金ができない人も大きな原因として、無駄なものを買っていませんか?

ついついウインドウショッピングで着ないかもしれない服を買ってしまったことやネットショッピングで安いから買ってしまったなどの人は要注意の原因です。

買ったのはいいものなのに、その後数度しか使わなかったら、無駄な買い物になってしまいます。

ここで無駄に買い物してしまった購入費用を貯金に回せていたら、貯金することができますよね。

無駄な買い物は貯金できるお金を必要がないものに変えてしまっていることになります。貯金を成功させるためには、無駄な買い物を減らして必要なものを購入していくようにしましょう。

 

貯金を成功させるための方法

貯金を成功させるためには、いくつかの方法があります。貯金を成功させるためには家賃などの固定費を改めて見直すことや服などの変動費を減らして貯金に回すことなども必要です。

こでは貯金を成功させるために5つの方法をみていきましょう。

 

光熱費などの固定費を改めて見直そう

貯金を目標通りにするのであれば、家賃や光熱費などの固定費の見直しを必ずしましょう。

ではいったいなぜ固定費を見直さなければいけないかというと、継続して節約して貯金に回すお金にしやすいからです。

固定費とは、「家賃」「水道光熱費」「携帯料金」など既に決まっている支払いを指します。

もしも固定費を1万円減らすことができたとしたら、次の月も1万円減らすことができる可能性が高いです。

そのため固定費を節約するということは、毎月必ずかかる支出を減らすことができます。

収入と支出の差が近く、貯金がしたくてもできないといった悩みがあるのであれば、まずは固定費から見直して節約できる部分を探しましょう。

 

服や日用雑貨などの変動費を見直そう

先ほどは固定費を見直しましたが、変動費も見直さなければいけません。変動費とは「服」や「食費」などを指します。変動費の一般的な費用は収入の10%程度が理想だとされており、例えば月収が30万円であれば3万円程度です。

収入から変動費が10%を超えている場合には、払い過ぎなので固定費を一度見直す必要があります。

また変動費の10%はあくまでも理想なので目標に対してお金を貯めなければいけないのであれば、変動費を削ることで貯金に回してもいいでしょう。

また変動費はほとんど使わなかった調理器具や身に付けなかった服なども対象になります。

無駄なものを買わないことでも変動費は大きく抑えられるかもしれないので、支出の1つ1つを十分に注意して管理するようにしましょう。

 

家計簿をつけよう

収支がどれくらいなのか頭の中である程度把握しているだけでなく、目に見える形で数字として表すことが重要になります。

そこでおすすめしたいのが家計簿をつけることです。家計簿は収支をはっきりとわかりやすく数字で示すことができるので、目に見える形でどこにお金を使い過ぎているのかわかります。

お金の収支をはっきりさせるためには、ぜひ家計簿をつけてお金の収支を一度改めてみましょう。

 

外食を控えて自炊しよう

自炊って面倒だし時間の余裕がないとできないイメージがありますが、支出を減らすためには欠かせません。

そのため自炊の回数を増やして外食を減らす必要があります。

自炊は作る時間がかかるのでスーパーなどに買い出しに行かなければなりませんが、外食と比較して安くしやすいです。

外食は支出を増やしてしまうので、減らさなければ貯金額を増やすのは難しくなっています。

自炊は時間こそかかりますが、支出を減らすことができるのでお金が貯まりやすいです。

貯金額を増やしたい方や貯金したい方は、外食を減らして自炊を増やすようにしましょう。

 

オンラインカジノなど収入源を増やそう

先ほどは収支を見直して使うお金を減らすことを紹介しました。とはいっても貯金する方法として、収入源を増やさなければいけません。

収入を増やさなければ貯金額を増やすことは難しいですし、増やす方法を探すことが重要になります。しかし副業や投資などは知識が必要でお金になるまでに時間がかかるものが多いです。

そこでおすすめなのがオンラインカジノになります。

日本からでも参加できるオンラインカジノは還元率が他の公営カジノと比較して高く、収入にしやすい方法です。

公営カジノの還元率の場合には、パチンコの還元率は85%、競馬は74.1%となっています。オンラインカジノはゲームの種類によって違いますが90%を超えているものが多く、お金を減らしにくい方法です。

オンラインカジノは還元率が高く、お金を貯めたい人は検討してみてください。