投資で失敗してしまう人には、共通点が7つあります。

一億円を手にするためには投資に失敗する特徴の7つに当てはまらないか確かめることが重要です。

ここでは一億円を手にすることが難しい投資で失敗する共通点を7つ詳しくみていきましょう。

 

一億円を手にできない?投資で失敗する人の共通点7選

投資の前に目標設定していない

仕事や人生設計をして、お金やどのようにいきたいのかある程度決めていませんか?

人生や仕事と投資も同じで目標設定した取引をしなければ、投資はうまくいきません。

投資は遊びで取引するわけではないので、どれくらい儲けたいのかといった目標設定することが必要です。

一喜一憂して投資してしまうことはギャンブルでも同じで、目標や投資額の設定などを安定させなければいけません。

なぜ投資をするのかということを明確にしておくことで、投資目的がはっきりとします。

偶然の結果で一喜一憂してしまう投資ではうまくいくことが難しいので、投資に対して目標を設定することでなぜ投資するのか明確にしましょう。

 

情報に偏りがある

株やFXなどに投資する場合、取引材料となる情報を入れておかなければいけません。

情報を知っておかなければいけませんが、偏りがあると投資に大きな影響を与えてしまいます。

投資をする際に自分にとっていい情報を取り入れてしまい、悪い情報を入れることなく投資に踏み切ってしまう場合がありますが、注意しなければいけません。

例えば2017年の仮想通貨はブームによってレートが上昇していきました。しかし2018年に入ると市場は停滞してしまい、低迷したことがあります。

こういった大きな流れを知らずに仮想通貨がブームという情報だけで投資してしまうと、2018年の市場では勝負することが難しいです。

常にいい情報と悪い情報を入れており、情報の偏りをなくして投資するようにしましょう。

 

分析を怠り曖昧に取引してしまう

いい情報と悪い情報を入れた後は、分析することが必要になります。

情報は市場に大きく影響して市場のレートが動く場合が多いので、入手した情報でどのように市場が動くのか分析することが重要です。

特に株式では相場操縦がおこなわれる場合があり、情報入手や情報分析を怠ってしまうと引っかかってしまい負ける可能性があります。

もしも情報は手に入れているが分析を怠ってしまうと、レートが投資した先と逆方向に進んでしまうかもしれません。

レートを予想するためには情報がプラスかマイナスかを予想して取引するようにしましょう。

 

自分の意思で取引しない

情報を仕入れることはとても重要ですが、情報に惑わされて取引することは危険です。

他の投資家や営業マンの影響で自分の意思や考えをすることなく投資してしまうと、失敗してしまう可能性が高くなります。

自分の意思決定で取引できないと、その人を頼って投資してしまうので自分の意思決定での投資ができなくなる可能性が高いです。

また情報は私利私欲で流される場合もあり、真実である情報とは限りません。特にネットで情報を取るようになった昨今では真実の情報か検証することが重要です。

そのため情報分析をおこない自分の意思で決定して、取引することが重要になります。情報を入手して分析し、自分の意思で取引しましょう。

 

使ってはいけないお金を投資に使ってしまう

投資は使ってもいいお金を使用して取引することが重要で、生活費や借金をしてまで取引することはNGです。投資で使用してもいいお金の限度を導き出して投資しなければ、破産してしまうかもしれません。

手持ちのお金を超えて投資ができるレバレッジは、日本だと大きな借金を得ることが少なくなるようにFXで25倍や株だと3倍に設定されており、設定されている数字に違いがあるものの法律で制定されています。

しかし海外の取引会社を利用するとレバレッジを日本よりも高く設定することができるので、大きな借金を得てしまうかもしれません。お金は使っても良い限度額を決めて投資するようにしましょう。

 

リスク管理がうまくできない

投資をする際に、どれくらいの可能性で勝てるかというリスク管理をする必要があります。

リスクは投資する時期やタイミングによって違いがあり、どれくらいの可能性で利益を出すことができるのか考えることが重要です。

もしもリスク管理を怠ってしまうと、思わぬ展開についていくことができず損してしまうかもしれません。

またリスク管理は分散投資ができていないかも重要になります。

資金が100万円あったとして1つの株に100万円を投資することよりも、100万円で10社に投資することでリスク分散できるのでおすすめの投資方法です。

リスク管理は分散することで損益を被る可能性が低くなるので、リスク管理ができないと利益を上げることが難しいでしょう。

 

決めたルールを守ることができない

投資する際には、ルール設定をしなければいけません。

ルールというのは損切りや利確をどのように設定するのか、またどのように買いや売りを判断するのかなど様々なルールを設定しておくことが重要になります。

このルールを投資の際に決めておき、投資する際にルールを守りながらの投資をすることが重要です。

投資で失敗してしまう人はルール設定をすることができてはいますが、実践で守ることができない場合があります。

決めたルールを守り、的確なルールのもと投資するようにしましょう。

 

投資で有名な厚切りジェイソンさんの投資方法とは

投資家で有名な人は多くいますが、タレントとして活躍している厚切りジェイソンさんは投資家としても利益を上げている有名人の一人です。

厚切りジェイソンさんが一般の人に向けて投資するおすすめの方法が、「VTI」という米国の上場投資信託(ETF)になります。

4.000社もの会社に投資することができ、分散させて投資することができる点からリスク管理と成長率が高いと人気の銘柄です。

今年の米国の上場投資信託(ETF)は年初に1月につけていた価格から約20%もの下落がありました。

しかし10年後や20年後といった長期スパンで考えると、アメリカの米国の上場投資信託(ETF)は成長する可能性が高いのではないでしょうか。

インデックス投資は年利が4%から5%の利益を上げられればよく、ぜひ利益を目指して投資してみてはいかがでしょうか。

 

実際にできる?サラリーマンでもできる投資方法とは

サラリーマンが仕事をしながら投資をする方法ってあるのでしょうか。

結論からいうと、アメリカ株のインデックス投資がおすすめです。インデックス投資は4.000社にも及ぶ会社に分散投資することができます。

ただし4.000社の中には成長する会社と失速する会社に分かれていきますが、どの株を購入すると全体的に成長するかを予想する株です。

そう考えると日本は今後少子高齢化が進みますが、アメリカだとこれからも多くの移民が移住する可能性があり日本よりアメリカの方が成長する可能性が高いのではないでしょうか。

日本よりもアメリカの方が成長する可能性が高く、人口も日本の3倍の約3億人が暮らすアメリカのインデックス投資に投資を検討してみてはいかがでしょうか。

 

一億円を手にできるかもしれない?オンラインカジノ

一億円を手にすることは、株やFXなどの投資だけではありません。

サラリーマンが一億円という大金を手にするためにおすすめの方法が、投資代わりにもなるオンラインカジノになります。

オンラインカジノは他のギャンブルよりも還元率が高く、利益を出せる可能性が高いとして人気です。

他のギャンブルは80%や70%など低い設定ですが、オンラインカジノは93%から97%に設定されていることが多く利益がしやすくなっています。

また投資とは違いゲームをしながら稼ぐことができるので、ブラックジャックやバカラなど様々です。

オンラインカジノの中には2.000種類以上も用意されている場合もあり、好きなゲームを探すことができます。

オンラインカジノはゲームが豊富で還元率が高く、勝ち続けることで夢の一億円に届くかもしれないので、ぜひプレーしてみましょう。