Select Page

会社に勤めるとボーナスを楽しみの一つにしている人が多いですよね。ただそもそもボーナスってどのようなものなのかご存知でしょうか?

ボーナスとは所得税法と社会保険によって定められており、以下の言葉で定義されています。

所得税制法では「賞与とは、定期の給与とは別に支払われる給与等で、賞与、ボーナス、夏期手当、年末手当、期末手当等の名目で支給されるものその他これらに類するものをいう」とされているのがボーナスの内容です。

また社会保険では「賃金、給料、俸給、手当、賞与、その他いかなる名称であるかを問わず、被保険者が労働の対償として受けるもののうち、年3回以下の支給のものをいう」と定義されています。

つまり給料とは別に臨時でもらうことができるお金のことを指しているのがボーナスです。ボーナスで支給される額は、毎月支払われている給料から計算することがほとんどで、会社によってバラバラに決められています。

1回につきもらうことができるボーナスは給料の0.5から3ヶ月分が目安となっており、夏と冬の2回もらうことが多いです。

ボーナスの支払いを決める指標としては会社の業績や従業員の人数、部署ごとの実績によって違いがあります。ボーナスは会社によって支給される額が異なり、また部署や業績によっても左右される臨時支給のお金です。

 

ボーナスがない3つの理由

ボーナスがない会社では、主に3つの理由が考えられます。

ボーナスが支給されない会社の多くは、「年俸制を採用している企業」「業績悪化とともにボーナスが廃止になった」「会社に労働組合がない」の3つです。

ここではボーナスが出ない企業の理由を紐解いていきましょう。

 

年俸制の企業は基本ボーナスがない

多くの会社では給料制を採用していますが、年俸制を採用している会社もあり採用している給与制度は様々です。

そもそも年俸制とは1年間もらうことができるお金を決定した上で、12ヶ月で分割して支給される方法になります。

年俸制の会社ではボーナスの支給がないことが多く、年俸分のお金をもらうのが主な収入です。

年俸制の会社が給料を決める方法としては、昨年の成果や能力を元にして決定されて翌年の年俸に反映されていきます。

年俸制を採用している企業は国内の企業よりも海外の企業に多くみられる傾向で、海外の成果主義にピッタリとあっており多くの外資企業が採用している制度です。

ボーナスは業績や景気で支給されないリスクがありますが、年俸制を採用している会社では安定したお給料を得ることができます。

年俸制で安定した給料が得たい人は、ボーナス支給がないものの安定した生計を立てやすい制度です。

 

業績悪化とともにボーナス廃止

ボーナスが出ない会社では、そもそもボーナスがない会社と元々はボーナスを支給していたが何らかの理由でボーナスが出なくなったという2パターンが考えられます。

近年では新型コロナウイルスの大流行で多くの業界が大ダメージを負ってしまい、ボーナスを無くさざるを得なくなってしまった企業が多いです。

ボーナスが支給される会社では業績や景気が良い時に支給されますが、業績悪化とともにボーナスが支給されなくなる場合があります。

元々はボーナスを支給していましたが、業績悪化でボーナスを廃止してしまった会社もあるので予め調べておくといいでしょう。

 

会社に労働組合が存在しない場合

そもそもボーナスとは労働組合との交渉で勝ち取るものであり、労働組合がないとボーナスが支給されないことがあります。

そのため労働組合がない企業に就職すると、基本的にボーナスが出ないことが多い傾向です。

ただし労働組合がない会社であってもボーナスが支給されている場合もあります。

しかし労働組合がないと、労働組合がある企業と比較してボーナスを簡単にカットしやすい環境になるので、ボーナスが出なくなることが多いです。

ボーナスの支給は労働組合があるかないかで大きく影響を受けるので、就職する前に労働組合の有無を調べるようにしましょう。

 

ボーナスがないことでメリットもある?ボーナスなしのメリットとは

ボーナスがないとなると、収入が減っているように感じるのではないでしょうか。

しかし実はボーナスがないことでデメリットとなることがあるのを知っていますか?

ここではボーナスが出ないことのメリットを2つみていきましょう。

 

給料が高い

ボーナスがない会社では、給料が高めに設定されていることが多いです。ボーナスが出ない会社ではボーナスが出ないという条件で優秀な人材が避けてしまうことがあります。

そういった事態にならないように、ボーナスが出ない代わりに給料が高く設定されていることが多いです。そのためボーナスが出ない会社だからといって、必ずしも収入全体が低くなるわけでありません。

ボーナスが出ない企業の場合には、ボーナスが出る同じ業界の給料と比較して給料とボーナスの合計給料がどれくらいなのか調べるようにしましょう。

ボーナスは業界や世間の景気によって大きく左右されてしまうので、給料が高く設定されていることで安定したお金を得られるというのがメリットの1つではないでしょうか。

 

業績や景気にもらえるお金が左右されない

ボーナスが出ない会社であれば、給料が高くなる傾向があると紹介しました。給料は毎月固定されているので、基本的に安定して支給されますよね。

しかしボーナスは、会社の業績や景気が悪くなると支給されなくなるかもしれません。

ボーナスを前提にした住宅ローンや車のローンを組んでしまっていると、ボーナスが出なかった時に支払いが滞る可能性があります。

ボーナスが出ない会社では業績悪化や景気が悪化したとしても、そもそもボーナスがないので他の会社より少し上積みされた給料が安定して支給されるだけです。

そのため景気や業績に関係なく安定した給料を得ることができるのが、ボーナスが出ない会社のメリットではないでしょうか。

 

ボーナスが出ないなら家計を見直そう

ボーナスが出ない会社に勤めている人はお金の使い方を見直すことで、大きな買い物や貯金がしやすくなります。

ここではボーナスが出ない場合は、どのような出費の管理をすればいいのか3つピックアップしました。

ここではボーナスが出ない会社に勤めても安心して貯金できる方法を3つみていきましょう。

 

家計簿をつけよう

給料とプラスして支給されるボーナスが出ないとなると、支出の管理は欠かせません。

支出を管理するためには家計簿をつけて、お金の出入りを管理する必要があります。先ほども紹介しましたがボーナスが支給されない会社だと給料が他の会社よりも若干高くなる傾向です。

つまり少しずつボーナスを支給されている状態と同じになります。

そのためボーナスが支給される給料と同じような割合で支出していると、貯金や家などの大きな買い物へのお金が溜まりにくいです。

お金を管理するという意味でも必ず家計簿をつけてお金の支出を管理するようにしましょう。

 

固定費を見直そう

固定費とは家賃や水道光熱費など決まった支出を指します。

固定費の見直しはとても簡単で、水道光熱費や保険料の基本的に支払っている料金の見直しをすることで出費を減らせるかもしれません。

固定費の見直し点は、基本料金と無駄遣いをし過ぎていないかをチェックすることが主な内容になります。

光熱費などの料金明細で使い過ぎていると感じる場合には、節約するきっかけになるかもしれません。

固定費を見直して出費を抑えるきっかけにするようにしましょう。

 

変動費を見直そう

支出を管理する上で固定費とともに重要なのが変動費になります。変動費とは、お出かけの交通費や食費などの毎月の支出が大きく変わる出費です。

衣服や娯楽などの出費は毎月どの程度購入するかによって大きく異なるので、出費の管理が欠かせません。

変動費が多くなると貯金がしにくくなるので、家計簿などで管理する必要があります。

毎月いくらまで使っても良いのかしっかりと把握することで、無駄遣いを減らしやすいです。

変動費は見直すことで多くの出費を減らすことができる可能性があるので、家計簿などで確認するようにしましょう。

 

ボーナス以外でも収入を持とう!オンラインカジノで増やす方法とは

ボーナスが出ない会社では毎月一定の安定した給料をもらうことができますが、給料以外の収入がほとんどありませんよね。

そういった際に副業など技術が必要な仕事だと、お金になるまでに時間がかかってしまいます。

そういった方におすすめしたいのが近年人気のオンラインカジノです。オンラインカジノでは、一定の年齢であれば誰でも楽しむことができます。

オンラインカジノは還元率が93%から98%まで高配当を実現しており、利益が出しやすいです。

給料以外で主な収入がない人でもオンラインカジノで収入源にできるかもしれません。

他の公営カジノは還元率が低く設定されており副業にしにくいですが、オンラインカジノでは還元率が高く副業として始めやすいのでぜひプレーしてみてはいかがでしょうか。