異変が起きている?東京の新築マンションを購入する際に知っておきたい2つのこと

実は物件の人気に変化があることを知っていますか?新築の物件が好まれていたのは過去となり、売れ行きがいい物件にも変化がありました。

ここでは新築マンションの購入前に知っておきたい、2つのことについて詳しくみていきましょう。

 

中古住宅需要の高まりが新築購入の減少を生んでいる

これまでの日本人は新築住宅が人気で、多くの人は中古住宅よりも新築住宅の方が好まれていました。

そのため建築から数年経っただけの住宅だったとしても、売り出すと中古住宅になりますが、一気に価値が落ちてしまうことが多かったです。

しかし近年では中古住宅の人気が上昇したので、新築住宅の人気が落ちてしまいました。消費者の好みは「とにかく新築がいい」といった思いよりも、クオリティーが重視されるようになってきています。

また中古住宅の価値上昇の背景には、2018年4月に宅地建物取引業法で不動産インスペクションの説明義務が法律で決まりました。

さらにはリフォームで中古住宅をまるで新築住宅のように変えることもできるので、人気となっています。現在では新築住宅よりも中古住宅の方が人気で、市場の人気を知っておきましょう。

 

新築への買い替え需要の減少

中古住宅の需要の高まりによって、新築への買い替え需要が大きく減少しています。これまでの新築マンションでは買い替え需要によって高まっていましたが、買い替え自体が減少した結果新築マンションの需要が減少したことも要因の1つです。

子供が独立後に夫婦2人で大きな一軒家に住むよりも、マンションに住んだ方がいいのではないかというふうに考える人も多く、マンションへの買い替えには多くの需要がありました。

しかし現在では新型コロナウイルスの影響もあり、狭いマンションで密になることを避け、広い住宅で暮らす人が多くなっています。

そのため新築マンションが人気となっているので、持ち家を売っても新築マンションの費用を賄い切ることができない人が多いです。

そのためいい新築マンションがあっても、購入費用を賄い切ることができないこともあるといったケースも増えました。特にシニア世代や高齢となってくると、ローンで賄うことができなくなってしまうことも需要に大きな影響を及ぼしていると考えられています。

 

金利が低いことでマンションが買いやすくなっている?

現在まで不動産価格が下落しており、その理由として考えられていることが金利の低さです。この金利の低さは歴史的にみても低くなっている数字で、都内の新築マンションの購入費用が低くなっています。

安倍政権が始まって以来、経済政策としてアベノミクスが銘打たれて実行されました。大規模な金融緩和によって、変動年利だったとしても0.4%以下になることも珍しくはありません。

過去において借入額はできるだけ低く設定しており、できるだけ返しやすいようにしていました。

しかし現在では銀行側の査定にもよりますが、毎月10万円の返済設定だったとしても、4,000万円まで貸してくれることもあるなど大きな借入れを実現していることも多いです。

賃貸住宅と比較すると借入して購入する方が安く済ませられる可能性もあり、多くの人がマンション購入を検討しています。

3,000万円の住宅ローン残高があるとすると、おおよそ10年間で273万円の返金があるようなイメージが現在の状況です。

ただし所得や課税によって控除額にバラつきがある場合があるので、単純計算で出した上記の数字よりも少なくなるケースが多くあります。

住宅ローンの場合は利子によって大部分が住宅ローン控除で相殺されてしまうケースもあるので、上記の数字を鵜呑みにするのは危険です。

しかし現在では金利が歴史的に低く設定されているので、ぜひ東京の新築マンションの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

世界では状況が違う?不動産バブル

日本では過去の不動産価格の最高は、2.000兆円ともいわれていました。

しかし現在では1.000兆円まで規模が小さくなってきています。しかし2012年の安倍政権誕生後のアベノミクスによって、日経平均株価の上昇とともに不動産価格も上昇しました。

ただし世界の不動産価格と比較すると、まだまだ日本の不動産価値は低いです。

例えばハイエンドクラスのマンションでは、ロンドンの不動産価格は価格水準が2015年の300%を超えていましたが、現在では150%になりました。

また香港では200%中盤であったのが200%前半になるなど海外では上昇しています。それと比較すると東京は2015年と2019年で100%とほとんど変わりません。

日本では近年アベノミクスによって上昇はしているものの、世界と比較すると上昇率は低く、不動産バブルではないことがわかります。

 

円安がさらなるマンション購入を進める?

新築マンションが今後上昇するのではないかという理由として、円安が要因となる可能性があります。2013年の東京では、海外の人が不動産を購入する人が増えていきます。

しかし新型コロナウイルスによる影響によって、2020年にはインバウンド需要が減ってしまいました。2022年は脱コロナの動きが進み、インバウンドが進むのではないかと予想されています。

またこの不動産売買に大きな影響があるのが円安です。

脱コロナが進むまでは1ドルが115円前後を推移していましたが、脱コロナになると115円からさらに円安が進みました。

現在円安が進んでおりさらに不動産価格が下落しているので、不動産を購入したい人が増えるのではないかと予想されています。

何をきっかけに不動産の高騰が起こってもおかしくないのが現在の状況です。

特に東京の土地は値が落ちることなく、むしろ上昇するのではないかと予想されており、今後の不動産、特に東京の新築マンションの価値に注目していきましょう。

 

都内は得だが地方は別?

かつての日本では、東京の一極集中が唱えられていました。東京に多くの人が住むことによって、結果として地方に住む人の割合が減ってしまうという現象を指します。

しかし現在ではこの展開がさらに加速して、更なる現象を生んでいるのを知っていますか?

現在では地方に住む人の割合の減少が加速してしまい、結果として限界集落が増えてしまいました。その結果として都市部のマンションや一戸建て住宅といった不動産は価値が上昇していきます。

その結果として東京のマンションは価値がどんどん上がっていき、購入した時よりも更なる価値がつく可能性が高いのが現状です。

しかし限界集落をはじめとして多くの地方都市の人口は減少していくので、住む人がいないということは不動産価値も下がっていきます。

その結果として今後東京の不動産価値は上昇していきますが、地方の不動産価値は下落していくでしょう。場合によっては不動産価値がないに近い状態やマイナス価値になってしまう危険性もあるかもしれません。

今後の不動産価値を知る上ではマクロの市場を注視して、不動産価値がどのように展開していくか人口密集度や人口推移を意識しながら購入を検討していきましょう。

 

東京の新築マンションを買うお金が欲しい人に必見!オンラインカジノ

とはいっても東京のマンションでもとりわけ新築マンションは高いイメージがありませんか?

少なくとも数千万円ものお金を支払って購入する東京の新築マンションは、一朝一夕でお金を集めることが難しいです。そこでおすすめの方法が、オンラインカジノになります。

オンラインカジノって聞くと、本当に儲かるのか疑問に持つ人も多いです。オンラインカジノの還元率は、93%から97%までの間に設定されていることが多く、プレーするとお金が返ってくる可能性が高いとされています。

そのためパチンコや競艇など他のギャンブルとは違い、オンラインカジノの方が還元率の設定で高くなっていることが多く利益があげやすいです。

還元率の高いオンラインカジノではみているだけでなく、考えながらプレーすることで勝率を上げることができます。

ブラックジャックやルーレットなど多くのゲームを考えながらプレーして利益を上げたい人は、ぜひオンラインカジノでプレーしてみてはいかがでしょうか。