Select Page
金銭感覚とは、金額に対してもっているお金が多いか少ないかという感覚になります。

例えば貯金額が1.000万円あったとしても、その金額が多いか少ないかといったことや給料が月に30万円で多いか少ないかなど様々です。

また金銭感覚は貯金や収入だけでなく、物の価値が価格に対して高いか安いか適正であるかなどの感覚でも大きく異なります。

人によって金銭感覚は大きく異なるので、結婚前やパートナーと交際している際に大きな影響がある可能性が高いです。

収入や支出などの感覚や家計の状況が安定しているか厳しいのか感覚によって大きく影響するので、重要事項として知られています。

 

金銭感覚がわかる?診断すべき項目とは

金銭感覚でチェックしなければならない項目がいくつかあります。

ここではパートナーや友人など周りの人の金銭感覚がわかるチェック項目を5つ用意しました。

何気ないコンビニでも買い物の仕方から親の金銭感覚までチェック項目が幅広く用意されているので、ぜひ相手や自分の金銭感覚をチェックしましょう。

 

コンビニでの買い物の仕方

実はコンビニでの買い物で金銭感覚の違いに気づける可能性があることを知っていますか?

結婚を考える相手の金銭感覚が自分と大きく違うと、結婚後に金銭感覚の違いで苦しんでしまうかもしれません。

そこで金銭感覚を知る上で、コンビニでの買い物の仕方としていくつかのチェック方法があります。

まず初めに自宅を訪れると、コンビニで売っている商品が多くある場合ってありますよね。

自宅の棚にコンビニの製品を多く置いていると、浪費癖がある可能性があります。洗剤などコンビニでなくても、スーパーマーケットやドラッグストアでコンビニよりも安く購入できる製品って多いですよね。

安く購入することができるのにドラッグストアで購入せず、コンビニで購入すると小さな浪費が積み重なるかもしれません。

コンビニで緊急でもないのに買い物をしてしまうことが多いと感じるのであれば、一度チェックしてみましょう。

 

継承してしまうことが多い? 親の金銭感覚

親の金銭感覚は子供の時から親を見て育つので、継承してしまう可能性が高くなります。自身の金銭感覚は、「親と違っている」「自立した金銭感覚を持っている」「親と違って少し浪費グセがある」など様々です

親の金銭感覚などの肝炎を無意識に受け取ってしまう可能性があり、浪費グセがあると思っていなかったのにお金が手元にないといったこともありえます。

また親と生まれ育った時代背景に大きな差があるので、金銭感覚に大きなずれがあるかもしれません。

親がバブル期に生まれ育っていると「お金=幸せ」と考えている人も多く、その感覚を強く受け取っている人と受け取っていない人では金銭感覚に大きな違いがあります。

結婚を考えている相手との金銭感覚に疑問を感じるのであれば、ぜひ相手の親の金銭感覚を調べてみてはいかがでしょうか。

 

真面目かケチかで金銭感覚が大きく違う

真面目な金銭感覚とケチな人の金銭感覚では大きく違います。浪費癖がある人でも金銭感覚に大きな影響を受けますが、使わなさすぎる人でも金銭感覚にズレを感じてしまうことが多いです。

金銭感覚がケチな人と真面目な人では大きく違い、特にケチな金銭感覚を持っている人に気をつけなければいけません。

ここではケチな金銭感覚になる人の特徴を3つみていきましょう

「過去にお金で苦労した経験がある人」「親にお金を大切に使うように厳しく指導された人」「元からのケチな人」の主に3種類のパターンが考えられます。

2つの人は環境面からケチになったパターンですが、最後のパターンは性格面が大きく金銭感覚に影響していると考えられるパターンです。

ケチな人で注意しなければならない人として、細かい出費にもチェックしてくることや必要な物であっても融通が効かない可能性があります。

ケチで小さな出費でも細かくチェックしなければ済まない人は融通を効かせて少しアバウトな金銭感覚にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか。

 

お金だけじゃない!時間を無駄にする人も浪費家が多い?

金銭感覚は、金銭感覚だけで測れるわけではありません。実はお金以外でも時間にルーズな人だと、金銭感覚に問題がある可能性があります。

時間は誰であっても1日24時間をもっていますよね。この時間というのは、限られた資源でお金と共通している部分でもあります.。

誰であっても24時間を増やすことも減らすこともできないですし、お金も収入も倍にすることが難しいです。

時間やお金という限られた資源は結婚後に相手と共有する必要があるので、使い方を見極めなければいけません。

相手の平日や休日の時間の使い方を知ることで、無駄に時間を過ごしてしまう人も多くいるのではないでしょうか。

時間のルーズさやお金の浪費癖で喧嘩する前に時間の余裕をもって行動することができているか、チェックしてみるようにしましょう。

 

離婚理由の1位は性格の不一致

日本の離婚理由で最も多いことは、性格の不一致が約64%もあります。つまり性格や感覚が合わなければ、結婚が長続きしない原因になってしまう可能性が高いです。

時間やお金を大切にすることができないと、結婚生活がうまくいかない可能性もあるということになります。相手の金銭感覚や時間感覚を一致させることは、とても難しいです。

相手の感覚を知らなければ結婚後一致させることが難しく、離婚に至る可能性があります。

離婚の理由の1位である性格の不一致があるので、金銭感覚を大切にして相手と一致しているか確認の上で進めていくようにしましょう。

 

どういう人の金銭感覚が正しい?診断方法を解説

パートナーや友人など周囲の人の金銭感覚を知らなければ、自分のお金も減ってしまう可能性がありますよね。

ここでは相手のお金の使い方をチェックするために感覚や管理能力など項目ごとにまとめました。

ここでは金銭感覚の正しさについて知っていきましょう。

 

高価な買い物をしたい時の計画性の立て方とは?

高価な買い物は人生に何度かある可能性があるので、計画性を立てているかは重要です。

例えば、将来のマイホームの資金や乗ってみたい車の資金など計画を立てなければいけない買い物があります。

特にマイホームなどはローンを組んで購入しなければならず、また頭金も用意しなければならないので資金計画は欠かせません。

高価なものを購入する前に計画を立ててから貯金している人は金銭感覚があり、資金管理が上手い可能性があります。

しかし行き当たりばったりで車やマイホームの購入をしてしまうことや検討してしまうと、資金が枯渇してしまうかもしれません。

そうなると日々の生活に困る可能性や老後の資金を失う可能性もあります。

高価な買い物をする前にどのような計画性を立てるのかは重要になるので、計画をしっかり立ててから購入するようにしましょう。

 

財布でお金の管理能力がわかる!チェック方法とは

相手の金銭感覚を診断するためには、家計簿をつけているかつけていないかでチェックするだけでなく、お財布でも金銭感覚を測れるかもしれません。

買い物をした後にレシートを受け取らない人やすぐにレシートを捨ててしまう人は、比較的ルーズである可能性が高いです。

またクレジットカードを複数枚所持している人も、金銭感覚が外れてしまっている可能性が高い可能性があります。

クレジットカードには年会費がかかってしまうことが多く、複数枚所持していることで多くの年会費を払わなければいけません。

年会費が積み重なって多くの出費になる可能性があるので、カードを複数枚持たなければいけない理由がない限り不要なことが多いです。

相手の財布を見るだけでレシートの受け取りの有無やクレジットカードの枚数だけでもわかるので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

 

自分らしい金銭感覚を持とう

金銭感覚は自分らしさを持つことが重要なのを知っていますか?先ほども紹介しましたが浪費癖だと困りますが、ケチすぎても困る可能性が高いです。

そのため自分らしい金銭感覚を持つことで、お金の使い方にルールや規則が生まれる可能性があります。

例えば100億円も儲けた人であった人でも金銭感覚を持って行動している一例を見ていきましょう。

金銭感覚は抽象的なものでよく「お金はエネルギーを込めるメディアである。」や「お金を上手に使うと、入って来る。」などになります。

金銭感覚を性格にすることで、自分自身の出費に納得してお金を出すことができるので、自分らしい金銭感覚を作り上げるようにしましょう。

 

お金が増えなければ使えない!オンラインカジノで増やせる方法とは

金銭感覚はとても重要ですが、金銭感覚以前にお金を多く持ち合わせていないと必要なものも購入するのに躊躇してしまうかもしれません。

そういった事態に陥らないために副業などを始める必要がありますが、即収入にすることって難しいですよね。

そういった方に特におすすめしたいのが日本からでもアクセス可能なオンラインカジノになります。

オンラインカジノは他のパチンコや宝くじなどの公営カジノよりも還元率が高く約95%程度と高いです。

そのためギャンブルといっても副業にしやすく、誰でも始めやすいことから大変注目を受けています。

オンラインカジノは高い還元率でお金を増やしやすく、自宅で誰でも簡単にすることができるのでぜひ興味のある方はプレーして副業にしてみましょう。