Select Page

年間医療費ってどれくらい?

入ってはいけないペット保険を知る前に知っておきたい治療費とは

犬や猫といったペットの治療費は、年間に平均として一体どれくらいの治療費がかかるのでしょうか。

ペットは年齢を重ねるごとに年間の治療費が高くなる傾向があり、保険加入はおすすめです。

ここではペットを飼う前に知っておきたい年間の治療費について詳しくみていきましょう。

 

犬の場合はどれくらいの費用がかかる?入ってはいけないペット保険内容とは

近年アニコム損害保険会社が発表した「家庭どうぶつ白書2019」によると、ペットの年齢が重なれば重なるほど治療費に多くの費用が必要となるというデータとなっていました。

5歳での平均治療費は4万4,554円となっていますが、10歳になると平均10万9,922円と倍位以上かかることになり、保険加入は欠かせません。

通院の病気として多い病気は「外耳炎」となっており、他の病気だと「下痢」や「血便」も多く診断されています。

また犬が入院や手術をおこなうことが多い病気としては、「歯周病」や「歯肉炎、膵炎、嘔吐」などが多く、保険適用ないにしておくことが不可欠です。

病院にかかる犬の多くがなる病気はできるだけ保険適用内にしておき、自己負担分の治療費を減らすようにしておきましょう。

 

猫の場合はどれくらいの費用がかかる?入ってはいけないペット保険内容とは

猫の場合だと犬よりも平均治療費がかからない傾向がありますが、それでも年間にかかる費用は莫大です。

アニコム損害保険会社が発表した「家庭どうぶつ白書2019」によると、5歳平均治療費が2万5,485円、10歳になると平均6万1,671円となっています。

猫がかかる通院での病気診断で最も多い病気は犬と同様で「外耳炎」となっており、その後に続く病気として「慢性腎臓病」「嘔吐」「下痢」など様々です。

猫の手術として「慢性腎臓病」が最も多く、「消化物内異物」も多く治療されています。また「誤飲」をしてしまい手術を受ける場合も多く、保険適用ないにしておくことがいいでしょう。

 

絶対に入ってはいけないペット保険の見分け方4選

絶対に入ってはいけないペット保険の見分け方

ペット保険に加入する場合に、どのように検討すべきなのかわからないですよね。

そういった方に絶対に入ってはいけない保険の見分け方を4つピックアップしました。

ここでは保険を選ぶ際に絶対に入ってはいけない保険の見分け方を4つみていきましょう。

 

保険の知名度や印象で決めてしまう

ペット保険にはいくつかの大手会社がありますが、知っているというだけで決めてはいけません。

老舗保険会社であるアニコム損保が有名ですが、楽天やアクサダイレクトなど様々な業種の会社が参入してきています。

そのためペット保険の内容を見ずに1社で契約してしますと、飼っているペットと合わない可能性があり注意しなければいけません。

1個の会社で保険を決めてしまうのではなく、様々な保険会社から検討するようにしましょう。

 

ペットが高齢化した時の費用を考えない

ペット保険加入時にはペットの年齢が若かったとしても、年をとっていきますよね。

ペット保険で気をつけなければいけないこととして、ペットが高齢化した時の保険料になります。

多くのペット保険会社は保険料にバラつきがあるものの、ペットの年齢を重ねれば重ねるほど保険料が高くなっていく傾向が多いです。

そのためペット保険加入で治療費を安くするつもりでいたのに、保険治療を重ねることで保険料アップしてしまいます。

保険料が積み重なると経済的に苦しくなるかもしれないので、注意しなければいけません。ペットは高齢になればなるほど関節や臓器などあらゆる箇所が弱ってきます。

大切なペットの体調管理をしながら、適切な金額の保険に加入するようにしましょう。

 

飼っているペットがかかりやすい病気がカバーされていない

飼っているペットによってかかりやすい病気が違い、それぞれの飼っているペットによって保険内容を厳選しなければいけません。

例えば人気の犬種であるダックスフンドは椎間板ヘルニアになりやすい傾向があり、ポメラニアンであればパテラという膝蓋骨脱臼になりやすいです。

その他にも犬は外耳炎になりやすいとされており、それぞれの犬によってなりやすい病気が違います。

そのため飼っているペットによってかかりやすい病気が違うので、かかりやすい病気をカバーしておかなければいけません。

通院保証がないことや病気によって保険金が出ない可能性もあるので、保険内容を十分に注意して加入するようにしましょう。

 

契約書を見ずに契約してしまう

契約書をちゃんと見ずに契約してしまうと、ペットが病気になった後に保険金が降りないなどトラブルが発生してしまうかもしれません。

特に保険契約時に注意しなければいけない重要事項説明書は、必ず読む必要があります。

重要事項説明書は特に重要事項が事細かく記されており、契約前に必ず読むようにしましょう。

また約款は、どのような場面で保険金が支払われるのかということや保険金が支払われない場合などが記されています。

重要事項説明書や約款は契約前に必ず読み、大きな病気の際に支払われないことがないように十分にチェックするようにしましょう。

 

入ってはいけないペット保険とは違う!一般的に設定されている補償内容とは

入ってはいけないペット保険は、補償割合と補償限度額を把握せずに加入してしまうことになります。

補償割合と補償限度額は治療費の支払い額に大きく関わり、自己負担学がどれくらいになるのか決める重要事項です。

ここでは加入前に知っておきたい補償割合と補償限度額について詳しくみていきましょう。

 

一般的なペット補償割合とは

ペット保険の契約書には、補償割合と書かれていると思います。

保険会社の保険プランによって補償割合に違いがありますが、おおよそ約50%から約70%の間で設定されていることが多いです。

この補償割合は毎月支払う保険料と比例しており、保証割合が高くなれば高くなるほど保険料が高くなります。

高額な治療をしなければいけない病気になってしまうと補償割合が高い方がいいですが、病気にならなければ補償割合の高い保険に加入していると毎月支払う金額が高くなってしまうので注意しなければいけません。

保険加入時にはどれくらいの補償割合がいいか保険料と相談しながら決めるようにしましょう。

 

保険会社が必ず設定している!補償限度額とは

保険会社が必ず設定している補償限度額は、人間用の保険と同様でその年にかかった保険料の上限です。

保険会社では過去の保険金支払いを元にして掛け金を設定していますが、例外として加入者から支払われた保険料を支払わなければならないことがあります。

そのため補償限度額を設定していることがほとんどです。ペット保険では2パターンあり、入院・通院・手術の回数に応じて保険料が支払われる場合と、年間の上限設定がされている保険プランになります。

1パターン目では限度額が少なく設定されてはいるものの保障割合が100%のプランもあり、自己負担金を減らすことができるというのがメリットの1つです。

また2パターン目では毎月の保険料の支払い金額が高くなってしまいますが、年間にかかった治療費が高ければ自己負担金額を減らすことができるというのがメリットになります。

どちらの保険パターンが合っているのか検討して加入するようにしましょう。

 

入ってはいけないペット保険に入らずにペット保険料を稼ぎたい!

そんなときにおすすめのオンラインカジノとは

ペット保険の料金は、ペットが年をとるごとに多くの保険料を支払わなければいけません。

しかしペット保険料を支払う際に経済的圧迫がなく、支払いたいですよね。そういったさいにおすすめしたい稼ぎ方が、全国から参加できるオンラインカジノです。

オンラインカジノと聞くとギャンブルで稼げるのか疑問に思う人も多いですが、実は多くの方が実際に利益を出しています。

利益を出している理由としてオンラインカジノは他の公営ギャンブルよりも還元率が高く、副業にしやすいからです。

オンラインカジノの還元率は約93%から約98%と高設定が実現しており、宝くじの約46%やパチンコの約80%と比較するとかなり高く設定されています。

またオンラインカジノではスロットやルーレットなど2.000種類以上のゲームが用意されている場合もあり、数多くのゲームから探すことができておすすめです。

ペット保険料を稼ぎたいといった方には、ぜひオンラインカジノを始めてみてはいかがでしょうか。