一昔前に話題になった老後2000万円問題ですが、データによると独身世帯の約33%が老後に向けての貯蓄が0だそうです。

現在の日本では給料が上がらないにも関わらず、物価の上昇は続いているという状況が続いていますので、なかなか貯蓄に回せる余裕がないということは理解できますが、貯蓄はやる気があるのであれば、貯蓄は可能なのです!

しかしながら、家や車などのローンが毎月引き落とされる、貯金だけをしても2000万を貯めることはとてもじゃないけど老後に間に合わないといった意見もあるかと思います。

ここでは、そんな老後の生活に向けて2000万円を効率よく貯めていけるようなステップをご紹介していきたいと思います!

 

独身の老後には一体いくらあれば豊かに暮らせるのか?

では目標金額として、老後の生活に入る際には、一体いくらくらい準備していれば不自由なく、少しの余裕を持ちながら生活をすることができるのでしょうか?

ここでいう老後の生活とは、仕事を定年退職した歳の約65歳を一つの区切りの歳として計算していきたいと思います。

仮に65歳の時点で持ち家があった場合、そして人生100年時代と呼ばれる時代ですから、95歳までの30年間を老後生活をするとして考えていきましょう。

65歳の独身世帯では月に最低でも10万円あれば、俗にいう普通の生活はできると想像することができると思います。

一ヶ月10万円×12か月=で120万円は最低の生活費として必要です。

しかし、これだけではなく、老後生活になっても年に一回くらいの国内旅行や、趣味に使う娯楽費、独身とはいえ孫などがいればその子たちにあげるお年玉、急な通院に必要な医療費などを予備として準備しておくと、ざっと50万円くらいは余分に持っておきたいものです。

つまり、一年間に必要な資金は生活費の120万円と予備資金の50万円を足した額、170万円が必要ということになります。

かつ、30年間の老後生活をしていくため、1年170万円×30年間=5100万円が必要だという計算となります。

今回のテーマであった老後貯金2000万円よりも、2倍以上の5100万円が必要だということになりました。

こうなるともう今からでは用意ができないと思ってしまいそうですね。

年金も一体いくら支給されるのか予想も出来ないこの時代に、この額を地道に用意していくためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

貯蓄だけでは限界がある!今後の時代からは投資もセットで!

多くの日本人の方は投資とは縁が遠い存在である方が多い気がします。

しかし、皆さんご存知の通り銀行に資金を預けても金利はほぼ0ですので、増えることはありません。

しかしながら、投資をすることで長い目で見ると資金が増える可能性が非常に高く期待することができるのです。

例えば、今話題のつみたてNISAは、投資初心者の方でも始めやすく、日本政府が推している投資方法の一つとなっていますね。

一年に投資できる金額は40万円まで、かつ20年間の運用が可能という訳ですから、20年後に少しでも増えている可能性は、過去のデータから分析する限り高い確率で見込まれます。

 

投資はあくまでも長い目で見た時に増えるという感覚で始めていくことが肝心です。

一気に一攫千金を手にしようという投機、という考え方は地道に株式投資などで稼いでいくためには良くない思考となるでしょう。

しかし、一攫千金という言葉の響きにはなんとも言えない夢がありますね。

ある程度の余裕資金ができたら、この一攫千金を狙ってギャンブルをしてみるのも、遊び感覚で参加してみても良いのではないでしょうか?

特におすすめなのが、当たりやすいオンラインカジノというオンラインギャンブルが世界中や日本国内で人気のツールとなっています。

なかには、このオンラインギャンブルを投資代わりに利用している、ハイローラーというプレイヤーもいるくらい、コツと運を掴んだ人には、一攫千金に相応しい金額を獲得しながら楽しくプレイしている方もいます。

日本でオンラインギャンブルは違法ではないのかと疑問を持たれる方も少なくないでしょうが、こちらでご紹介しているカジノサイトは、全て海外を拠点として運営されていますので、日本の法律を当てはめて取り締まることは出来ません。

そのため、グレーゾーンと言われている部分ではありますので、頭に入れておきましょう。

 

貯金額はいくらからがお金持ちのイメージとされているのでしょうか?

ここまで、老後生活に向けた資金についてご紹介してきましたが、まずは投資よりも最低限の現金を持っておくことが多くの投資家からの注意点だと言われています。

投資した資金は頻繁に引き出すことは良くないとされていますし、いざという時に使えるように最低でも3ヶ月分の給料の分の現金は持ったうえで、投資を始めるのが理想だとも言われていますので、ぜひご自身の生活スタイルに合わせて行なっていきましょう!