新卒のメリットとデメリットとは

新卒を採用する会社はどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

ここでは多くの会社側が考える新卒の会社員を採用するメリットとデメリットをピックアップしました。

こではメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

 

新卒のメリット

新卒の新社員を採用することは、会社にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは新卒を雇うことのメリットを下記でまとめてみました。

・大量採用ができる

・将来の幹部候補を確保することができる

・企業がいままで培った文化を伝えることができる

・若手人材による企業の活性化ができる可能性がある

企業が新卒の社員を雇うメリットとしては、「大量採用することができる」や「企業がいままで培った文化を伝えることができる」など理由は様々です。

学校を卒業後すぐに企業に勤めているので、自社の雰囲気に染めやすく会社の文化を伝えることができます。

企業側にとって新卒を採用することは企業に合った人材教育をしやすく、若手の力で企業の更なる活性化を進めることができることがメリットです。

 

新卒のデメリット

企業が新卒の社員を雇うことは、会社にとってデメリットがあるのでしょうか。ここでは新卒を採用した際に会社が被るデメリットをみていきましょう。

・採用にかかる費用が中途採用より高い

・育成コストが高い

・自社の採用力が高くないと人材確保が難しい

企業が新卒の社員を雇うデメリットとしては、「採用にかかる費用が中途採用より高い」や「育成コストが高い」などコスト面としてデメリットが多いです。

新卒社員は社会経験が少なく、多くの研修をしなければいけません。若手の活力を活かしたいのであれば採用したいところですが、予算がなければ採用することが難しいです。

企業にとってメリットも多いですが、デメリットもあることを知っておきましょう。

 

実は転職がおすすめ?新卒でも転職すべき6つの理由

実は転職がおすすめ?新卒でも転職すべき6つの理由
転職するのって新卒の場合、経歴に傷がつくといったことを理由に今の仕事を続けている人は多くいませんか?

転職には理由がありますが、その中でも新卒で転職してもいいと考えられている理由が6つあります。

ここでは新卒でも転職してもいい6つの理由を1つずつ詳しくみていきましょう。

 

条件が悪い

新卒で入社後に、労働環境が劣悪であることや福利厚生、さらには給料の面で悪いと感じているのであれば転職を検討することがおすすめになります。

学生時代の友人などに聞くと、現在勤めている会社の給料が悪いことや労働環境が劣悪であることに気づくかもしれません。

同じような業種に勤めている人と比較することで、条件がいいと思っていたとしても悪いことに気づく人も多いです。

現在勤めている企業の労働環境や給料面で比較して、条件が悪く納得することができないのであれば転職を検討してもいいかもしれません。

 

上司からのハラスメントがきつい

近年ではセクハラやパワハラなどのハラスメントが社会問題となっています。

新卒は入社直後の慣れない環境の中で緊張しているにもかかわらず、ハラスメントによって精神的に追い込まれた状態になって悩んでいる人も多いです。

大企業だとハラスメントを相談することができる窓口の設置がされており、まずは窓口に相談することがおすすめとなっています。

とはいえパワハラやセクハラといったハラスメントで悩んでいるのであれば、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

入社する前の仕事内容の想像と違った

入社前に想像していた仕事は、入社すると全く違ったといった人は多くいます。

入社して想像と実際のギャップが大きいのであれば、転職を検討してみてもいいかもしれません。

クリエイティブな仕事をしたいと考えて入社した会社で、実際には事務的なことばかりさせられることも多いです。

新卒だと事務的な仕事や単純作業の仕事を任されることも多く我慢しなければならない場面もありますが、やりたいことができないのであれば転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

社風が合わない

憧れの職場に就職できたとしても、就職した会社の社風が合わなければ新卒だったとしても転職を検討することがおすすめになります。

会社の社風は長年の歴史で培ってきたものであり、すぐに変更することは難しいです。

新卒で就職した人の中には革新的なイメージで入社したものの、入社した後に保守的な社風だったことに気づく人も多くいます。

社風が合わない人には転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

学歴や持っているスキルに転職で活かせる

学歴や資格といったスキルを持っている場合だと、1つの会社に止まる必要性がそれほどありません。

特に新卒1年目の新入社員だと、再就職できるくらいの実績や仕事場での経験を持っていないことが多いです。

そういった場合でも新卒がスキルや学歴を活かして就職することができる場合があります。

多くの会社の就職で利用することができるスキルを持っていると、新卒で就職した業種とは違う職種につけるかもしれないので、ぜひスキルや学歴に自信があるのであれば転職に活かしていきましょう。

 

コンサル業界に興味がある

コンサル業界に入社したかったが、運悪くコンサル業界の会社に入社することができなかった人はいませんか?

諦めて今の会社で働いているのであれば問題はありませんが、コンサル業界に勤めたいという未練が残っているのであれば転職を検討してみてもいいかもしれません。

理由としてはコンサル業界の多くの会社で第二新卒を積極的に求人している場合が多く、新卒で入社した会社からコンサル業界に入社するのは他の業界に入社するよりも難易度が低いです。

コンサルは長期間勉強してスキルを身につけていく仕事なので、年齢の若いうちに転職してみてはいかがでしょうか。

 

転職しない方がいい!転職すべきでない2つの理由

新卒で転職を考えている人が多くいますが、その中でも転職しない方がいい理由で転職する人がいます。

転職しない方がいい理由を厳選して2つピックアップしました。

ここでは転職を考えている人が一度考え直してほしい転職理由を2つみていきましょう。

 

仕事が楽しくない

憧れの思いで入社した会社は、思っていた仕事をさせてくれないと思う人はいませんか?

また仕事がつまらないと感じている人も、このパターンに当てはまるのではないでしょうか。こういった仕事がつまらないと感じている人は、転職したいと思っている人も多いです。

しかし仕事がつまらないと感じている人は、一度転職を考え直すことがおすすめになります。

なぜなら新卒で上司から与えられる仕事はスキルが身に付いていないため、単純作業など雑用と呼ばれることをすることが多いからです。

そういった誰でもできそうな仕事を任されることで、つまらないと感じてしまい転職を考える人も多くいます。

ただし仕事が楽しくないと思ってしまっている人は今後スキルを身につけることで、本当にやりたい仕事を任される可能性が高いです。

仕事がつまらないと感じている人は、一度転職を考え直してみてはいかがでしょうか。

 

職場環境がいい

現在勤めている会社の環境がいいといわれているのであれば、転職を見直してみてはいかがでしょうか。

給料がいいことや残業、さらには上司など人間関係がよいといったことであれば、現在勤めている会社に残ることがおすすめです。

上記のような状況は他の会社だとなかなかない高待遇となっており、とても貴重となっています。

仕事がつまらないが環境がいいのであれば、今は我慢の時です。会社の待遇や給料など環境面がいいのであれば、一度転職を考え直してみてはいかがでしょうか。

 

新卒で趣味を持ちたい人必見!オンラインカジノとは

新卒となると多くの会社では、給料が高額であることは少ないです。

また新卒となると初めての仕事に追われてプライベートで出かける機会も少なくなる人も多くいます。

新卒で勤め始めた仕事が終わってリラックスした状態で趣味をしたいと思いませんか?

家でやる趣味としておすすめしたいのが新趣味に打ってつけのオンラインカジノです。

オンラインカジノは自宅や通勤時などいつでもどこでもプレーすることができ、ホームページからログインするだけの手軽さで誰でも遊ぶことができます。

オンラインカジノではまるでラスベガスに訪れたような雰囲気の中でルーレットやブラックジャックなど様々なゲームが遊べて現在人気です。

ぜひ仕事を忘れてオンラインカジノでルーレットやバカラなどのゲームをプレーしてみてはいかがでしょうか。