Select Page
お金持ちと見栄っ張りな人を見極めることでその人が本当にお金を持っているのか、浪費家なのかわかることができます。

ここでは見栄っ張りな人とお金持ちの人の違いを見極める上で重要なポイントを4つピックアップしました。

どの項目でも見栄っ張りな人とお金持ちの人の見極められる可能性が高く、見極めたいのであればぜひ4つのポイントをチェックしてみましょう。

 

見栄っ張りかどうかを診断する4つのポイント

浪費していてはお金が貯まらない

見栄っ張りな人は、基本的に収入と支出の割合が見合っていません。そのため収入に対して多くのお金を浪費しているということになります。

浪費している人は収入よりも高い生活水準を送っているので、貯金できていない可能性が高いです。

見栄っ張りな浪費家に対して、お金持ちはケチといってもいいほど必要じゃないところでお金を支払いません。

見栄っ張りな人は少しの貯金が貯まるとすぐに浪費してしまい、お金の使い方の計画がない可能性があります。

急激な羽振りの良さを見せる人は長続きしないことが多く、お金が底を尽きると一気に生活水準が落ちてしまう可能性が高いです。

そのため見栄っ張りな人は貯金ができても長続きしない可能性が高く、お金が貯まることがありません。

浪費してしまい見栄っ張りな人になってしまっているのであれば、浪費してお金が貯まらない可能性が高いので収入と支出の割合を見直しましょう。

 

価値があるものに投資する

お金持ちは必要な場所でしか投資することがありません。そのためお金の使い方を見極めて自身の利益になることなど必要な場所でお金を投資するようにしています。

無意味な場所では1円も払うことがないので、自身の価値基準が重要です。投資する価値基準を持っているので、お金を持っているから必ずしもお金を払うわけではないのです。

対して見栄っ張りはお金を出すことで自分の価値を高めようとすることが多いです。

自身の価値基準を明確に持っていないので、どんなものでもお金を払ってしまうかもしれません。

どんなことでも満遍なく投資してしまうので、投資に対してのリターンが大きくなくお金が貯まることもないのでメリットがないことが多いです。

お金持ちはビジネスの業界でも構えておかなければならない重要拠点にオフィスを置き、費用をかけないところには徹底的にお金をかけません。

お金持ちは価値があるものに対してのみ投資しますが、見栄っ張りは満遍なく軸や意見がないまま投資してしまうことを覚えておきましょう。

 

高級品を嗜好する

見栄っ張りは必要でない場所であってもお金をかけてしまうので、高級品を嗜好する傾向にあります。

そのため高級品が多く並んでいて一見豪勢に見えますが、浪費してしまうのでいつもカツカツな状況に陥っていることが多いです。

たいしてお金持ちは高級な食器や高級な家具が並んでいると思いがちですが、実際はそうでもありません。

高級品を多く持っているわけでなく、見た目が普通の人のように見えて実はお金持ちであったりすることが多いです。

支出の割合で考えてみると見栄っ張りな人が月の収入である300万円をほとんど全て使うのに対して、お金持ちは1.000万円の収入でも30万円程度しか使わないといったイメージになります。

そのため多くのお金を使わず必要最低限の生活を送るので、高級品をいつも施工しているわけではありません。

お金持ちの人と見栄っ張りな人を見極めたい際には、生活水準がどのようになっているのか確認してみましょう。

 

服選びは人それぞれ!高価な服から安価な服

服選びでは見栄っ張りだとブランドものなど高級な衣服を身につけていることが多くいます。

理由としてはお金を持っていることを表すために衣服などのブランドを身につけることで、お金持ちだとアピールできるからです。

そのため衣服に対して大した興味がなくても、お金をかけている人が多くいます。

外見を見ると一見お金持ちに見えますが、それほどお金を持っていない可能性が高いです。それに対してお金持ちは衣服で比較することが難しいことが多いとされています。

お金持ちだと衣服に対してお金をかけるタイプと全くお金をかけない人がいるので判断できない可能性が高いです。

理由としてお金持ちは徹底的にのめり込むので、衣服に興味がある人はブランド品を好み多くのお金を衣服に対して費やしていきます。

それに対してお金持ちであったとしても衣服に興味がないと全くお金をかけません。

服選びは人それぞれなので見分けをつけることが難しく、高価な服から安価な服までを身につけていることが多いです。

 

見栄っ張りではない!相手がお金持ちに思う行動とは?

見栄っ張りな人と本当のお金持ちには、行動に大きな違いがあります。

ここでは周りの人が見て、見栄っ張りではなく本当のお金持ちだと思う行動をピックアップしました。

見栄っ張りではなくお金持ちだと思う人の行動を詳しくみていきましょう。

 

クレジットカードがブラックカードやゴールドカード

「アメリカンエキスプレス・センチュリオン」と「ダイナースクラブ・プレミアムカード」で発行されているブラックカードは、お金持ちの象徴のようです。

どちらのカードであっても招待でしか加入することができないので、とても貴重なクレジットカードになります。

またゴールドカードやプラチナカードを発行している企業が多く、利用の金額が多い人がもらえるカードはお金持ちと感じるようです。

プラチナカードは年会費5万円で発行することができるので、お金持ちの印象が強くなるのではないでしょうか。

 

旅行によくいく

お金持ちは、頻繁に国内旅行や海外旅行に行っているイメージがありませんか?

よく正月やゴールデンウィーク、お盆休みで海外に旅行する人をインタビューしている映像がニュースなどで放送されています。

また大型連休で海外旅行に頻繁にいくことだけでなく少しの休みで国内旅行へ出かける人がお金持ちの印象です。

JTBの2006年から2007年の年末海外旅行者の費用は一人当たり約21万円、家族4人構成だと約100万円かかるというデータがあるのでお金持ちという印象になるのではないでしょうか。

 

小物に高級感がある

さりげなく見える時計やアクセサリーが有名なブランドの人は、おしゃれでお金持ちって印象がありませんか?

毎日使う小物などの消耗品にお金をかけている人はお金持ちという印象を持つ人が多いようです。

ただしお金持ちという印象を受ける人が多い一方でマイナスイメージを持つ人もいる場合もあります。

ネクタイなどブランド品で固めている人は「ポリシーがないのかな?」という印象を受けてしまう人がいるかもしれません。

とはいえ小物にお金をかけることができる余裕がある人はお金持ちの印象を持つ人が多く、見栄っ張りとは違う印象になるようです。

 

値段を見ずに購入を決定する

値札を見て予算オーバーしてしまうことって多いのではないでしょうか?

値札を気にすることなく買うことがお金持ちの印象を受けている人が多いようです。

気に入ったものや気に入っているブランドの商品でも即購入することが難しいのが、多くの人の感覚であります。

見栄っ張りな人でも流石に値段を見ずに買える人は少ないようです。

値段を水に変えてしまう人は本当のお金持ちである可能性が高く、一般的にもお金持ちの印象を受ける行動になります。

 

見栄っ張りじゃなく本当のお金持ちに!オンラインカジノで収入を増やそう

お金を稼ぐためには収入源が必要ですが、見栄っ張りにはなりたくないですよね。見栄っ張りな人になると浪費家に見られてしまい、本当のお金持ちとはいえません。

またお金持ちの人はお金を増やすことが得意なことが多いです。そういったお金を増やしたいといった人には稼げるに特化しているオンラインカジノを始めてみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノは還元率が高く93%から98%と他の公営カジノより高く設定されています。

公営カジノではパチンコが約85%、競輪は75%で設定されており宝くじにいたっては約45%とかなり低いです。

またオンラインカジノではバカラやブラックジャックなどの人気ゲームをはじめとして、臨場感を楽しむことができるライブカジノまで幅広く用意されています。

お金を稼ぎたい方や増やしたい方はぜひオンラインカジノをプレーしてみましょう。