株主優待とは株券を発行している企業の株を購入した際に、購入者に向けて自社の商品や優待券などを配る制度になります。

この株主優待は、株を購入すればどこの企業でも提供しているものではありません。

上場している企業のうち2022年現在だと1,487社が株主優待制度を実施しており、多くの企業で株主に対して配当を配っています。

現在では株主優待のバリエーションが増えてきており、お米や金券などの定番の株主優待配当をはじめとしてカタログから選べるような配当まで種類は様々です。

一昔前までは1.000株単位で株の取引がされており、株取得までにハードルが高くなかなか手を出すことができない人が多くいました。

しかし現在では多くの会社で100株単位からの取引が可能となっており、多くの人が株を売買できるようにと間口が広くなっています。

そのため所有額が低く設定されていることで今まで買うことができなかった株式も購入できるようになっているので、ぜひ株主優待取得を目指して株の売買を検討してみてはいかがでしょうか。

 

2種類の株式投資とは

株の購入は投資として区分に分けられますが、大きく分けて2つのパターンがあります。

1つ目は値上がりによって売却益を得るために投資するというキャピタルゲインです。

この投資方法はFXや仮想通貨などの投資にも近いですが、購入した時と売却した時の価格差で儲ける方法になります。

2つ目は株の場合だと、株券を保有していることで利子や利益を得ることができるインカムゲインです。

どちらの投資目的であっても利益を目標にしていることに変わりはありません。ここではキャピタルゲインとインカムゲインの投資方法を詳しくみていきましょう。

 

キャピタルゲインの投資を詳しく解説

キャピタルゲインは長期的な投資になる可能性もあり、長期的に企業に対して利益を与える投資方法になります。

投資家の考えとしては配当狙いであるインカムゲインにすると2%から3%の配当を得るだけです。

株式投資は多くの企業から選ぶことができ、大企業から成長が期待される企業まで幅広く用意されています。

大企業は安定した企業運営で安定した配当を得られる可能性が高くなっていますが、大きな成長を期待することは難しいです。

そのため成長が著しい企業だと企業の業績が上がることによって投資した金額の数百倍のリターンになって返ってくるかもしれません。

キャピタルゲインはお金でお金を増やす方法となっており、安定した利益から場合によっては数百倍という大きな利益を得られるかもしれない投資方法となっています。

 

インカムゲインの投資を詳しく解説

インカムゲインに向いた企業は、大企業を中心として一定の成長している企業になります。

ある程度の成長してしまった企業は、これ以上株の値上がりを期待することが難しいです。

そのためキャピタルゲインで得られるような数百倍もの利益を得られない可能性が高くなっています。

大企業への投資は、キャピタルゲインでの投資よりもインカムゲインでの投資の方がおすすめです。

そのため大企業がこれ以上の成長を見込めない分、投資家に対して大きなリターンが得られるから投資したいと思わせるような配当が必要ですよね。

大企業では大きなリターンを得られるようにと株主配当を熱く設定しています。

これから10倍や100倍に値上がりする可能性は低いですが、その分多くの配当を得られるようになっており、インカムゲインで配当を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

投資額が大きいとリターンで生活できるかも

インカムゲインだと年に数%のリターンしか得ることができないので、大きな利益を築くことが難しい投資方法となっています。

しかしリターンが数%の投資方法だったとしても、投資額が大きくなるとリターンも大きくなりますよね。ここでは投資額からのリターンを例にしてみていきましょう。

年間の利率が3%の株券に対して100万円の投資をしたとしてください。

年間にリターンとして受け取ることができるリターン額は、3万円です。3万円だとリターンを得ることはできますが、生活できるだけでのリターンではありませんよね。

しかし年利が3%の株券を1億円分購入したとしましょう。

同じ利率が3%の株券を1億円だと、リターン額は300万円ものリターンを得ることができます。

300万円だと田舎や生活費に多くのお金を使わないのであれば、十分に生活できる金額ではないでしょうか。

投資で生活するためには投資額を増やすことで大きなリターンを見込める可能性があるので、ぜひ投資で稼いだお金で生活したいのであれば大きな金額で取引することを検討しましょう。

 

アメリカ株のETFは株主優待に向いていない?

大きな配当を得ることができる株として有名なのがアメリカ株のETFではないでしょうか。

日本国内の株には税制上の優遇として配当控除で通常の税率である20%から5%と、低く設定されています。

20%から5%と低くなっているので、せっかく利益を上げたのに多くのお金を納める心配はありません。アメリカの株は市場関係者によるとこれから先も堅調だという見方も多く、成長する可能性が高いとされています。

しかしアメリカの株を購入しても配当控除を受けることができません。

アメリカへの二重税制もあるので、外国税額控除でアメリカへ収めた分の税金を取り戻すことができます。しかし配当控除を受けることができないので20.315%を取り戻すのがやっとで、多くのお金を税金で納めることが必要です。

高配当を得ることができるアメリカのETFは大きな利益を得られる可能性も高いですが、その分日本国内の株を購入する以上に税金も収めなければいけないので、取引する際には注意しましょう。

 

実は危険?高配当にあるワナとは

高配当している企業は、成長する可能性が低いため魅力として高配当で投資してもらうことを期待しています。

成長する可能性が低く無理をして高配当を続けている可能性もあるので、今後減配の可能性も考えられるのではないでしょうか。

企業の配当がやり過ぎている場合と順当、もしくは少ないなどと配当の量を比較するために指標があります。

「配当性向」といい企業の経費を差し引いた純利益から配当に対して、どれだけのお金を使っているかを比較する数値です。

「配当性向」が高いとそれだけ配当に力を入れている京成人であり、株主に対して大きな重きを置いていると考えられます。

ただし配当が高ければ高いほど減配につながる可能性もあるので、投資の際には注意しなければいけません。たとえ企業が校長の成績を残していたとしても、2020年に起こった新型コロナウイルスの影響で利益を大きく落としてしまった企業もあります。

そのため堅調で安定した成長をしていても油断することはできません。

配当は「配当性向」で、配当にどれだけのお金を使っているのか調べて、配当が安定している企業を探しましょう。

 

株主配当よりも利益が出るかもしれない!オンラインカジノとは

株主配当は各企業によって多種多様な配当を得られるかもしれないですが、現金を増やす方法が欲しいですよね。

そういった方におすすめしたい方法が稼げるに特化しているオンラインカジノとなっています。

オンラインカジノは自宅や外出先など様々な場所でプレーでき、ゲーム感覚で楽しめる現在とても人気です。

オンラインカジノではブラックジャックやバカラといったテーブルゲームや人気のスロット、さらにはシックボーなどマイナーなゲームも遊ぶことができます。

またルーレットやブラックジャックなどのテーブルゲームはライブカジノというリアルタイムで放送されているゲームに直接ベットできるゲームも用意されており人気です。

ライブカジノは多くのオンラインカジノプレイヤーがプレーしており、臨場感を楽しむことができます。

ぜひオンラインカジノで遊びながら利益を出して稼いでみてはいかがでしょうか。