Select Page

海外旅行の費用を抑えてお得に行きたいといった場合には、為替レートをうまく利用することで安く行くことができます。

海外に訪れると、その国で流通している通貨で買い物をする必要があるので、日本円から訪れた国の通貨に変更しなければいけません。

その際に利用するのが、為替レートです。例えば1ドル100円だったとして、10.000円分をドルに変えたとしましょう。

そうすると1ドル100円のレートだと、100ドルに変更することができます。

この1ドル100円のレートが下がり、1ドル90円になったとしましょう。そうすると同じ10.000円のお金で変更したとしても、110ドルのドル円が手に入ることができます。

また1ドル110円のお金で変更した場合には、10.000円分のお金を90ドルです。

1ドルが90円だと1ドル100円よりもドルから円に変える際に、手元に残るお金が少ないですよね。この状態が円高と呼ばれています。

対して、1ドル110円だと1ドル100円に変える方がドルから円を多くもらうことができますよね。

この状態が円安と呼ばれています。現在のレートは2022年3月の114円近辺だったレートが、現在は135円前後と大きくドル買いが進んでいる状況です。

ここ数ヶ月で為替レートは大きくドル買いが進み、円の価値が安くなっています。

現在の状況は、円安となっていることを知っておきましょう。

の円安と円高をうまく利用すると海外旅行をお得にできるだけでなく、外貨預金をすることで資産を増やすことができるかもしれません。

円安と円高を利用して海外旅行だけでなく、様々な場面で為替レートを利用してお得な生活を送るようにしてみましょう。

 

海外旅行に行く時は円安よりも円高がおすすめ? 

海外旅行に行く時は円安よりも円高がおすすめ?

海外旅行に訪れたいと検討している際に、為替レートを利用してお得に行きたいですよね。

海外旅行に行く場合だと、円安と円高だとどちらの方がお得に行けるのでしょうか。

結論からいうと、円高であればあるほどお得に海外旅行に行くことができます。

その理由としては、海外旅行の場合はホテルの支払いや旅行先での買い物、さらにはレストランに訪れた際の食費など様々な場面で訪れた国の通貨で支払いを済ませますよね。

訪れる場所によって物価が大きく違うので一概に海外旅行で必要な金額は決めることができませんが、必要な金額分だけお金を円から訪れる国通貨に変える必要があります。

ここで重要なのが為替レートです。レートが1ドル110円で10.000円を変えた場合だと手元に入るドルは90ドル、1ドル90円で10.000円を変えた場合だと手元に入るドルは110ドルだと紹介しました。

同じ10,000円をドルに変更したとしても、レートによって日本円で支払う金額は大きく違います。

海外旅行では多くの支払いを訪れた国のお金で済ませる必要があるので、為替レートの値は必要経費に大きく関わりがあり重要です。

円安であればあるほど少ないお金で買い物やホテルの費用を支払うことができます。海外旅行を安く済ませたいのであれば、円高の時にいくことがおすすめです。

 

日本国内にいる時はどうすればいいの?今からやっておきたい円安対策5選

現在の為替レートは円安となっていますが、日本で生活する私たちができる対策はあるのでしょうか。

実際に物価高も重なり家計の負担が増えた人が多く、私たちがやれることを考えなければいけません。ここでは円安の際にやっておきたい対策を5つみていきましょう。

 

フードロスを極力回避しよう

現在の物価高で輸入品に円高の時と比較して、多くのお金を支払う必要があります。そのため食品1つ1つの価格が上昇しており、今まで以上にお金を払うようになりました。

しかし冷蔵庫を見ると、賞味期限が切れてしまった食品が入っている人が多いのではないでしょうか。このフードロスはできるだけ回避して、必要でない食品購入を控えるようにしましょう。

環境省が発表しているデータによると、1世帯あたり約6万円をフードロスとして無駄に購入してしまっているようです。この6万円の無駄な出費を抑えて、お金を大切に使うようにしましょう。

 

現在かかっている出費を見直そう

今まで円高であった時の輸入品の購入よりも、円安になると物価が高くなりました。1ドル100円であった時に10.000円だった商品は、135円を超えた現在だと13.500円ほどになっています。

そのため円高の時と同じような出費をしていると、生活費が多くかかってしまうので注意しなければいけません。最初に対策すべきことは、光熱費や通信費といった固定費を見直す必要があることです。

また食費や教育費など必要な金額を優先して、お金をかけなくてもいい場所にできるだけ出費しないよう検討してみてください。現在の出費を見直して必要な場所にお金をかけるようにしましょう。

 

中古品購入を積極的に購入しよう

新製品などの新品商品が高くなっているのであれば、中古品で代用して出費を抑えるようにしましょう。

現在はネットのメルカリやラクマなどのフリーマーケットが注目を集めており、多くの人が利用しています。新品の商品ではなく中古品でもいいというのであれば、フリマアプリを利用した購入を検討してみてもいいかもしれません。

現在高い金額を投資して新品商品を購入しなければいけないので、中古品でいいのであればぜひフリーマーケットでの購入を検討してみましょう。

 

レンタルなどのサブスクも検討しよう

先ほど新品の商品が高くて気軽に買えない場合に、中古品購入をおすすめしました。

しかし中古品があまり得意でない人もいますよね。そういった方におすすめしたいのが、レンタルといったサブスクリプションサービスになります。

現在家具や家電など高い商品をレンタルすることができ、毎日使わない家電や家具の出費を抑えることができておすすめです。

景気が変化することで様々なサービスが登場しますが、サブスクであまり使わないがたまに使う家電や家具をぜひ借りてみてはいかがでしょうか。

 

投資をしてお金を増やそう

現在貯金しているお金は、外貨計算すると円高よりも減っていることになります。

円安が進めば進むほど貯金金額が減ってしまっているので、投資して資産を守る必要があります。

現在では、FXや株など気軽に投資を始められるようになりました。特にFXでは外貨建てでお金を持つことができるので、円安を契機に資産を増やした方も多くいます。

ただし注意点として現在は円安が進んでいますが、いつどのタイミングで円高に転じるのかわかりません。

そのため為替レートや株価レートは毎日欠かさずチェックしなければいけないですし、注意するようにしましょう。

貯金を減らさずに貯金額を増やしたいといった方には、ぜひ投資してみて資産を守ってみてはいかがでしょうか。

 

円安の時は得?オンラインカジノとは?

海外旅行に行く場合には、必要な資金を貯めなければいけないですよね。そこでおすすめしたいのがブラウザから遊ぶことができるオンラインカジノになります。

オンラインカジノに入金する方法にもよりますが、クレジットカードなどだと一度ドルに変えることが必要です。

そのため円安より円高の方が若干ではありますが、安くプレーすることができてお得です。そのため現在円安ではあるものの、海外旅行などに行きたいといった希望がある際には資金を増やす必要があります。

ただしオンラインカジノでは海外旅行などとは違い、外資建預金と同様にお金を増やすことができるかもしれません。

オンラインカジノでは還元率が93%から98%まで高く設定されており、利益を出しやすいです。

そのためオンラインカジノでは他の公営カジノよりも儲けが出しやすく、外資建でお金を増やすのではなく、プレーしてお金を増やす人が多くいます。

オンラインカジノではルーレットやブラックジャックなどの人気テーブルゲームやスロットなどのコツコツ楽しめるゲームまで幅広いです。

海外旅行に行きたいけど資金がない人や外貨資金で資金を貯めたいといった人はぜひオンラインカジノをプレーしてみてはいかがでしょうか。