WSOP(ワールドシリーズオブポーカー)という、地球上で最大の規模であるポーカーのイベントがラスベガスで行われていました。

そこで、プロポーカー選手のジョー・サルが、イベント会場の宿泊施設で強盗被害を受けたのです。

これまで生きてきて一番の恐怖を感じた

 

「これまで生きていて一番の恐怖を感じた」とジョー・サル選手はTwitterで語っています。

「リオのワールドシリーズオブポーカーの駐車スペースで、強盗被害を受けた。自動車の裏から迷彩服を纏った男性が襲ってきて、ピストルを私の顔に当ててきて、私の自動車のキーとカバンを渡すように言われました。カバンの中には数千ドルがありました」

防犯カメラを警察がチェックしたところ、

「建物から現れたジョー・サルを狙うことにした強盗は、そのまま駐車スペースまで尾行したようだ」ということが判明しました。

ですが、ジョー・サルには警察から「防犯カメラから、強盗の顔を特定するのはほぼ不可能です」と告げられたようです。

ワールドシリーズオブポーカー強盗

 

5月下旬にワールドシリーズオブポーカーが始まり、イベントが70件ほども実施されました。

そのうち、一番注目度が高いイベントは7/3にスタートしました。

地球上で一番グレードの高いポーカーのイベントというだけあって、ラスベガスにはたくさんのポーカー選手が訪れます。

そして、そういったポーカー選手の中にはまとまったお金を所持している人が多いので、その影響で、いわゆる「ワールドシリーズオブポーカー強盗」が発生することがあるのです。

ジョー・サルの事件を知った別のポーカー選手からは、以下のようなコメントが出ました。

「私もリオの駐車スペースで半月ほど前に強盗の被害を受けました。ピストルで脅されることはありませんでしたが、私がそのとき抱えていたお金は全額奪われてしまいました。もちろん警察にも相談したんですが、どうにも防犯カメラが役に立たないようで、警察としても打つ手がないようですね」

つまり、強盗被害を受けていたのはジョー・サルだけではなかったということです。

ちなみにこれらの強盗被害に関して、警察からの何からの発表はまだ行われていません。

安全性の低さが問題視されている

 

ワールドシリーズオブポーカー関係の安全の低さが、ここ最近話題に挙がることが多くなっています。

Twitterには

「ワールドシリーズオブポーカーには数万単位の人々が1カ月半の間に集まるわけですよね。それだけ大金が行き交うのに、駐車スペースなどの安全性が高くないのはマズいんじゃないでしょうか」

などの投稿がたくさんあります。

ジョー・サルは具体的に何円奪われたのかを明かしてはいませんが、「メインイベントの資金」とは言っています。メインイベントに挑戦するには1$かかりますが、それでもおよそ8000人が参加します。そして、これ以外にも70前後のイベントが実施されるわけですから、莫大な金額が飛び交っていると言えます。

駐車スペースの明度はイマイチで、安全性が低いです。イベント会場も含めて、各所のセキュリティ対策に本腰を入れてほしいものですね。

筆者はラスベガスには一回しか足を運んだことはないんですが、そこまで殺伐とした感じはありませんでした。ですが、日本よりも治安が悪いのは確かですから、ワールドシリーズオブポーカーに限らず、ラスベガスに行くのであれば注意が必要です。

メールで3000円分の入金不要ボーナスをゲット!

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら3000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!