カードゲームをしている際に、自分は何でこんなに引きが悪いのかと思われたことはありませんか?

そして、この引きの強さは運にかかっているのだと思っていませんか?実は、引きの強さは、ご自身で鍛えることができます。

また、引きが強い人には全員共通する点があります。この共通点が分かれば、皆さまも引きに強くなれるはずです!ギャンブルやゲームに勝ちたいときは、ぜひ今回ご紹介する点を参考に、意識してみてくださいね。

 

引きが強い人とは

引きが強い人

くじ引きやカードゲームなどで、引きが強いと言われるような人には共通点があります。

しかし、引きが強い人といっても、毎回勝ち続けている人のことではありません。毎回勝ち続けて、負けたことがないというのは、裏でイカサマをしているかただ言っているだけの可能性があります。

ここでいう、引きが強い人というのは、勝ったり負けたりしているが結果的に見たら勝っている割合が高かったり、得た合計の金額や勝利数が高いという意味です。どんなプロと呼ばれるような人でも、負けたり、失敗することは絶対にあります。

ここで、誰でも気軽に簡単に自分が引きに強いのかどうかが分かるツールがあります。

それは、近年日本で話題のオンラインカジノです!

多くのオンラインカジノサイトでは初回登録の際に無料でできるスピンや、多くのボーナスが付帯してくるので、最初の期間は無料でゲームを楽しむことができます。日本では海外のカジノクラブのような。実際にお金を賭けて遊べる施設がないので、海外で安全に運営されている日本人向けに翻訳されたネットカジノを使って、自分の実力を確かめることができますので、まずは様々なオンラインカジノサイトに初回登録をして遊んでみてはいかがでしょうか?

 

引きが強い人の共通点

・ポジティブ思考である

まず、ポジティブな人は引きが強い傾向にあります。一回の失敗では落ち込まず、同じ失敗をしないように考えること、常に次にもっと良い結果が出るように頭を切り替えています。また、そのような人の周りにはやっぱりポジティブな人が集まっている傾向にもあります。

自分自身がポジティブ思考かどうかを確かめたいときには、自分が思うポジティブな人と付き合ってみると、相手のポジティブ度が分かり、かつ自分もポジティブな考え方ができるようになります。

・集中力がある

特に、この一つの引きで勝敗が分かれるような場面では、強い集中力を必要とします。

勝負で勝ち続けているとき、負け続けているときなど、その運命を変えて流れを変えることができるのも自分の判断のみです。

引きが強い人というのは、勝負に適切なタイミングを見極めるまでに強い集中力を継続させることができます。

・勝負に対して積極的である

どんなことにも積極的に勝負に挑戦します。一度負けた程度で、または負けが少し続いただけで、諦めて止めることは決してしません。

時には、上手く結果が出ないときだってあります。しかし、ここで粘り強く積極的に挑戦してこそ引きに強くなるのです。

そもそも、自分が引きに強いと気付くためには、勝負を続けたからこそ分かることです。悪い結果が続くときは、何かしらの改善策を考えなくてはいけません。この改善策こそも、積極的に勝負を続けて、自分なりにデータを作ることで分かってきます。最初のうちは、利益が無くてもいい、負け続きでもいいというような思考を持って、勝負を積極的に続けていきましょう。

・冷静である

どんな状況でも、結果でも、冷静さを保つことが出来る人は引きに強いと言えるでしょう。

ゲームの流れを冷静に判断し、時には自分の流れに持っていったり、相手の流れにゲームが進んでいったとしても、感情に流されずに常に冷静な状態を保つことができます。

・切り替えが早い

ポジティブであるというのと、似ているのですが、引きが強い人は何事も頭の切り替えが早く、結果が悪くてもポジティブに悩むことがありません。

負け続けている時は、いつ終わるか、どこまでいくかという見切りを付けることができますので、自分の中でどこまで勝負して、このラインまでいったらスパっと止めるという切り替えの早さを持っています。

 

引きの強い人になる為には?

最後に、どのようにしたら引きの強い人になれるのでしょうか。単純に上記でご紹介した5つのポイントを基準に自分自身がなればいいのですが、もう少し具体的にご紹介します。

1.自分を信じる勇気を持つ

引きに強くなるためには、積極的になる必要があるということですが、積極的になる為には、自分自身に自信を持つ必要があります。自信がないのに、積極的にはなれませんね。

自信を持てるようになるためには、自分のプライドをまず捨てること、いい意味でこの際どうでもよくなっちゃえという考え方ができるようになったら、自然と自分に自信は付いてきます。

負けても失うものはない、もしくは少しだ、勝った時に挽回できるという風にポジティブな思想でいきましょう。

2.事前準備を欠かさずにする

ギャンブルに波はつきものです。その波に自分の作戦や想像をかき乱されないように、事前の準備が重要です。

勝負の前に、必要な情報を集めたり調べたりすることで、予想外の状況になっても冷静に対応ができるようになります。予想が大外れになった状況でも、まあ最悪な状況は事前に予想していたし、そんなこともあろうかと予想だけはしていたし、と最低思うくらいの準備が出来てさえいれば引きが強い人へと成長している証拠です。

引きが強い人というのは、勝負運が強いだけではありません。負けても勝っても、勝負をし続けなければ、自分が引きに強いのか弱いのか、またどこを改善しなくてはいけないのかという策も出てきません。

少しずつ引きが強い人になれるように、トレーニングと経験を多く積むことが一番の近道ですね!