- 最終更新日 2023年 11月 21日 | 日本カジノ

この記事で分かること

  • 長崎IRの資金調達先「クレディ・スイス」とは?
  • 長崎IRの総事業費は?

「長崎IRがどうやって運営されるののか知りたいけど、総事業費はどのくらいか知りたい…」という方必見!

この記事では、長崎IRの資金調達先「クレディ・スイス」を解説します!

最後まで読めば、長崎IRの総事業費も分かります。

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」への建設が予定されており、運営時の経済波及効果は約3,300億円、来場者数は約670万人と見込まれています!

 

長崎県佐世保市にあるハウステンボスへの建設が予定されている「長崎IR」。長崎IRの資金調達先のひとつである「クレディ・スイス」が経営不安になっているとの情報が流れています。

この記事では、長崎IRの資金調達先クレディ・スイスの概要や経営不安と囁かれている状況などを詳しく解説します。

長崎IRの資金調達先「クレディ・スイス」とは?

長崎IRの資金調達先「クレディ・スイス」とは?

クレディ・スイスとは、スイスに拠点を置く世界的な投資銀行および金融サービス企業のこと。

本社はチューリッヒにあり、世界各地のあらゆる金融センターにオフィスを構える世界9大「バルジブラケット」の1つです。

長崎県が進めているIR計画では、クレディ・スイスが資金調達先のひとつとされています。

クレディ・スイスは、厳格な銀行顧客の守秘義務と銀行機密の保持で知られており、金融安定理事会はクレディ・スイスを世界的に重要な銀行とみなしているほどです。

早くから日本に参入した金融機関でもあり、戦後間もなくから国債引受業務や証券・投資銀行業務、オルタナティブ投資などのアセット・マネジメント業務を行っています。

クレディ・スイスが経営不安に?

クレディ・スイスが経営不安に?

2022年12月、長崎IRの資金調達先であるクレディ・スイスの経営状態が悪化したことに伴い、長崎県は特別委員会を開催しています。

クレディ・スイスは資産の大幅減少や収益の悪化などが囁かれており、資金調達先として問題視されていました。

この記事は、経済や金融に関心のある読者にとって、現代の金融市場の動向と地域開発プロジェクトの相互関係を理解する上で貴重な情報源となるでしょう。長崎IRの今後の進展に注目が集まる中、クレディ・スイスの動向も引き続き重要なファクターとなります。

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

クレディ・スイスの経営不安は長崎IRに影響するものではない

長崎県は調査の結果、クレディ・スイスの経営不安は長崎IRに影響するものではないとの見解を示しています。

資金調達能力に影響を与えるものではないと判断した長崎県は、予定どおり2027年度の長崎IR開業を目指してさまざまな調整を行っていきます。

長崎IRの総事業費は3,500億円を想定

長崎県は、長崎IRの総事業費を3,500億円と想定しています。

長崎IR開業のための資金調達額は総額約4,383億円の見通しで、金融機関からの借入金などが約2,630億円、企業などからの出資金が約1,753億円です。

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」への建設が予定されており、運営時の経済波及効果は約3,300億円、来場者数は約670万人と見込まれています。

よくある質問

長崎IRとは何ですか?

長崎IR(Integrated Resort、統合型リゾート)は、長崎県佐世保市にあるハウステンボスに建設予定の大規模リゾート施設です。カジノを含む多様なエンターテイメント施設、ホテル、会議場などを備え、地域経済の活性化を目指しています。

長崎IRの資金調達にクレディ・スイスはどのように関与していますか?

クレディ・スイスは、長崎IRプロジェクトの資金調達先の一つとされています。スイスに本社を置くこの大手銀行は、プロジェクトの資金提供に重要な役割を果たしていると考えられています。

クレディ・スイスの経営不安が長崎IRに与える影響は何ですか?

2022年にクレディ・スイスの経営状態が悪化したとの報道がありましたが、長崎県はこれがIRプロジェクトに大きな影響を与えるものではないとの見解を示しています。プロジェクトは予定通り進行しており、2027年の開業を目指しています。

長崎IRの経済的な影響はどの程度見込まれていますか?

長崎IRは、地域経済に大きな影響を与えることが期待されています。総事業費は約3,500億円と見込まれ、運営時の経済波及効果は約3,300億円、来場者数は約670万人と予測されています。