ユウタ 鈴木 - 公開日 2021年 12月 29日, 最終更新日 2024年 1月 22日

フィボナッチ数列とは?カジノ必勝法としての利用方法を解説!

fibonacci-strategy

この記事で分かること

  • フィボナッチ数列とは?
  • フィボナッチ数列はカジノ必勝法としても使える?
  • フィボナッチ数列法をカジノで使う方法は?

「オンラインカジノでフィボナッチ数列を使いながらゲームしたいけど、使う方法がわからない…」という方必見!

この記事では、フィボナッチ数列の基本情報やカジノで使う方法を解説します!

最後まで読めば、ハイアンドローの配当も分かります。

フィボナッチ数列は、カジノ業界やギャンブル業界、投資などにもフィボナッチ数列は活用されており、効率よく稼げる手法として大人気です!

 

フィボナッチ数列は、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが名付けた数列です。フィボナッチ数列は自然界や黄金比と深い関わりを持っており、カジノゲームの必勝法としても利用されています。

この記事では、フィボナッチ数列の一般項や一覧、自然界や黄金比との関係、カジノ必勝法としての利用方法などを詳しく解説します。

フィボナッチ数列とは?

フィボナッチ数列とは?

フィボナッチ数列は「1,1,2,3,5,8,13,21,34,55・・・」のように、前の数字を2つ足した数字が続く法則のことです。

フィボナッチ数列とは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが名付けた数列です。

イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチは「うさぎの増える様子」を観察して、フィボナッチ数列を考察したといわれています。

 

フィボナッチ数列の一般項

フィボナッチ数列の一般項は下記の公式で表されます。

  • Fn = 1/√5{(1+√5/2)n乗 – (1-√5/2)n乗}

 

フィボナッチ数列の公式をわかりやすくした漸化式は以下のとおりです。

  • Xn+2 = Xn + Xn+1

 

漸化式の「n」にフィボナッチ数を入れていくと「3,5,8,13・・・」と、続くことがわかります。

 

フィボナッチ数列一覧

フィボナッチ数列の一覧を紹介します。

No 計算式 フィボナッチ数
0 0 0
1 1 1
2 0+1 1
3 1+1 2
4 1+2 3
5 2+3 5
6 3+5 8
7 5+8 13
8 8+13 21
9 13+21 34
10 21+34 55
11 34+55 89
12 55+89 144
13 89+144 233
14 144+233 377
15 233+377 610
16 377+610 987
17 610+987 1,597
18 987+1,597 2,584
19 1,597+2,584 4,181
20 2,584+4,181 6,765

フィボナッチ数列はなぜ自然界に多く潜んでいるの?

フィボナッチ数列はなぜ自然界に多く潜んでいるの?

フィボナッチ数列は自然界に多く潜んでいます。

たとえば、ひまわりの種は螺旋状に配置されており、渦巻きの数は「21、34、55、89」と見事にフィボナッチ数だけで構成されています。

ほかにも、花びらの枚数や松ぼっくりの鱗模様などもフィボナッチ数だけで構成されており、自然界と深い関わりがあることがわかります。

フィボナッチ数列が自然界に多く潜んでいる理由は、フィボナッチ数が動植物が成長するのに合理的な数字であるためです。

フィボナッチ数列は動植物が自然界で生存するために必然的に現れたものであり「生命の曲線」といわれています。

フィボナッチ数列はなぜ黄金比と呼ばれているの?

フィボナッチ数列は、人間が最も美しいと感じる「黄金比」とも呼ばれています。

フィボナッチ数列が黄金比と呼ばれている理由は、フィボナッチ数列の公式が関係しています。

黄金比とは、1:1.618の比率のことであり、フィボナッチ数列の一般項「1+√5/2」と一致する関係性です。

フィボナッチ数列は隣同士の項(13÷8=1.625、21÷13=1.615)を割っても、黄金比の数字とほぼ一致します。

フィボナッチ数列はカジノ必勝法としても使える

フィボナッチ数列はカジノ必勝法としても使える

フィボナッチ数列はカジノ必勝法としても使えます。

フィボナッチ数列を利用したカジノ必勝法を「フィボナッチ数列法」と呼び、フィボナッチ数に応じてベット額をコントロールする攻略法です。

フィボナッチ数列法は、カジノゲームに負けるたびにベット額をフィボナッチ数列の右の項へ移動するのみです。

たとえば、3連敗後の4ゲーム目のベット額は、フィボナッチ数列(1,1,2,3)の4項目の数字「3ユニット」をベットします。

フィボナッチ数列法は連敗時にのみ使える必勝法であり、簡単かつ感情に左右されることなくベットコントロールができる必勝法として人気です。

 

フィボナッチ数列法が有効なカジノゲーム

フィボナッチ数列法が有効なカジノゲームは、以下の2つの条件を満たすゲームのみです。

  • 勝率50%のゲーム
  • 配当2倍のゲーム

上記2つの条件を満たすカジノゲームには「バカラ」「ブラックジャック」「ルーレット(赤黒賭け)(奇数偶数賭け)(ハイロー賭け)」などがあります。

フィボナッチ数列法をカジノで使う方法

フィボナッチ数列法をカジノで使う方法

フィボナッチ数列法のゲームの流れは以下のとおりです。

1. 1ユニットの賭け金を設定する
2. 「1」のベット額からゲームを開始する
3. ゲームに負けた場合は数列の右の数字へベット額を移行する
4. ゲームに勝利した場合は再スタートする

 

では、上記の賭け方を詳しく紹介します。

 

ステップ1. 1ユニットの賭け金を設定する

まずは、1ユニットあたりの賭け金を設定します。

「1ユニット=1ドル」にした場合は、フィボナッチ数列の数字をそのままベットしていくだけでOKです。

「1ユニット=5ドル」にした場合は、フィボナッチ数×5倍の賭け金をベットします。

 

ステップ2. 「1」のベット額からゲームを開始する

1ゲーム目は、フィボナッチ数列の一番左の数字「1」からスタートします。

  • 1ユニット=1ドルの場合:1ゲーム目の賭け金は「1ドル」
  • 1ユニット=5ドルの場合:1ゲーム目の賭け金は「5ドル」

 

ステップ3. ゲームに負けた場合は数列の右の数字へベット額を移行する

ゲームに負けた場合は、フィボナッチ数列の右の数字へ移行し、次ゲームのベット額を設定します。

ゲームに負けるたびに「1→1→2→3→5・・・」とベット額を調整していくのみです。

  • 2連敗後の3ゲーム目の賭け金:2ユニット(2ドル)
  • 4連敗後の5ゲーム目の賭け金:5ユニット(5ドル)

 

ステップ4. ゲームに勝利した場合は再スタートする

ゲームに勝利した場合は、フィボナッチ数列をリセットして「1」から再スタートします。

フィボナッチ数列をカジノゲームで使う際は、最初は難しいかもしれませんが徐々に慣れていくことで勝てる必勝法の1つとして活躍するでしょう。

私も最初は難しくて慣れませんでしたが、実際のカジノゲームで少額ベットをしながらコツや活用する際の流れを掴んでいきました。ぜひカジノ初心者から上級者の方まで、この記事を参考にしてみてください。

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

フィボナッチ数列法は有効なの?効果検証!

フィボナッチ数列法は有効なの?効果検証!

フィボナッチ数列法は本当にカジノゲームに有効なのでしょうか。

ここでは、以下の3パターンのシミュレーションを行い、効果検証を行います。

  1. 3連敗後に勝利したケース
  2. 6連敗後に勝利したケース
  3. 勝ち負けが交互に続いたケース

 

パターン1. 3連敗後に勝利したケース

ゲーム数 ベット額 勝敗 損益 合計収支
1ゲーム 1ドル 負け -1ドル -1ドル
2ゲーム 1ドル 負け -1ドル -2ドル
3ゲーム 2ドル 負け -2ドル -4ドル
4ゲーム 3ドル 勝ち +3ドル -1ドル

3連敗後に勝利した場合の合計収支は「-1ドル」となっており、5ゲーム目も勝利できればすべての損失額を取り戻せます。

勝率50%のゲームで「2勝3敗」するとよいため、有効であるといえます。

 

パターン2. 6連敗後に勝利したケース

ゲーム数 ベット額 勝敗 損益 合計収支
1ゲーム 1ドル 負け -1ドル -1ドル
2ゲーム 1ドル 負け -1ドル -2ドル
3ゲーム 2ドル 負け -2ドル -4ドル
4ゲーム 3ドル 負け -3ドル -7ドル
5ゲーム 5ドル 負け -5ドル -12ドル
6ゲーム 8ドル 負け -8ドル -20ドル
7ゲーム 13ドル 勝ち +13ドル -7ドル

6連敗後に勝利した場合の合計収支は「-7ドル」となっており、8ゲーム目から7連勝しない限り、すべての損失額を取り戻すことはできません。

勝率50%のゲームで「8勝6敗」しなければならないため、あまり有効ではないことがわかります。

 

パターン3. 勝ち負けが交互に続いたケース

ゲーム数 ベット額 勝敗 損益 合計収支
1ゲーム 1ドル 勝ち +1ドル +1ドル
2ゲーム 1ドル 負け -1ドル ±0ドル
3ゲーム 1ドル 勝ち +1ドル +1ドル
4ゲーム 1ドル 負け -1ドル ±0ドル
5ゲーム 1ドル 勝ち +1ドル +1ドル
6ゲーム 1ドル 負け -1ドル ±0ドル

勝ち負けが交互に続く場合はフィボナッチ数列法の効果を発揮できません。

フィボナッチ数列法をカジノで利用するメリット3つ

フィボナッチ数列法をカジノで利用するメリット
フィボナッチ数列法をカジノで利用するメリット3つ

1. 使い方が簡単
2. 感情に左右されることなくベットコントロールできる
3. 賭け金を自由に設定できる

フィボナッチ数列法をカジノゲームで利用するメリットを3つ紹介します。

 

メリット1. 使い方が簡単

フィボナッチ数列法は、フィボナッチ数列(1,1,2,3,5・・・)どおりにベット額を設定するだけのため、使い方が簡単です。

ほかのカジノ必勝法には複雑なルールや賭け方を覚えなければならないものもありますが、フィボナッチ数列法はシンプルな賭け方のため、カジノ初心者の方でも気軽に利用できます。

 

メリット2. 感情に左右されることなくベットコントロールできる

フィボナッチ数列法を利用することで、感情に左右されることなくベットコントロールできます。

ギャンブルは感情に左右されやすい特性がありますが、フィボナッチ数列法はベット額が決められているため安心です。

 

メリット3. 賭け金を自由に設定できる

フィボナッチ数列法は「1ユニット」あたりの賭け金を自由に設定できます。

ローリスクでプレイしたい方は「1ユニット=1ドル」に設定し、ハイリターンを狙いたい方は「1ユニット=5〜10ドル」に設定するとよいでしょう。

フィボナッチ数列法をカジノで利用するデメリット3つ

フィボナッチ数列法をカジノで利用するデメリット

フィボナッチ数列法をカジノで利用するデメリット3つ

1. 連敗後の1度の勝利で損失額を取り戻せない
2. 大きなリターンを期待できない
3. 勝ち負けが交互に続く場合は効果を発揮しない

フィボナッチ数列法をカジノゲームで利用するデメリットを3つ紹介します。

 

デメリット1. 連敗後の1度の勝利で損失額を取り戻せない

フィボナッチ数列法は、連敗後の1度の勝利ですべての損失額を取り戻すことはできません。

連敗するたびにベット額を増やしていくカジノ必勝法ですが、損失額を取り戻す特性はなく、ローリスクなシステムベットであることを覚えておきましょう。

 

デメリット2. 大きなリターンを期待できない

フィボナッチ数列法は、大きなリターンを期待できません。

「ローリスクローリターン」の攻略法のため、ハイリターンを望むプレイヤーには不向きです。

 

デメリット3. 勝ち負けが交互に続く場合は効果を発揮しない

フィボナッチ数列法は、勝ち負けが交互に続く場合は効果を発揮しません。

勝ち負けが交互に続くような流れがきた場合は、早めに見切りをつけることが大切です。

フィボナッチ数列のまとめ

フィボナッチ数列は、イタリアの数学者が考察した数列であり、自然界や黄金比と深い関係性があります。

カジノ業界やギャンブル業界、投資などにもフィボナッチ数列は活用されており、効率よく稼げる手法として大人気です。

他にも、カジノ必勝法にはオスカーズグラインド法という、ゲームに勝利する度にベット額を増やしていくプログレッシブタイプのものがあります。

ゲームに勝つ度に賭け金を増やしていくのみであるため、カジノ初心者の方でも安心して活用することが可能です。

フィボナッチ数列法やオスカーズグラインド法を利用してカジノゲームで稼ぎたい方は、日本語対応の有名オンラインカジノサイトへ登録しましょう!

よくある質問

フィボナッチ数列をカジノでどのように使いますか?

フィボナッチ数列は、特定のカジノゲームでのベッティング戦略として使用されます。負けた場合は数列に従ってベット額を増やし、勝った場合は元の額に戻るという戦略が一般的です。

フィボナッチ数列法はどのカジノゲームで有効ですか?

フィボナッチ数列法は主にルーレットやバカラ、ブラックジャックなどのテーブルゲームでよく用いられます。

フィボナッチ数列法のリスクは何ですか?

フィボナッチ数列法のリスクは、連続して負けるとベット額が急激に増加する可能性があることです。そのため、資金管理が非常に重要になります。

フィボナッチ数列法を使う際のポイントは何ですか?

フィボナッチ数列法を使う際のポイントは、まず自分の資金をしっかりと管理すること、そして負けた場合でも冷静に次の手を考える能力が求められます。