ハーフストップ法

ハーフストップ法はカジノだけではなく、競馬、競艇、パチンコなどの多くのギャンブルで利用することができる攻略法です。

ギャンブルをするうえでぜひとも覚えておきたい攻略法なので、まだ知らない方はこの際に覚えておきましょう。

ハーフストップ法は、賭け方を重視したものというよりは、資金管理に重点を置いたシステムベット法になります。

賭け方は自由ではあるので、プレイヤーの腕次第と言ったところです。どのように利益を生み出すかに徹底した攻略法ではあるので、確実に利益を生み出したいプレイヤーに向いた方法です。

確実に利益を獲得できるものの、準備する段階で根気が必要となってくるので、始める際はそれなりの覚悟と資金の余裕が必要となってきます。

ハーフストップ法の簡単な説明をすると、「獲得した利益の半分が無くなるまで使って勝ち逃げする」というものです。

一体どのようなものかというと、まず目標利益を設定しその金額に達成したら、利益半分をベットし使い切るまで続けるというものです。

ルールは若干複雑ですが、一度覚えてしまえばどこでも使える技術なので、最初は練習程度で使うようにしてみましょう。

実際に長い間ギャンブルをプレイしている人でも利用しているシステムなので、利益を獲得したいプレイヤーにとっては利用する価値は充分にあります。

 

ハーフストップ法の使い方

halfstop
ハーフストップ法は利用方法が他の攻略法に比べると、若干難しい点があるので段階的に覚えていく必要があります。

達成するまでに必要なことを事前に確認しておくことで、スムーズに目標を達成することが可能になります。

以下のように使い方を紹介していきます。

 

目標金額の設定

まずは、目標金額の設定が必要となってきます。この目標金額は、最終的な利益のことではなく、ハーフストップ法でひとまず獲得した利益の倍の金額です。

例えば、ハーフストップ法で少なくとも欲しい金額を$50にした場合、目標金額を$100にします。

この目標金額を設定することがハーフストップ法において非常に重要になってきます。

この金額の半分の額は確実に獲得することができるので、その時の自分の状況にあった額を設定するようにしましょう。

目標金額は高ければ高いほど、ハーフストップ法をクリアするレベルが高くなってくるので、ギャンブル初心者の方は低い金額で行うようにしましょう。

金額を少なめに設定することで確実に利益を獲得することができるうえ、確定利益に上乗せして獲得できるかもしれません。

最初の目標金額の設定がハーフストップ法をするうえで、最も重要になってくるので適当に決めるのではなく、慎重に設定することが何よりも重要になってきます。

 

賭け方を決める

目標金額を設定したら、その金額を獲得するまでひたすらにベットします。

仮に$100と設定したとします。そしたら、$100を獲得するように賭け方を決めます。

ーチンゲール法やキャンセレーション法など賭け方は自由です。攻略法を使用しなくても勝てそうな場合は、自由に賭けるのもありです。

賭け方を決めたら、金額達成できるようにひたすらベットしていきます。ギャンブルの中には様々な攻略法があるので、この際にいろんなものを試してみるのもいいでしょう。

 

目標金額に達成

どうにかして目標金額に達成したら第一関門突破です。

ここまで到達することができれば、この先はシステム通りに行えばいいので特に難しくはありません。

達成後は、まず目標金額を半分に分けます。一つは確定利益、もう一つはこの後のベット用マネー。

$100が目標金額の場合、$50は確定利益となり、$50はベットするためのマネーとなります。

ハーフストップ法という名前の通り、目標金額の半分のお金をこの時点でストップして利益確定にします。

この利益は最低額であり、この後のベット次第ではプラスになるかもしれません。

また、確定利益は絶対にベットしてはいけないので、一度引き出す場合はベットマネーと混合しないように注意しましょう。

ベットマネーで負けが続いたからといって、確定利益でベットしてしまったら意味がないので気を付ける必要があります。

 

ひたすらにベットする

目標金額の半分のベットマネーを握りしめてベットします。

この時のベット方法はプレイヤーによって自由です。目標金額を獲得したときと同じベット方法、もしくは一発で全額ベットなど人によって様々です。

利益は確定しているので、この時の精神状態は非常に落ち着いているはずです。

そのため、今までリスクが高くてできなかった賭け方などをこの際に試してみるのもいいでしょう。これだけ特別な状況は珍しく、ギャンブラーにとってはたまらないでしょう。

この時に注意してほしいのが、損失額の計算です。損失額がベット金額を上回って閉まった場合は確定利益分の利益も無くなってしまうので、絶対に避けるべき点です。

 

半分の損失が出たら終了

ベットマネーでベットをし、合計損失額が$50を達成してしまった場合は、その場でハーフストップ法を終了させる必要があります。

今回の場合だと合計$50の損失が生まれてしまった時が終了の合図となります。

ハーフストップ法にはきちんとした終了タイミングがあるので、初心者の方でも簡単に利用できます。

最終的な利益は、確定利益の$50とベットして獲得した金額の利益になります。

 

ハーフストップ法を使用できるゲーム

ハーフストップ法はカジノだけではなく、他のギャンブルでも使用できることがわかりました。

システムとはいったものの、資金管理がメインなのでルールはギャンブルならどれでも問題ありません。

それではカジノの場合、どのようなゲームで使用するといいのでしょうか。実際のところどのゲームでも問題ありませんが、基本的なゲームを紹介すると以下のようなものがあります。

ルーレット

ブラックジャック

バカラ

どれもカジノの中では大定番であり、どれでもハーフストップ法は有効です。

これだけ幅広く利用することができる攻略法は珍しく、多くの方が利用しています。

 

ハーフストップ法のメリット

攻略法にはメリットがつきものであり、多くの利用者はこのメリットを目当てに利用しています。

ハーフストップ法には、以下のような3つのメリットがあります。

・確実に利益を獲得

・終了タイミングがわかる

・幅広いジャンルで利用可能

ここでは、これらを詳しく紹介していきます。

 

確実に利益を獲得

ハーフストップ法の最大のメリットは利益を確実に獲得できるというものです。

様々な攻略法が存在しますが、確定して利益を獲得できるのは数少ないです。

確定利益の額は自身で決めることができるので、より多く獲得したい場合は目標金額を増やす必要があります。

確実に利益を獲得できることで、その後の精神的余裕もできるので楽しくギャンブルをプレイすることが可能になります。

確保金に手を出さない限り、利益は保障され仮に負けが続いたとしても利益を獲得することができます。

 

終了タイミングがわかる

多くの攻略法がありますが、ほとんどの攻略法では勝利はできるものの終了タイミングが見つからず、結局損失が生まれてしまったなんてこともあります。

しかし、ハーフストップ法には、ベットマネーが無くなった時点で終了という明確なタイミングがあるので、ユーザーにとってはとても使いやすいです。

特に、ギャンブル初心者の方にとっては非常に利用しやすいのでおすすめです。

終了タイミングを自分のタイミングで決めるような攻略法もありますが、どうしても心理的にやめられない場合が多いのでルールを定めておくことで、スムーズに終了して気持ちよく利益を獲得できます。

 

幅広いジャンルで利用可能

決まったカジノゲームだけではなく、様々なギャンブルで利用することができます。

そのため、一度覚えてしまえばどんなギャンブルにでも利用できるので安心です。

賭けをするための攻略法というよりは、資金管理をするためのシステムなので、どのようなギャンブルゲームでも利用可能ということになります。競艇、パチンコ、スロットなど様々です。

ルールは簡単でありながら、様々なものに利用できる攻略法はそこまで多くはないので非常に価値が高いです。攻略法を覚えるならまずはハーフストップ法を覚えるのがいいでしょう。

 

ハーフストップ法のデメリット

どんなに強力な攻略法であっても、いくつかのデメリットは存在します。

攻略法を利用するうえでメリットはもちろんですが、デメリットも理解する必要があります。

事前にデメリットを理解することで、思わぬアクシデントにも対応することができるようになります。ここでは、以下のようなデメリットを紹介します。

・目標金額達成までが大変

・利益を半分にする自制心が必須

・長期戦になる可能性

これらのデメリットを詳しく紹介していきます。

 

目標金額達成までが大変

ハーフストップ法を利用する上で、一番重要なのは自身で設定した目標金額に到達することです。

目標金額が低ければ問題ないですが、多くの人は気持ち高めに設定するので到達するのに一苦労します。

仮に目標金額を$100に設定した場合、とにかく$100の利益を生み出す必要があります。

ハイローラーにとっては簡単ではありますが、初心者の方で$100を生み出すのは至難の技です。

利益は欲しいものの、目標金額に届かないと何も始まらないので、まずは最初の関門を突破する必要があります。

ここで、目標額を確実に稼ぐための必勝法として有効に利用することができるのが、10ユニット法です。

目標額を確実に獲得することができるという点が10ユニット法の最大のメリットです。

なかなか目標額を稼ぐことは簡単な事ではありませんが、10ユニット法では実際に数列を書いておこないます。

目標額まであと何回のプレイ数なのか可視化できるので、精神的に余裕をもってプレイすることができるというのも魅力的です。

 

利益を半分にする自制心が必須

利益を半分にする必要があるので、目標金額を達成した際にやめるのではなく、目標金額を丸ごともっていく心理を働かせないようにする必要があります。

もしかしたら、ハーフストップ法をすることによって最終利益が目標金額よりも少ない金額になってしまうかもしれませんが、そこで自制心をもって実行する心が必要となってきます。

 

長期戦になる可能性

目標金額が高く、ベットマネーが多い場合はかなりの長期戦になる場合があります。

長期戦になるということは、勝ちが続いているということなので良いことですが、身体的に疲れてしまう場合があります。

終わりのタイミングがわかるものの、プレイ数は決まっていないのでいつ終わるかわからないというプレッシャーが疲労に繋がります。

 

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!