- 公開日 2023年 9月 07日, 最終更新日 2023年 9月 07日 | パチンコ

この記事で分かること

  • パチンコCR機はいつまで打てる?
  • 新基準機『P機』とは?
  • パチンコ基準機の歴史は?

「パチンコCR機を聞いたことはあるけど、いつまで打てるかわからない…」という方必見!

この記事では、パチンコCR機の撤去日や新基準機を解説します!

最後まで読めば、パチンコ基準機の歴史も分かります。

2018年2月1日のパチンコ法改正により、パチンコはCR機からP機へ完全移行となりました。2022年2月以降、全国のパチンコ店はP機のみで運営されています!

 

2018年2月に施行されたパチンコ法改正により、新時代を迎えたパチンコ業界。約30年間親しまれてきたパチンコCR機はいつまで打てるのでしょうか。

この記事では、パチンコCR機はいつまで打てるのかや撤去日、新基準機(P機)の特徴などを詳しく解説します。

パチンコCR機はいつまで打てる?

パチンコCR機はいつまで打てる?

パチンコCR機は「2022年1月31日」まで打てます。

2018年2月1日のパチンコ法改正により、1992年に誕生したCR機が姿を消すことになりました。

CR機は大当り継続率が格段にアップする「確変」機能を搭載したことにより、パチンコファンから絶大な支持を集め、パチンコと言えば「CR機」といわれるまでに成長を遂げています。

「ぱちんこCR真・北斗無双」や「CR聖戦士ダンバイン」などの人気CR機は、4年間にわたる旧基準機の経過措置期間ギリギリの2022年1月31日まで、多くのパチンコ店に設置され続けました。

オンラインカジノ内にはパチスロ風のオンラインスロットや、7×7のリールのスロットや、数ドルで一攫千金を狙えるジャックポット機能付きのスロットなど、さまざまなジャンルから選んで遊べます。

当サイトで紹介しているベラジョンカジノや、賭けっ子リンリンなどはパソコンからのみでなく、スマホからでも遊べるので好きな時間に遊べます。私も寝る前の数十分で結構稼げてますよ!

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

2022年2月以降はCR機からP機へ完全移行

2022年2月以降はCR機からP機へ完全移行
2022年2月以降はCR機から新基準機「P機」へ完全移行します。

30年弱もの期間、パチンコファンから愛され続けてきたCR機がなくなるのは非常に残念であり、業界関係者およびファンに惜しまれつつ姿を消していきました。

2022年2月以降にパチンコ店でプレイできる基準機は「P機」のみであり、全国どこの店舗をまわっても「CR機」を打つことはできません。

 

CR機を打てない2022年2月以降はオンラインカジノを!

パチンコCR機を打てない2022年2月以降は、CR機以上のドキドキ感やハラハラ感を味わえるオンラインカジノをプレイしてみましょう。

オンラインカジノでは、日本のパチンコやパチスロのようなカジノゲームも多数提供されており、パチンコ同様、リアルマネー(現金)を賭けたプレイが可能です。

オンラインカジノの還元率は「約97%」とギャンブル業界No.1の勝ちやすさを誇っており、パチンコの還元率「約80%」を大きく上回っています。

還元率の高さはプレイヤーの稼ぎやすさに比例するため、効率よくギャンブルで稼ぎたい方はネットカジノがおすすめです。

新基準機『P機』とは?

新基準機「P機」とは、パチンコ法改正の2018年2月以降に検定試験をクリアしたパチンコ機種のことです。

1992年から30年弱の期間、親しまれてきたCR機から新しいP機へ移行することから「新基準機」と呼ばれています。

P機は出玉規制や大当り時のラウンド規制などが厳格化され、CR機よりも大きな出玉を獲得しにくくなったのが特徴です。

ただし、2018年2月のパチンコ法改正以降に厳格化された規則は、2019年2月および2019年12月に内規が改正され、問題点や課題が改善されている点は好感を持てます。

CR機とP機の違いは?

CR機とP機の違いは?

CR機とP機の主な違いは下記の3つです。

1. 大当り時の最大ラウンド数
2. 大当り時の払い出し玉数
3. 設定搭載数

 

では、上記3つの違いを詳しくみていきましょう。

 

違い1. 大当り時の最大ラウンド数

大当り時の最大ラウンド数の違いは以下のとおりです。

  • CR機:最大16ラウンド
  • P機:最大10ラウンド

大当り時の最大ラウンド数が「6ラウンド」減っています。

 

違い2. 大当り時の払い出し玉数

大当り時の払い出し玉数の違いは以下のとおりです。

  • CR機:2,400玉
  • P機:1,500玉

大当り時の払い出し玉数は「900玉」減っており、4円パチンコでは「3,600円」の減少です。

 

違い3. 設定搭載数

設定搭載数の違いは以下のとおりです。

  • CR機:3段階
  • P機:6段階

設定搭載数は「3段階」増えたことにより、勝ちやすさおよび負けやすさが極端に変化します。

パチンコ基準機を歴史でおさらい

パチンコ基準機を歴史でおさらい

今までのパチンコ基準機には、下記の3つの機種が存在していました。

1. 現金機
2. CR機
3. P機

 

では、上記3つの基準機の特徴を詳しくみていきましょう。

 

1. 現金機

現金機とは、100円や500円の硬貨を投入して玉を借りるパチンコ機種のこと。

パチンコの元祖であり、1990年代から多くのファンに親しまれてきました。

CR機が登場した1992年以降も現金機はCR機と並列されていましたが、2010年を最後に新機種は誕生していません。

現金機は「確変」機能は搭載されておらず「時短」機能のみが搭載されていました。

 

2. CR機

CR機とは、プリペイドカードを用いて玉を借りるパチンコ機種のこと。

1992年にCR機が登場し、現金機にはなかった「確変」機能が搭載されたことで大ブームを巻き起こし、一気にパチンコの代表格に躍り出ました

パチンコファンからの絶大な支持を受けたCR機は導入スピードが加速し、パチンコと言えば「CR機」といわれる存在になっています。

 

3. P機

P機とは、2018年8月に登場した新基準のパチンコ機種のこと。

2018年2月のパチンコ法改正により、CR機からP機へ完全移行する規則が成立しました。

P機では、出玉率の厳格化や大当り時の最大ラウンド数および出玉払い出しの厳格化が施工され、一攫千金を狙いにくくなっています。

ただし、2022年1月31日を最後に全国のパチンコ店からCR機は姿を消したため、これからはP機と付き合っていくしかありません。

パチンコCR機はいつまで打てる?まとめ

パチンコCR機は「2022年1月31日」まで打てます。

2018年2月1日のパチンコ法改正により、パチンコはCR機からP機へ完全移行となりました。2022年2月以降、全国のパチンコ店はP機のみで運営されています。

パチンコCR機がなくなって物足りなさを感じている方は、一攫千金を狙えるギャンブル「オンラインカジノ」がおすすめです。

よくある質問

CR機はいつまで遊べますか?

2022年1月31日をもって、全国のパチンコ店からCR機は撤去されました。これ以降、新しい基準に合ったP機と呼ばれるパチンコ機種が主流となっています。

CR機とP機の主な違いは何ですか?

2018年2月のパチンコ法改正により、CR機からP機への完全移行が決定しました。P機は出玉率や大当たり時の最大ラウンド数などが厳格化されており、一攫千金を狙いにくくなっています。

CR機が撤去された後、どのような選択肢がありますか?

CR機が撤去された後は、新基準に合ったP機で遊ぶしかありません。P機は出玉率や大当たりの条件が厳格化されていますが、それでも多くのパチンコファンに愛されています。

CR機の「確変」機能とは何ですか?

CR機には「確変」と呼ばれる特定の条件下で高確率で大当たりを引ける機能がありました。この機能は、CR機が登場した1992年以降、多くのパチンコファンから絶大な支持を受けました。