Nozomi Kato - 最終更新日 2024年 5月 11日 | 日本カジノ

この記事でわかること

  • 世界からみた日本は観光国なの?
  • 日本の観光産業を成長させるために
  • 日本の観光業改善ポイントは?

「日本にカジノの建設予定があるけど、建設後日本の将来がどうなるか心配…」という方必見!

この記事では、日本のカジノはどうなるのかや日本の観光業の特徴、観光業改善のポイントなどを解説します!

最後まで読めば、日本カジノの今後もわかります。

日本は今後の目標として、観光立国を目指していこうとしています。そこで、さらに観光客に多くのお金を落としてもらおうとカジノが合法になり、新しいIR施設までも計画することになったのです。

日本でカジノ法案が可決されたというニュースは皆さまご存知かと思いますが、なぜ急に日本がカジノを合法にしてまで、日本の観光業を盛り上げようとしているのでしょう?

十分多くの訪日外国人を受け入れているように見えますが、世界の観光国と比べると、日本の観光業はまだまだ伸びしろがあるようです。

世界からみた日本は観光国なの?

厳島神社世界遺産

外国人観光客を増加させることや、カジノクラブへ誘導して観光収益を伸ばすことなどを目的に可決された日本のカジノ法案ですが、今の段階で日本の観光産業は世界からみてどのような立ち位置なのでしょうか。

新型コロナウイルスが流行する前である2019年の訪日外国人旅行者数は「約3,100万人」です。

日本の外国人旅行者受入数ランキング(2019年)では、世界で12位、アジアでは中国、タイに次ぐ3位にランクインしています。

外国人旅行者受入数(2019年)の世界1位はフランスで、旅行者数は8,900万人を超えています。

 

観光収益ランキングは?

経済面からみる2019年の国際観光収入ランキングでは、日本は461億ドルの収入を達成しており、世界で7位、アジアではタイに次ぐ2位にランクインしています。

国際収入ランキング(2019年)の世界1位はアメリカで、収入は1,900億ドルを超えています。

 

観光業は経済収益の何パーセントを占めている?

日本の観光業は経済収益のわずか「約0.5%」しかありません。

日本の経済収益のなかで最も大きな割合を占めている業界は製造業で、全体GDPで「約20.0%」の収益を出しています。

海外に目を向けると、観光業が主要産業である国には、フィリピン(約24.7%)やモルディブ(約20.2%)、タイ(約19.0%)などがあります。

観光国のイメージが強い日本ですが、経済収益からみるとわずか0.5%の収益しかなく、今後さらなる発展を期待できる産業です!

 

日本の観光産業を成長させるために

横浜カジノ施設予想

日本の観光産業を成長させることで、日本の経済はもっと豊かになることは確かです。

観光産業を成長させるための方法のひとつにカジノを含む統合型リゾート施設の建設があり、カジノ法案が可決された経緯があります。

近い将来、カジノを含むIR施設が日本国内に最大3か所の建設が予定されており、年間3,000億円以上の利益が見込まれています。

日本の観光産業を成長させるためには、マカオや韓国、シンガポールなどのIR施設の成功例を参考に、外国人観光客をターゲットにした日本のIR施設の運営が欠かせません!

 

日本の観光業改善ポイントは?

日本の観光業をさらに発展させるために必要な改善ポイントを2つ紹介します。

 

ポイント1. アジア地域以外からの外国人観光客の獲得

日本を訪れる外国人観光客の割合は、韓国や中国、ベトナム、タイなどのアジア地域からの外国人観光客が70%以上を占めています。

ヨーロッパやアメリカ地域からの訪日外国人数は30%未満のため、アジア地域以外の観光客獲得が大きな改善ポイントです。

ヨーロッパやアメリカ地域の訪日外国人数が少ない原因は、リゾート地の少なさや英語対応力の弱さなどがあります。

今後のカジノを含む統合型リゾート施設誕生をきっかけに、日本の観光業の改善ポイントを明確化し、アジア地域以外からの外国人観光客増加を狙うことが大切です!

 

ポイント2. 外国人観光客の訪問地域の偏り

日本へ訪れる外国人観光客の訪問地域には大きな偏りがある現状です。

新型コロナウイルス流行前である2019年の都道府県別訪問率ランキングでは、東京都や大阪府、千葉県、京都府などの主要都市が大半を占めています。

主要都市以外の地方の魅力を世界に発信したり、地方にカジノを含むIR施設を建設したりすることで、訪問地域の偏りの改善を期待できます!

 

今のところ、日本国内で開設できるIR施設は最大3か所までと決められています。

外国人観光客をターゲットに運営される予定のIR施設ですので、訪日外国人の方に人気な都市を選ぶとして、関東に一つ、関西に一つ、また北海道や沖縄に一つ設置すると考えて、関東・関西の二つの施設で少なく見積もっても年間3000億円の利益を生み出すと予測されています。

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

日本のカジノはどうなる?まとめ

日本には、近い将来にカジノを含む統合型リゾート施設の建設が予定されており、1か所は大阪府の夢洲に決定しています。

カジノを含むIR施設が誕生することで、さらなる観光業の発展が期待されており、観光業の収益増加も見込まれています。

日本が観光立国を目指すために必要なことは、日本の観光業の弱い部分を改善していくことが大切です!

よくある質問

Q1: 日本でカジノはいつ開業する予定ですか?

A1: 大阪などの候補地では、現在カジノ施設の建設が進行中であり、2030年前後の開業を目指しています。カジノ法案が成立して以来、計画は順次進められています​。

Q2: 日本のカジノが観光に与える影響は何ですか?

A2: 日本のカジノは、国際観光の拠点として設計されており、多くの観光客を惹きつけることが期待されています。特に大規模なインフラと統合型リゾート(IR)の導入により、新たなエンターテイメントの場としての役割が予想されます​。

Q3: カジノの導入で期待される経済効果はどのようなものですか?

A3: カジノの導入は、直接的な雇用創出や観光収入の増加、さらには関連産業への好影響を通じて、地域経済の活性化が期待されます。大阪の例では、カジノを核としたIR施設が地域の経済成長に貢献するとされています​。

Q4: カジノ導入に対する日本国内の意見はどう分かれていますか?

A4: カジノ導入は賛否両論あり、経済効果や観光促進のメリットを指摘する声がある一方で、ギャンブル依存症のリスクや社会問題の懸念も指摘されています。特に、地元住民の間では意見が分かれている状況です。