ラッキーセブンというワードをよく耳にしますが、どのような印象を持ちますか?

一般的に、ラッキーセブンとは良い数字としての印象を持たせてくれますよね?

スロットゲームでも、7が三列並んだ途端にボーナスに突入したり、大きなチャンスがきそうな前兆をも想像させてくれますね!

では、そもそもラッキーセブンの由来は何なのでしょうか?

よくご紹介しています日本人にも人気急上昇中のオンラインカジノサイトで遊べるビデオスロットでも、幸運な数字は7であることがほとんどです。

つまり、ラッキー7の由来は日本発祥なのでしょうか?

今回ここのページでは、そんなラッキー7の由来を全て解説していきたいと思います!

 

ラッキーセブンの由来とは?

ラッキーセブンがなぜ幸運の数字になったのでしょうか?

その歴史を辿ってみると、英語圏の西洋地域から来ているようです。

・キリスト教の聖書からきた説

ラッキーセブンキリスト教

キリスト教の旧約聖書の冒頭のストーリーは、神が7日間かけて地球を誕生させたというストーリーが載っています。

1日目に光を造り、2日目に空を造り、3日目に陸と海が造られ、4日目に太陽と月を造り、5日目に海の生き物と鳥が作られ、6日目には陸に住む動物と人間を造り、7日目に休息を取ったという有名なストーリーがあります。

これが、ラッキーセブンの由来だと言う人もいます。

・天文学との関係からきた説

天文学との関連で、太陽を含む惑星の数が7つであることや、月の満ち欠けのサイクルは7日間とも言われています。

また、神話物語で出てくる最高神には牛の角を持っていて、牡牛座の星が7つの星から成り立っていることなども7が良い数字であることを意味しているそうです。

これらのように、偶然ですが人が作り出せないような関わりがあるため、信憑性も高いと言われています。

・カトリック教会の七元徳の説

キリスト教のなかのカトリック派の方たちが信じている七元徳からラッキーセブンがきているとの説もあります。

七元徳とは、カトリック教会の教義における7つの徳のことを指します。

それは、「知恵」「勇気」「節制」「正義」「信仰」「希望」「愛」の徳のことを示し、これらを信じたり、心の中で思うことにより、徳を積むことができると信じられています。

・日本の七福神の存在からきた説

七福神ラッキーセブン

西洋のみではなく、日本の文化からも7が縁起の良い理由として、七福神の存在があります。

七福神とは、福をもたらす日本の七柱の神のことをいい、「恵比寿」「大黒天」「福禄寿」「毘沙門天」「布袋」「寿老人」「弁財天」とされています。

それらは仏教や神道、道教などの様々な宗教的背景からきた考え方であり、必ずしも日本のオリジナルという訳ではありませんが、このようにアジアから広がったという点も疑えなくはないですね。

・仏教における数字の7からきた説

西洋や日本のみではなく、仏教からきた数字の7にも重要な要素が背景にあるといいます。

例えば、誰かが無くなった際の「四十九日の供養」という意味で、7日ごとの7回法要の最後の供養がありますね。

また、仏教の考え方の中には「七宝」と呼ばれる7種類の宝が存在し、死んだ後も幸せになれるという極楽浄土の厳格さを示している例えとしての要素があります。

少し言葉は難しいですが、「金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、硨磲(しゃこ)、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)」がこの七宝と呼ばれる要素(無量寿経)で、「金、銀、瑪瑙、瑠璃、硨磲、真珠、玫瑰(まいかい)」もまた宗派の違う七宝と呼ばれる要素(法華経)です。

 

これらのラッキー7から分かることとは?

上記でご紹介してきましたラッキーセブンの歴史についてですが、多くの説と歴史的は背景がありましたね。

西洋からの要素が強いような感じもしましたが、日本でも、他のアジア地域で多く信仰されている仏教からも7という数字が重要なものを指す数字である事も分かりました。

これだけ宗教という存在は、私たち生活の中に影響をもたらすものであることも分かりました。

これらの歴史から、ラッキーセブンの由来を特定することは不可能に近いですが、何がともあれラッキーセブンとは世界中で広まっている幸せな幸運をもたらす数字であることには間違いありません!

しかし、中国では縁起の良い数字として、8が一番人気のある数字のようです。

中国の方は数字に対する強いこだわりを持つらしく、車のナンバープレートの数や、風水での数などに非常にこだわります。

なぜ8が縁起の良い数字なのかといいますと、8を横に倒すと永遠を意味するインフィニティや、8の発音から財や発展を想像させるものであるからだといいます。

お隣韓国では、3が最も縁起が良い数字だと言われています。

その理由としては、彼らの歴史的な背景になるのですが、朝鮮半島の神話である「檀君神話」のなかで、3の印を与えられたことや、3つの神が登場したことや、3000人を率いて人間界に降りたなど、数多くの3が登場することから、現在でも縁起が良い数字になりました。

世界には、7以外にも縁起の良い数字を挙げている国が多くありますが、基本的にラッキーセブンは世界的に広まっている縁起が良い数字で間違いなさそうですね!

今後も、数字に迷った際は数字の7を選んでみたら、何かラッキーなことが起きるかもしれませんね!