Select Page

ワンハーフアップ法

ワンハーフアップ法は、昔から使われているカジノ手法の一つです。

現在でもオンラインカジノで使える必勝法の中でも人気のあるかけ方で、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの約1/2の勝率、配当が2倍のゲームで使用できる必勝法です。

勝利するとベット額が上がっていくシステムとなっており、勝利が続くことで大きな払い戻しを期待することができます。

また、ワンハーフアップ法は、マーチンゲール法のように負けたら倍額ベットする必勝法とは異なり、勝ったらかけ金をアップさせることに加えて、負けても利益を残せるというやり方になります。

 

ワンハーフアップ法の特徴

ワンハーフアップ法の最大の特徴は、「初めに2連勝することで負けても力が確定する」という点です。

最初に決めておいた連勝数に達することで大きな利益を獲得することができます。

また、ワンハーフアップ法は勝率約1/2で、配当が2倍のゲームで使用することができるため、昔からブラックジャックには最適の必勝法とされていました。

ブラックジャックが好きな方にはぜひ試してほしい必勝法です。

さらに、勝率の高い必勝法と組み合わせることで、より効率よく連勝率をアップすることもできます。

使い方もとてもシンプルなので、ブラックジャックなどのカジノゲーム初心者でも簡単に利用することができます。

自分の勝ちパターンを見つけてオンラインカジノをより楽しみましょう。

 

ワンハーフアップ法の賭け方

ここでは、ワンハーフアップ法のかけ方について詳しく説明していきます。

 

ワンハーフアップ法の手順

ステップ1: 初期ベット額を決める

ゲームを始める前に初期ベット額を決め、2連勝するまで初期ベット額をかけ続けます。 2連勝したらステップ2に進みます。

 

ステップ2: 初期ベット額+初期ベット額の半分をベットする

2連勝後の3ゲーム目は、初期ベット額+初期ベット額の半分をベットします。 例えば、初期ベット額が10ドルだった場合「10ドル+5ドル=15ドル」となります。

 

ステップ3:さらに初期ベッドの半額を上乗せする

3ゲーム目も勝利した場合、4ゲーム目はさらに初期ベットの半額を上乗せしてベットします。初期ベッドが10ドルだった場合は、20ドルとなります。

なお、 初期ベッドの金額が10ドルだった場合以下のようにベット額が変動していきます。

・1ゲーム目:10ドル

・2ゲーム目:10ドル

・3ゲーム目:15ドル

・4ゲーム目:20ドル

・5ゲーム目:25 ドル

・6ゲーム目:30ドル

 

ステップ4:負け、または決めていた連勝数に達したら1セットは終了

負け、または決めていた連勝数に達したら1セットは終了になります。 はじめに決めておいた連勝数に達することで大きな利益を獲得することができます。 

その後は、この手順を繰り返して使います。約1/2の勝率、配当が2倍のゲームなら、どんなゲームでも使うことができますのでぜひ試してみてください。

 

ワンハーフアップ法を使用した場合の推移

2倍の配当があるゲームでワンハーフアップ法を使用した場合の利益は以下の通りです。

ゲーム数 ベット額 累計ベット額 勝利時の累計損益 敗北時の累計損益
1 10 10 +10 -10
2 10 20 +20 0
3 15 35 +35 +5
4 20 55 +55 +15
5 25 80 +80 +30
6 30 110 +110 +50

このように、マンハーフアップ法を使用した場合、 2連勝以上することでどんどん利益が増えていきます。

さらに、 2連勝移行はどのタイミングで負けても損にはなりません。ただし、連勝中に終了した場合と負けて終了した場合の利益に差はありますので、その点は頭に入れておきましょう。 

 

ワンハーフアップ法と相性が良いゲームは? 

ワンハーフアップ法と相性の良いゲームは主に以下のゲームです。

・ブラックジャック

・ルーレット

・バカラ

 

ブラックジャック

ブラックジャックは、心理戦のイメージもあるのですが、実は、ゲームに「勝利するか敗北するか」の2択のゲームなので勝率は1/2となります。

ワンハーフアップ法をうまく活用することができれば、大きな利益を得ることができます。

ルーレット

ルーレットは赤か黒どちらかの色を当てる場合の勝率は1/2で、払い戻しが2倍のゲームです。

バカラ

バカラは配布されたカードの合計、下一桁が「9」に近いプレイヤーが勝利となるシンプルなゲームです。

運要素が強いですが、勝率は1/2ですのでワンハーフアップ法を使うことができます。

さらに、勝率1/2のカジノゲームは、他の攻略法と組み合わせて効果をアップすることもできます。

ハーフアップ法と他の手法をうまい具合に組み合わせながら、自分なりの必勝法を見つけてみてください。

また、多くのカジノゲームに幅広く利用することができる必勝法の一つとして、コイントス法という誰でも簡単にできるというのが最大のメリットのものもありますので、まずは簡単な方法を使いながらゲームに参加していきましょう!

 

ワンハーフアップ法を使うメリット

ワンハーフアップ法を活用すると、以下のようなメリットがあります。

・手順がシンプルで簡単

・連勝に伴い利益が増える

・2連勝すれば利益が必ず出る

 

手順がシンプルで簡単 

ワンハーフアップ法は、 2連勝それまでゲームをプレイし、2連勝後(3ゲーム目)は「初期ベット額+初期ベット額の半分をベット」 かけるという非常にシンプルな手順で行うことができます。

他の攻略法は紙にメモしながら行うものもある中で、ワンハーフアップ法は1ゲームごとに難しく考える必要はないので、カジノゲーム初心者でも気軽に活用することができます。

また、初期ベット額や連勝数を自分で設定し、調整できるのもハーフアップ方も魅力です。

 

連勝に伴い利益が増える

ワンハーフアップ法は、連勝をすることで大きな利益を獲得することができます。

すでに説明したように、初期ベット額が10ドルだった場合、3連勝目で35ドル、4連勝目で55ドル5連勝目で80ドルもの利益を獲得することができるのです。

もちろん初期ベット額を増やすことで勝利した時の利益はさらに多くなります。

あらかじめ自分で決めておいた連勝数に達することで大きな利益を得ることができるのは、ワンハーフアップ法のとても大きなメリットと言えます。

 

2連勝すれば利益が必ず出る

ワンハーフアップ法は、2連勝できればたとえ負けたとしても必ず利益を得ることができます。

連勝が続けば続くほど、負けた時に残る利益も大きくなりますので損益がかなり減ります。

以下の表は負けてしまった場合でも残る利益を示したものです。

ゲーム数 1ゲーム目 2ゲーム目 3ゲーム目 4ゲーム目 5ゲーム目  6ゲーム目
ベット額 10ドル 10ドル 15ドル 20ドル 25ドル 30ドル
支出額  -10ドル 0 +5ドル  +15ドル +30ドル +50ドル

2連勝後の3ゲーム目に負けてしまうと残る利益は少なくなってしまいますが、連勝が続き5ゲーム目でストップした場合に残る利益は+30ドルとなっており、とても高額です。

設定した連勝数を少なくすればいいセットの成功率は上がり、連勝数を多くすればするほど手元に残る利益が多くなるということです。

ただし、2連勝後に連敗してしまうとだんだんとマイナスになってしまいますので気をつけましょう。

 

ワンハーフアップ法を使うデメリット

コイントス法には、以下のようなデメリットも存在します。

・連勝できなければ稼ぐこともできない

・時間がかかる場合もあるため根気が必要 

・やめ時は自分で決めなければいけない

 

連勝できなければ稼ぐこともできない

前提としてワンハーフアップ法は2連勝できなければ、ワンハーフアップ法を開始することができません。

3連勝以上することで初めて利益が発生しますので、そこまで練習をしなければならないのです。

勝ち負けが交互に続く場合は、損失は出ませんが利益も出ません。

また、 2連勝した場合でも負けが連続で続いてしまうと収支が だんだんとマイナスになっていってしまいます。

ワンハーフアップ法は、ゲームの勝率が1/2を超えないと利益が出ない必勝法であるということは頭に入れておきましょう。

 

時間がかかる場合もあるため根気が必要

ワンハーフアップ法は、あらかじめ自分で設定していた連勝数に達成するまでそれなりの時間がかかります。

設定していた連勝数に達するまでゲームを続ける必要があるため、十分な資金と根気も必要になっていきます。

もちろん、連勝数を多く設定している場合は、さらに時間がかかりますので、長期戦になるかもしれないということは覚悟しておきましょう。

 

やめ時は自分で決めなければいけない

ワンハーフアップ法をやめるタイミングは、自分で設定しなければいけません。

連勝が続いている場合ならそのまま続けても大丈夫ですが、連敗が続いてしまっている場合は、深追いせずに自分のタイミングでやめるようにしましょう。

せっかくの必勝法でも、むやみやたらに使ってしまっては意味がありません。

程よいところでやめるのも、カジノゲームを楽しむコツのひとつです。

 

ワンハーフアップ法を使う際のポイント

ここではワンハーフアップ法を使う際のポイントを2つ紹介していきます。

 

連勝率の高い必勝法と組み合わせる

ワンハーフアップ法を使ううえで頭に入れておくと良いポイントは「連勝率の高い必勝法と組み合わせることで利益を効率的に伸ばせる」ということです。

何度も説明したようにワンハーフアップ法は、2連勝以上することで利益を得ることができる必勝法です。

そのため他の連勝率の高い必勝法も活用することで、より利益が出やすくなるというわけです。

 

ベーシックストラテジーとの相性がいい

ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックの基本ともなる必勝法のことです。

この方法とワンハーフアップ法を組み合わせることで勝率アップにつながります。

最初は少々難しく感じあるかもしれませんが、ブラックジャック初心者の方は習得していて損はありません。

 

ルーレット必勝法と組み合わせる

ワンハーフアップ法は主にブラックジャックの必勝法として昔から知られています。

しかし、勝率が1/2、配当が2倍以上のゲームであればどのゲームでも使用することができます。

その中でもルーレットは、勝率が80%を超える必勝法が多数ありますので、自分に合った必勝法を見つけて、ワンハーフアップ法と組み合わせて使ってみるとよいでしょう。

 

ダブルエクスポージャーブラックジャックで使う

Double exposure blackjack(ダブルエクスポージャーブラックジャック) は、 プレイヤーが圧倒的に有利となるルールを採用したブラックジャックのひとつです。

最初からディーラーの手札が2枚オープンになっているという特徴があります。そのため3枚目のカードを考えるのがとても簡単になっています。

このように、連勝がしやすいためワンハーフアップ法を使いやすいカジノゲームといえます。

 

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!