オンラインカジノ入出金で利用できる仮想通貨:イーサリアム

(Ethereum)

payment-ethereum

イーサリアム(Ethereum)とは、世界でもトップクラスで利用されているブロックチェーンのプラットフォームの1種類になります。

イーサリアムは、2015年に創設されて以来多くの取引が実施されており人気です。

2020年に発表された仮想通貨の取引ランキングでは、1位のビットコインに続いて2位と多くの人が利用している仮想通貨として知られています。

イーサリアムは企業が運営しているわけではなく、個人間での共同運営という形がとられていて流通しているのが特徴です。

2015年以来長年に亘り多くの方が利用しており、仮想通貨初心者でも始めやすい通貨となっていますので、オンラインカジノの入出金方法としても多くが対応しています。

他にも「リップル」という仮想通貨も広くオンカジ入出金で利用することができますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

イーサリアムの運営方法

イーサリアムでは、先ほど紹介したように個人間で共同運営している形がとられている非中央集権型の仮想通貨になります。

中央集権型のシステムだと企業や政府などが中心となり運営していますが、イーサリアムでは運営母体を持っていません。

そのためアプリの開発やプログラムの発展などは全てユーザーによって決められます。

イーサリアムでは何か決めなければいけない時には、ユーザー同士で投票して決定されるのが特徴的です。

投票を実現するために、オープンソースと呼ばれる手法を用いて情報公開を実現しています。

イーサリアムは民主的で透明性の高い運営方法を実現しており、安心して利用することができる仮想通貨なので、ぜひ利用を検討してみましょう。

 

イーサリアムで入出金することのメリット・デメリット

ethereum-good-points
イーサリアムは、2015年の公開以来多くの人が利用しています。

イーサリアムはメリットが多いですが、デメリットもあり取引する前に知っておくことが重要です。

ここではイーサリアムで入出金する際のメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

 

イーサリアムのメリット

イーサリアムは、世界でもビットコインに次ぐ利用料を誇る人気仮想通貨になります。

多くのユーザーが利用している理由は、リスク回避や匿名性が高いなど様々なメリットがあるからです。

ここではイーサリアムのメリットを4つ用意したので、詳しく見ていきましょう。

 

イーサリアムはリスク回避ができる

イーサリアムでは、「スマートコントラクト」と呼ばれる取引条件が用意されています。「スマートコントラクト」とは取引内容をあらかじめ決定して、決定した取り決め内容で自動的に実行される取引です。そのため不正な取引に引っかかる可能性が低くなり、仮想通貨初心者でも安心して取引ができる構造が作られています。しかしイーサリアム以外の仮想通貨では、「スマートコントラクト」の採用されていないことも多いです。仮想通貨取引の不安点として、持ち逃げされる可能性など様々なリスクがありますが、イーサリアムで採用されている「スマートコントラクト」は安心して使えるので、ぜひ利用しましょう。

 

イーサリアムは匿名性が高く安心できる

イーサリアムは匿名性が高く、個人情報を公開しなくても売買することができます。

イーサリアムはオンラインカジノの入出金などでも多く利用されていますが、入金方法で個人情報の扱い方に違いがあり個人情報の扱いはとても重要です。

クレジットカードを利用して入金する場合は、カードに記載されている個人情報をオンラインカジノ会社に提示しなければいけません。

また電子決済でも個人情報の提出をしなければならないことが多いです。

しかしイーサリアムで入金した場合は、イーサリアムの口座と個人情報を結びつけることがありません。

個人情報を公開することなく利用することができて、匿名性が高いのが特徴的です。

 

イーサリアムはアプリが多い

イーサリアムでは多くのアプリがあり、様々な用途で利用することができます。現在イーサリアムで利用されているアプリの例としては、「仮想通貨ウォレット」や「ゲーム」など様々です。

「仮想通貨ウォレット」では、個人間やマーチャントへの支払いを直接実行することができます。

生成時間もイーサリアムが15秒に1回と高速で、ビットコインの10分に1回よりかなり短縮されているので、利用しやすいです。

また「ゲーム」でも利用することができ、アセットを貯めることや出金することなど用途は様々あります。

他にも「金融アプリケーション」や「分散型マート」などでも利用することができるので、ぜひイーサリアムを利用してみましょう。

 

Dappsの開発

イーサリアムは「Dapps」の開発をおこなうことができるので、大きなメリットとして多くの方が利用しています。

ビットコインなどの仮想通貨は、取引を行うことを中心に開発されましたが、イーサリアムは分散型アプリケーションとしても作られた経緯があり、とても便利です。

イーサリアムは保守的なブロックチェーン技術を採用しているため、様々なアプリケーションを記録できるのも特徴的になります。

「Dapps」は、分散型アプリケーションを開発することができて、さらに仮想通貨としても利用することができるので、開発に興味ある方もぜひ利用してみましょう。

 

イーサリアムのデメリット

イーサリアムはアプリが多く匿名性も高いため、安心して利用することができる仮想通貨の1つです。

しかしイーサリアムは、メリットばかりではありません。ここではイーサリアムのデメリットについて3つ詳しく見ていきましょう。

 

イーサリアムは初心者に少し難しい仮想通貨

イーサリアムは、仮想通貨を利用したことがない初心者にとって少し扱いが難しく感じるかもしれません。

イーサリアムはビットコインと比較した時に使いにくく感じてしまうのがデメリットの1つです。

例えば2015年の公開から現在にかけて長年に亘り多くのユーザーがイーサリアムを利用してきましたが、公開当初から現在までもビットコインより入手がしにくい仮想通貨として知られています。

イーサリアムはビットコインと比較して入手がしにくいため、仮想通貨を始めた初心者にとって利用しにくい決済方法なのではないでしょうか。

 

イーサリアムに対応しているオンラインカジノが少ない

オンラインカジノでは、仮想通貨を決済利用可能対象に扱っている場合があります。

ビットコインをはじめ多くの過疎王通貨を利用することができますが、イーサリアムは対応しているオンラインカジノが少ないです。

実際に世界でも2番目に利用されている仮想通貨ですが、オンラインカジノで決済しようと考えている場合に利用者によっては少し不便に感じるかもしれません。

大手オンラインカジノサイトはイーサリアムの利用を採用している場合が多いですが、少しマイナーなサイトの場合採用していないことも多いです。

イーサリアムはオンラインカジノに対応している場合もありますが、まだまだ対応が少ないので注意しましょう。

 

IOC規制がある

イーサリアムはプラットフォーム型の仮想通貨として、誰でも簡単にトークンを発行することができます。

しかし2017年から2018年の2年間にかけて、トークンを悪用した詐欺が流行しました。

その結果として世界では、IOC規制が導入されて仮想通貨への取引を制限しています。

そのため多くの国でIOCが厳しく規制されているので、前よりも取引することが難しくなりました。

イーサリアムは利用しやすい仮想通貨として人気ですが、IOC規制で安全性が高まり、結果としてIOC規制事態の発展に少しブレーキがかかってしまっておりデメリットとして覚えておきましょう。

 

イーサリアムの将来性

イーサリアムはビットコインに続いて世界で2番目の取引量があり、評価の高い仮想通貨になります。

そのため現時点でも多くの人に利用されていますが、今後どのようになるのか気になりますよね。

実際にオンラインカジノで入出金する場合など様々な場合に利用することが考えられますが、購入した時よりも価値を落としたくないといった人も多いです。

ここではイーサリアムの将来性について理由を4つ検証しながら詳しくみていきましょう。

 

イーサリアムを含めNFT市場のさらなる拡大

2021年からNFT市場が急拡大しており、仮想通貨市場がかなり注目を受けています。

NFT市場が急拡大した結果としてイーサリアムの価格も高騰しており、これからも期待が大きいです。

NFTはデジタルデータを唯一無二のものとすることができる方法として、アートなど様々な物に使われはじめました。

イーサリアムもNTFのトークンである「ERC-721」を受けており、デジタルデータを唯一無二のものとして登録しています。

イーサリアムはNTFで唯一無二のものとして登録することができており、今後も拡大する可能性が高いとしてぜひ注目していきましょう。

 

イーサリアムの先物取引デビュー

2021年10月19日に世界で最も取引されているビットコインが先物取引デビューしました。

そのため世界でも2番目に取引量が多いイーサリアムの先物取引が登場して以来、価格が上がるのではないかと期待がかかっています。

ではいったいなぜイーサリアムが先物取引デビューすると価格が上がるのかというと、ビットコインの例が影響していて重視されているからです。

ビットコインは先物取引登場後に過去最高額をつけて、高い評価を受けました。

イーサリアムはビットコインに続いて先物取引に登場した場合、イーサリアムの取引量が増えるのではないかと期待されているので、先物取引のニュースを欠かさずチェックしましょう。

 

イーサリアムの分散型金融のさらなる発展

分散型金融はイーサリアムとの関係が深く、イーサリアムの発展には欠かせない分野として市場から注目を浴びています。

分散型金融は、管理者を置かずに全員の信頼のもとに取引する方法です。

今後分散型金融がさらなる発展をすると、イーサリアムも大きく成長する可能性があります。

特にイーサリアムとブロックチェーン技術の関係性は深く、今後の発展には欠かすことができません。

世界でも2位とトップクラスの取引量を誇るイーサリアムは、高騰する可能性が高いです。

分散型金融の発展に関する情報を十分にチェックして、取引するようにしましょう。

 

イーサリアムが有名企業と提携

現在イーサリアムでは有名企業と提携を結んでおり、同じプラットフォームを利用したプロジェクトが多くあります。

将来的にさらなる有名企業と提携を結べば、イーサリアムの市場はさらなる拡大する可能性があり、将来性はとても高いです。

2022年にイーサリアムと提供を結んでいる企業は「マイクロソフト」や「トヨタ自動車」など誰でも知っている有名企業と提携しています。

今後さらに大きな企業と提携を結ぶと、イーサリアムの価値が高騰する可能性があり、将来性が高いのではないか注目されているので、イーサリアムとの提携ニュースを欠かさずチェックしてください。

 

イーサリアムの購入方法

イーサリアムを購入するためには、おおまかに4つのステップを踏むことで誰でも簡単に売買することができます。

イーサリアムは匿名性が高く、使用できるアプリが多く用意されており、仮想通貨の中でもメリットが多いです。

ここではイーサリアムの購入方法をステップごとに詳しくみていきましょう。

 

ステップ①利用する取引所を決めよう

まず最初にすべきこととして、イーサリアムを取引する取引所を決める必要性があります。

取引所を決めることは仮想通貨用の口座を作ることになるので、イーサリアムを扱っている取引所を探しましょう。

有名な取引所としては「DMM Bitcoin」や「Coincheck」など日本人が多く利用している会社が多いので、おすすめの取引所になります。

各取引所ではレバレッジや取引量などが発表されているので、ご自身の使いやすい取引所を選ぶようにしてください。

 

ステップ②取引所に登録しよう

ステップ①で決められた取引所に、口座開設のため登録する必要があります。

仮想通貨の取引所に口座を作るためには、基本的に「運転免許書」や「パスポートなど」個人を証明することが必要です。

各取引所では必要な証明書の設定に違いがあるので、各取引所が必要な証明書を提出するようにしましょう。

また取引所に登録するまでの流れは、「取引所にメールアドレスの登録」→「個人情報入力」→「各取引所で設定している本人確認書類の提出」→「取引所に本人宛の書類受け取り」→「ログイン情報を入力する」の5ステップです。

各取引所で設定されている流れをよく読み、1つずつクリアしていくようにしましょう。

 

ステップ③入金しよう

ステップ②の取引所に登録が終了すると、取引所の口座に入金する必要があります。

入金方法は各取引所で様々な設定がされており、種類は様々です。

入金方法の例としては、「ネットバンキング」からの入金や「コンビニ入金」など利用できる方法は多くあります。

各利用者の使いやすい方法で入金して、イーサリアムの購入したい金額分を入金するようにしましょう。

 

ステップ④イーサリアムを購入しよう

ステップ④の入金が終わると、あとはイーサリアムを購入するだけです。取引量を設定できる箇所があるので、購入したい分だけのイーサリアムを入力して、購入することができます。

多くの取引所は24時間365日いつでも購入することができることができるので、好きなタイミングで売買しましょう。

 

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!