2018年に日本国内でカジノが合法にされたカジノ法案ですが、なぜ今まで日本ではカジノが違法だったのでしょうか?パチンコや競馬は当たり前に運営されているし、多くの国ではカジノで遊べるし、イスラム教の国では未だにカジノを含めギャンブルは禁止の国が多いですが、日本はイスラム教の国ではないのにも関わらず、なぜ今さらカジノ合法に踏み切ったのでしょうか?

今回は、日本にカジノがない理由について調べてみたいと思います。カジノが合法になった今ですが、実はまだ多くの国民がカジノクラブ開設に対して、マイナスな意見を持っている方が多いそうです。今まで日本でカジノが無かった理由、今後カジノがオープンされる予定から反対意見と賛成意見についてお話していこうかと思います。

日本でカジノが合法にはなりましたが、今現在はその場所をどこに置くかという計画の段階で、実際に日本でカジノを楽しむことはできません。

しかし、日本で遊べるオンラインカジノは存在します!オンラインカジノサイト自体は外国で運営されているものですが、近年は日本人向けに日本語翻訳されたネットカジノサイトも運営されており、24時間いつでも、スマホ一つでどこでも楽しくカジノゲームができます。もちろん実際にお金を賭けて遊ぶので、ゲームに勝った場合は、実際にお金を増やすこともできます!日本で実際にカジノが開設されるまでは、オンラインカジノで練習していこうかと思います!

 

なぜ今まで日本にはカジノが無かったのか

そもそも、日本では賭博行為が禁止されている法律が存在します。

どこの国もですが、特に日本では法律を変えるのにとても消極的です。それは、やはり日本人と日本社会の特徴である、古い文化を尊重し、控えめな態度が美徳とされる文化が大きく関わってきます。基本的に、新しいこと、新しい仕組みへとキッパリと変化するのが苦手な日本人にとって、外国がカジノを合法にして稼いでいるのだから日本も早く真似して始めてみよう!という考え方にはなりません。どうしても、新しく始める際には、その問題点や批判をする国民や政治家が必ず存在します。

カジノが合法へと可決されるまでは、長い期間がかかりました。それだけ、簡単に歴史ともいえる法律を変えるような行動はすぐには起こせないのが日本なのです。別に、日本の文化や政治をバカにしている訳ではありませんが、少なくともこの要因があり、諸外国がカジノで多くの観光収益を生み出している中で、日本はなかなかその波に付いていくことが出来なかったのですね。

また、戦前から賭博とは違法なもので、国民の意識的にギャンブル=悪いことだという意識が植え付けられていました。そのため、今でもカジノやパチンコと聞くと悪だと感じてしまう国民も一定数存在します。

これは、ギャンブルだけではなくて、外国ではあまり悪いこととは思われないタトゥーも同じことですね。

その裏には、反社会グループが関わっているのではないかと、どうしても疑ってしまう国民もいます。カジノで儲けることができると考える国民がいることで、今まで何人もの違法カジノに関わった人が逮捕されています。

そのため、イメージ的にマイナスなイメージを持たれているというのがカジノが日本で合法になかなかなれなかった理由の一つです。

 

日本カジノの反対意見とは?

日本カジノ反対意見

ラスベガスやマカオのカジノ産業をみてみると、これらの都市はカジノ収益に支えられている都市といっても過言ではありません。それほど、カジノというのは大きな収入源になり、国の経済を支えることができる業界なのです。しかし、日本にはカジノ法案が可決されたにもかかわらず、まだカジノ開設に対して反対意見を主張する国民が一定数存在するそうです。

その理由として、

・ギャンブル依存症に陥る国民が増える

ギャンブル依存症の患者が増えることは、カジノ法案可決前からも問題視されていた要因の一つです。

実際に、カジノが実際に運営されている多くの国では、ギャンブル依存症の対策をしているにもかかわらず、カジノに依存している人は増え続けています。今現在既に日本国内には、ギャンブル依存症と呼ばれる、またはその可能性やギャンブルにかかわる問題を抱えた人が、成人の約2%の割合で存在するというデータが出ています。これは、日本の人口数から換算すると、約196万人に相当する数です。既に、ギャンブルから生まれる問題に直面している国民がいるのにもかかわらず、さらにカジノまでオープンしてしまっていいのか、という意見が代表的な反対意見です。

ギャンブル依存症は、その本人だけの問題ではありません。ギャンブル依存症の患者が増えることで、その地域の治安悪化の恐れや、その人が与える家族や職場の悪影響、など広くに影響をあたえます。

しかし、ギャンブル依存症のリスクを下げるために、日本でカジノのオープン後は、入場制限として、入場料や、入場回数制限を設ける予定です。

 

日本カジノの賛成意見とは?

日本でカジノが合法になったということですから、賛成意見が多くあり日本でカジノをオープンさせようと決まったのですね。その理由としては、

・カジノから観光収益を得ることができる

日本がカジノクラブを開設させたい理由の一番が、この観光資源として経済利益を増やすという目的です。日本には海外から多くの観光客を集めます。その観光客がカジノへ遊びに行くことで、日本の観光資源をさらに増やすことができます。日本の観光産業の全体の利益は、日本経済全体収益の数パーセントにしか満たないので、今後日本の観光業の成長として大きな活躍をするかもしれないカジノに期待が込められているのです。

・雇用を増やす

日本でカジノクラブが併設されるIR施設(統合型リゾート)をオープンさせることによって、新しく生まれる雇用数は、一気に増えます。また、多くの企業のビジネスチャンスにも繋がります。これらから、日本企業の成長と、多くの雇用者が増えることで、日本国内の失業者や外国人労働者も増え、結果的に日本経済を活発化させる要因になることでしょう。

しかし、日本で実際にカジノクラブをオープンさせることによる問題点はまだまだ多く残されており、実際の開設までにはもう少し時間がかかりそうです。今後の計画状況を楽しみに待つことにしましょう。