Nozomi Kato - 最終更新日 2024年 6月 05日 | ベラジョンカジノ

「ベラジョンカジノではマーチンゲール法が禁止されている」と目にしたことのある方は多いのではないでしょうか?

マーチンゲール法は一定のルールに従って賭け金を変える、ギャンブル攻略法の1つです。

結論から言うと、ベラジョンカジノでは、マーチンゲール法は特に禁止されていません。

どのような理由でマーチンゲール法の禁止が噂されているのか、その理由を本記事で詳しく解説しています。

マーチンゲール法を利用する際の注意点もまとめてあるため、普段オンラインカジノを利用している方はぜひ参考にしてみてください。

 

マーチンゲール法とは

verajohn-casino-image

マーチンゲール法とは「負けたら、次の賭け額を2倍にする」賭け方です。

たとえば1$を賭けて負けた場合、次は2倍の2$を賭けます。

負けるごとに4$、8$、16$と賭け金を増やしていき、勝利した際は最初の1$に戻る仕組みです。

バカラやルーレットの赤黒ベットなど、勝率が50%でなおかつ勝った時の配当が2倍のゲームでマーチンゲール法はおもに利用されています。

 

ベラジョンカジノでマーチンゲール法の禁止が噂されるのはなぜ?

ベラジョンカジノでマーチンゲール法の禁止が話題にのぼるのは「マーチンゲール法が理論上では負けない賭け方」であることが理由に考えられています。

たとえ負けが続いていても、マーチンゲール法で賭け金を2倍に増やしていくと、一度の勝利でそれまでの損失を補填できる計算です。

例)

1$からスタート

2$で勝つ(トータル3$の賭け)⇨4$の返り(1$の増加)

4$で勝つ(トータル7$の賭け)⇨8$の返り(1$の増加)

8$で勝つ(トータル15$の賭け)⇨16$の返り(1$の増加)

※まるまる倍の金額が返ってくることはありませんが、わかりやすいように2倍で計算しました

 

損失をカバーできるほか、コツコツと元金も増やしていけるため「それではベラジョンカジノが不利になる。だから禁止されているのでは…」と噂が広まった可能性があります。

ネットを見ていると、マーチンゲール法で稼いでいる方もいらっしゃいます。

サイトから禁止されている訳ではないため、ベラジョンカジノでマーチンゲール法を使うことは可能です。

しかし、ベラジョンカジノ以外のサイトでは禁止されている場合があるため、ご注意ください。

 

マーチンゲール法のデメリットと実践するうえでの注意点

一見すると「マーチンゲール法を使えば、損をすることなく必ず勝てるのでは…」と考える方もいるでしょう。

しかし「賭け金(負ける回数)の上限を決めておく」ことと「ボーナスでは行わないこと」の2点には十分お気をつけください。

 

連敗すると賭け金が急増する

マーチンゲール法は、連敗が続くと賭け金が急激に増加するデメリットがあります。

最初は1$だったとしても、7連敗をすると次の賭け金は288$まで膨れ上がります。

バカラでは50%の勝率とされているため、確率は極めて低いでしょう。

しかし、大型連敗の可能性はゼロではないため「○連敗したら最初に戻る」と、上限を決めておくことが大事です。

せっかくコツコツ積み上げてきた金額も一度の敗戦でなくなるばかりか、大きなマイナスになるおそれもあります。

 

ボーナスでは行わない

ボーナスでは賭け金の上限が設けられている場合があるため、マーチンゲール法でどんどん賭け金を増やしているとその上限を超える可能性があります。

ボーナスはボーナスで使い終わり、その後入金したお金でマーチンゲール法を利用するようにしましょう。

 

まとめ

マーチンゲール法は、連敗時の損失をカバーできる「理論上では必ず勝てる賭け方」だといわれています。

ベラジョンカジノでの禁止を耳にする場合もありますが、特に使用が制限されているわけではありません。

マーチンゲール法は初心者でも使いやすい攻略法です。

「連敗の上限を決めておく」「ボーナスでは使わない」の2点に気をつけ、ベラジョンカジノでカジノ必勝法を活用してみてください。