- 最終更新日 2023年 11月 20日 | 日本カジノ

この記事で分かること

  • 大阪IRとは?
  • 大阪IRの施設概要は?
  • 大阪IRの効果や地域への貢献は?

「大阪にカジノ施設ができるらしいけど、施設概要や効果がわからない…」という方必見!

この記事では、大阪IRの概要やオープン時期を解説します!

最後まで読めば、大阪IRの効果や地域への貢献も分かります。

大阪IRの建設着手は2025大阪万博以降であり、2029年秋から冬ごろのオープンを目指しています!

 

2016年12月に統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立して以降、日本国内で大阪IRや長崎IR、カジノなどのワードが飛び交うようになりました。

この記事では、大阪IRの概要や施設、効果、地域への貢献、オープン時期などを詳しく解説します。

大阪IRとは?

大阪IRとは?

大阪IRとは、大阪府大阪市此花区に位置する人口島「夢洲(ゆめしま)」に開業が予定されている施設のこと。

IR(アイアール)は、国際会議場や展示場、ホテル、レストラン、ショッピングモール、エンターテイメント施設、カジノなどで構成される施設のことを指し、別名「統合型リゾート」とも呼ばれます。

大阪府および大阪市では、大阪IRの実現を契機に、夢洲をベイエリアの新たなにぎわいの拠点にすることを目的としています。

 

大阪IRは誰が経営するの?

大阪IRは、民間事業者が設置および運営を手がけます。

IRは「民設民営」の事業であり、大阪府や大阪市、第三セクターがIRの整備や運営を行うことはありません。

民間が設置から運営まで手がけることができるため、自由かつ質の高いサービスを期待でき、老若男女問わず誰もがリフレッシュできる施設を建設できます。

大阪IRの施設概要

大阪IRの施設概要

大阪IRは、大阪IR株式会社が夢洲への設置および運営を行います。

大阪IR株式会社は以下の構成です。

  • 中核株式:合同会社日本MGMリゾーツ、オリックス株式会社
  • 少数株主:関西地元企業を中心とする20社

 

大阪IRのコンセプト

大阪IRのコンセプトは「結びの水都」です。

  • 大阪・関西を世界とつなぐゲートウェイ
  • 豊かな水辺空間の魅力を体現

 

大阪IRのビジョン

大阪IRのビジョンは「”WOW” Next」です。

  • “WOW”体験(新鮮な驚きや感動)を提供
  • 新しい”WOW”を地域に届け、地域とともに創出

 

大阪IRは、大阪の経済と観光業に大きな変革をもたらすことが期待されています。しかし、その一方で、ギャンブル依存症のリスクや地域社会への影響など、さまざまな懸念も指摘されています。今後も、このプロジェクトの進展に注目していきましょう!

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

大阪IRの効果や地域への貢献は?

大阪IRの効果や地域への貢献は?

大阪IRを開業することで、財源の確保や地域経済の活性化、雇用促進、子育て支援拡充などが期待されます。

大阪への効果や貢献度は計り知れませんが、ギャンブル依存症や治安悪化などの懸念材料もいくつか存在します。

 

大阪IRの地域経済への効果(推計)

  • 経済波及効果:約1兆1,400億円/年
  • 雇用創出効果:約9.3万人/年
  • 地元調達額:約2,600億円/年
  • 雇用者数:約1.5万人

大阪IRの開業時期

大阪IRの建設予定地である夢洲は、2025年の大阪万博開催地でもあります。

大阪IRの建設着手は2025大阪万博以降であり、2029年秋から冬ごろのオープンを目指しています。

よくある質問

大阪IRとは具体的にどのような施設ですか?

大阪IRは、国際会議場、展示場、ホテル、レストラン、ショッピングモール、エンターテイメント施設、カジノなどで構成される複合施設です。これらは「統合型リゾート」とも呼ばれ、大阪市此花区の人口島「夢洲」に開業予定です。目的は、地域経済の活性化と国際的な観光拠点の形成です。

大阪IRの開業はいつ頃を予定していますか?

大阪IRの建設は、2025年の大阪万博以降に着手され、2029年の秋から冬にかけてのオープンを目指しています。このプロジェクトは、大阪の新たなランドマークとして期待されています。

大阪IRの経済的な効果はどのようなものが予想されますか?

大阪IRの経済的効果としては、年間約1兆1,400億円の経済波及効果、約9.3万人の雇用創出、地元調達額約2,600億円などが見込まれています。これにより、地域経済の活性化や雇用促進が期待されています。

大阪IRに関する懸念点は何ですか?

大阪IRには、ギャンブル依存症の増加や治安悪化などの懸念があります。これらの問題に対処するため、適切な管理と規制が必要とされています。また、地域コミュニティとの調和や環境への配慮も重要な課題です。