Select Page

ダランベール法(ピラミッド法)

 

「ダランベール法(ピラミッド法)」というカジノ必勝法をご存知でしょうか?最も有名なマーチンゲール法と同じくベット額を上げたり下げたりしていくシステムで、マーチンゲールに次いで人気のある方法とも言われています。

ここでは、有名なオンラインカジノ攻略法の1つである「ダランベール法(ピラミッド法)」についてやり方からダランベール法を使うのにおすすめのオンラインカジノまで詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、ダランベール法(ピラミッド法)の特徴としては、初心者カジノプレイヤーでも比較的簡単に扱うことができ、気軽に挑戦していくことができますし、慣れてきたら自己流に応用して使っていくこともできますので、様々な方法でご自身の一番使いやすいオリジナルのダランベール法を導いていきましょう。

ここからは、そんなダランベール法の使えるカジノゲームや、メリット・デメリット、シュミレーション、ダランベール法の使えるオンラインカジノサイトはどこかなどについて解説していきたいと思います。

ダランベール法を実際にオンラインカジノゲームで利用する際には、使い方やルールをしっかりと理解した上で、最初は少ないベット額から挑戦していきましょう。

またまた新しいカジノの必勝法が登場だね!ここからは早速ダランベール法とは、どんな必勝法なのかを解説していくよ!

沢山カジノで使える必勝法を知りながら、ダランベール法の自分との相性を確かめていくよ!

ダランベール法とは?

ダランベール法は別名ピラミッド法とも言われており、18世紀にフランスの数学者・物理学者・哲学者のジャン・ル・ロン・ダランベールが開発したと言われる手法です。

ピラミッド法のその名の通り、ピラミッドのように賭け金を増減させていく必勝法となっています。

ダランベール法は、勝った場合にも負けた場合にも賭けた金額を増減させていくことで、長期的に利益を稼ぐことができるような仕組みとなっています。

コツコツと利益を積み重ねていき、なおかつ低リスクな必勝法ということもあり、オンラインカジノ内でダランベール法の人気は高くなっています。

ダランベール法の特徴の一つとして、低リスク・中リターンを狙えるカジノ攻略法ですので、少ないベット資金で大きく配当金を狙っていくことは出来ません。

しかしながら、あまりカジノ攻略法に関して詳しくないプレイヤーの方が多い中で、低リスクで少なくとも中くらいの勝ちを狙うことができるというのは、魅力があるのではないでしょうか?

ダランベール法のメリット・デメリットに関しては、後程以下で詳しくご紹介していきますが、決して上級者カジノプレイヤーにとってもダランベール法は応用することで様々な賭け方を独自に編み出していくことができますので、非常におすすめです。

ダランベール法とは、低リスク・中リターンの必勝法だから、カジノゲーム初心者の方でも最初のうちは気軽に使っていくことができるから安心できるね!

使う前は、使い方や仕組みをしっかりと確認していかなくちゃね!

ダランベール法に適したゲームは?

ダランベール法は勝率50%程度のゲームに適応することができます。

つまりルーレットの、赤・黒、奇数偶数、ローハイ、バカラ、丁半などです。

 

ただし、バカラの場合はバンカーベットで勝利しても手数料で5%取られることが多いので、ダランベール法の賭け方は、上手くベット額を設定しないといけません。

 例えば、ベット額10ドルで勝利しても9.5ドルしか利益が出ません。負けたら1ドル増やしていくよりも、手数料の方が高くなってしまいます。バカラでダランベール戦術をやるなら初心者の方はプレイヤーベットのみでやるのがいいでしょう。

また、カジノで大人気のブラックジャックですが、ダブルやスプリットがあるのでダランベール法を使うプレイヤーは少ないかもしれません。

ダランベール法のやり方

では、実際にダランベール法のやり方を見ていきましょう。

①スタート時のベット額を決める

ダランベール法を実際に進めていくためには、まずはスタート時の賭け金をいくらにするのかを決める必要があります。

基本的には好きに決めて問題ないですが、資金総額の1〜5%と少額にとどめておくのをおすすめします。

このベースとなるベット額は、自分の資金の状況によって決めるのがおすすめです。資金が多めにあれば5%程度に設定しても問題ないですが、あまりなければ1%程度で始めた方が、リスクが下がります。

 

②増減単位を決める

ベースとなるベット額を決めたら、次に決めるのはゲームに勝った場合・負けた場合に増減させる金額を決めます。

これは、大きすぎると資金的にも精神的にも負担は大きくなるので無理のない額を設定することをおすすめします。額が大きいと、利益も取りやすいですが損失も出やすくなるので、注意が必要です。

例)スタート時の金額5ドル、増減する額1ドル

今回はスタートを5ドル、1ドルを増減する賭け金として設定して進めます。

 

③勝った場合、ベット額を1単位減らす

基本のベット額と増減単位を決めたら、ゲームスタートです。ゲームに勝った場合には、1単位、基本ベット額から減らしていきます。

例)5ドル→4ドル→3ドル→2ドル

この様に、勝つ度に1ドルずつ減らしていきます。

 

④負けた場合、ベット額を1単位増やす

負けた場合には1単位、基本のベット額に足していきます。

例)5ドル→6ドル→7ドル→8ドル

この様に、5ドルから負ける度に1ドルずつ足していきます。

これだけです。ダランベール法は、非常にシンプルな必勝法ですね。

 

ベット額が0になった場合

基本のベット額から増減させていく際、連勝し続けるとベット額が0になってしまいます。

この場合、ダランベール法を今後どのようにしていくのか2パターンありますのでそれぞれ解説します。

 

・ベット額を0にせず1ドルのまま賭け続ける

1つ目のパターンとしてはベット額を0にせず、1ドルまで減ったらそのまま1ドルを賭け続けるという方法です。

これはあくまでゲームに勝っている場合なので、負けた場合は関係なく1ドルずつ足していきましょう。

こちらのパターンでは負けた場合の損失は少なく抑えられるものの、勝った場合にも利益はかなり少なくなっています。

 

・最初に決めた基本のベット額に戻し、①からリスタート

2つ目のパターンとしては、賭け金が0になるタイミングでピラミッド法の最初に戻るという方法です。

こうして再度、勝ち負けの結果によって賭け金を増減させていきます。

 

流れは理解できたかな?ルールは実際にゲーム中で使っていくことで流れを掴んでいくことができるから、早速少ない資金からゲームで使っていくといいよ!

そうだね!慣れるまでは、少額ベットからスタートすることにするよ!

ダランベール法のメリット・デメリット

ダランベール法の流れは分かっていただけたと思います。他の必勝法と比べてダランベール法には、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

 

ダランベール法のメリット

・ベット額が高騰しづらい=大きく負けづらい

ダランベール法は、勝敗によって少しずつベット額を増減させるという特徴があります。これにより、大きく負けるということを引き起こしづらいというメリットがあります

初心者の方やカジノをとにかく長く遊びたいという方には、ピッタリの必勝法と言えるでしょう。

また、もちろん利益が出た時点でダランベール法の流れをストップさせて利益確定でゲームを終わらせることもできますので、損切りのタイミングも同時に決めやすいというのがメリットとしての特徴といえるでしょう。

 

・勝敗が5分5分でも利益を残せる

ダランベール法を使うと、勝率約50%のカジノゲームで、勝敗がもし確率通り5分5分であった場合でも、利益をしっかりと残せます。

これは、ダランベール法は負けた場合に勝った場合よりも賭け金を少なくする仕組みとなっているため、勝率50%でもプラスで終えられるのです。これは大きなメリットと言えます。

大きく勝っていきたいという方にとっては、少し物足りないと感じるかもしれませんがダランベール法の安全性を表しているメリットとも言えますね。

 

・負け越していたとしても、利益を残せる可能性がある

ダランベール法は、基本のベット額と増減額を同じ金額に設定しておくと、4勝6敗と負け越しでも利益を残すことができます

これは基本の賭け金と増減させる賭け金を同金額にしなければ起こらない事象なので、あらかじめ注意しましょう。

 

ダランベール法のデメリット

・勝ち負けが交互だった場合、利益が少ない

ダランベール法のメリットでもありデメリットでもある、という点の一つは勝敗が5分5分だった場合です。

勝ち負けが交互に来た場合、大きく損失が出ることはありませんが、利益も大きく出ることはありません

 

・勝率50%でも連勝からの連敗では損失が出てしまう

基本のベット額や増減額、ゲーム数にもよりますが勝率50%でも損失が出る可能性はあります

ダランベール法は、特に連勝してからの連敗時には、損失が出やすいので注意しましょう。

 

・連勝しても利益が大きく出ない

ダランベール法は、連勝するとベット額が0になります。その時の対応として2パターンの連勝時の損益を見ていきましょう。

ダランベール法のベット額が0となったら1ドルを賭け続けるパターン

1 5ドル 勝ち +5ドル

2 4ドル 勝ち +9ドル

3 3ドル 勝ち +12ドル

4 2ドル 勝ち +14ドル

5 1ドル 勝ち +15ドル

6 1ドル 勝ち +16ドル

7 1ドル 勝ち +17ドル

8 1ドル 勝ち +18ドル

9 1ドル 勝ち +19ドル

10 1ドル 勝ち +20ドル

この様に、仮に10連勝したとしても、利益は20ドルとかなり物足りない結果になります。

 

ダランベール法のベット額が0となったら最初の5ドルに戻るパターン

1 5ドル 勝ち +5ドル

2 4ドル 勝ち +9ドル

3 3ドル 勝ち +12ドル

4 2ドル 勝ち +14ドル

5 1ドル 勝ち +15ドル

6 5ドル 勝ち +20ドル

7 4ドル 勝ち +24ドル

8 3ドル 勝ち +26ドル

9 2ドル 勝ち +28ドル

10 1ドル 勝ち +29ドル

ダランベール法のベット額が0になったときに最初に戻るパターンにおいても、29ドルとあまり大きく利益は伸びていません。

このように、通常の必勝法なら連勝することで大きく利益を伸ばせるのですが、ダランベール法は損失も少ない分、利益もあまり大きく得られないのがデメリットと言えるでしょう。

 

また、余談かもしれませんが、このように複雑な攻略法を使ってプレイするのが難しい、もっと気軽に賭けができるようなカジノゲームがいいという方には、「ハイアンドロー」、「キノ」、「マネーホイール」といった、ダランベール法などの必勝法が効かない運試しのようなカジノゲームもリリースされていますので、こちらも気休めにオンラインカジノサイトで遊んでみてはいかがでしょうか?

どんなカジノの必勝法でもメリットとデメリットは必ず存在するから、この2つをしっかりと理解した上で上手に選択していこう!

ダランベール法のみに限らず、デメリットも頭の片隅に入れながら上手に使っていくよ!

ダランベール法のシミュレーション

ダランベール法を実際にシミュレートしてみます。どんなパターンだと有効なのか見ていきましょう。

5連勝した後、5連敗のパターン

1 5ドル 勝ち +5ドル

2 4ドル 勝ち +9ドル

3 3ドル 勝ち +12ドル

4 2ドル 勝ち +14ドル

5 1ドル 勝ち +15ドル

6 5ドル 負け +10ドル

7 6ドル 負け +4ドル

8 7ドル 負け -3ドル

9 8ドル 負け -11ドル

10 9ドル 負け -20ドル

勝率50%でも連勝から連敗となったゲーム展開では、損益がマイナスとなってしまいます。

ダランベール法は、連敗が続きすぎると回収できなくなってくるのでその場合は、早めに切り上げる方が良いでしょう。

また、損失が出た場合は、損失回収用の必勝法である「マーチンゲール法」「モンテカルロ法」「ココモ法」などを使用するのがおすすめです。

5連敗した後、5連勝のパターン

1 5ドル 負け -5ドル

2 6ドル 負け -11ドル

3 7ドル 負け -18ドル

4 8ドル 負け -26ドル

5 9ドル 負け -35ドル

6 10ドル 勝ち -25ドル

7 9ドル 勝ち -16ドル

8 8ドル 勝ち -8ドル

9 7ドル 勝ち -1ドル

10 6ドル 勝ち +5ドル

勝率50%で、連敗から連勝となったゲーム展開では、損益プラスで終えられます。

また、10ゲーム目以降の展開としては、連勝になったとしても利益を大きく増やせないので、「パーレー法」などで利益を大きく狙っていくのも良いかもしれません。

勝ち負けが交互のパターン

1 5ドル 勝ち +5ドル

2 4ドル 負け +1ドル

3 5ドル 勝ち +6ドル

4 4ドル 負け +2ドル

5 5ドル 勝ち +7ドル

6 4ドル 負け +3ドル

7 5ドル 勝ち +8ドル

8 4ドル 負け +4ドル

9 5ドル 勝ち +9ドル

10 4ドル 負け +5ドル

勝ちと負けが交互となった場合は少しずつですが、利益を増やすことができます。

このままコツコツと堅実に増やすのも良いですが、勝ち負け同数で利益を増やすことができる「ウィナーズ法」などを使用するのも良いでしょう。

7勝3敗のパターン

1 5ドル 勝ち +5ドル

2 4ドル 勝ち +9ドル

3 3ドル 勝ち +12ドル

4 2ドル 勝ち +14ドル

5 1ドル 勝ち +15ドル

6 5ドル 勝ち +20ドル

7 4ドル 勝ち +24ドル

8 3ドル 負け +21ドル

9 4ドル 負け +17ドル

10 5ドル 負け +12ドル

先に7連勝したパターンでは3連敗時の損失は少なく抑えられているので、プラスで終えられます。

7連勝できるような場合には連勝時にしっかりと利益を積み重ねていくことができる「パーレー法」や「グッドマン法」なども活用してみるのがいいですよ。

3勝7敗のパターン

1 5ドル 負け -5ドル

2 6ドル 負け -11ドル

3 7ドル 負け -18ドル

4 8ドル 負け -26ドル

5 9ドル 負け -35ドル

6 10ドル 負け -45ドル

7 11ドル 負け -56ドル

8 12ドル 勝ち -44ドル

9 11ドル 勝ち -33ドル

10 10ドル 勝ち -23ドル

先に7連敗してしまうとその後の3連勝では回収が難しくなります。

プラス3ゲームほど連勝できれば、損益プラスまで持っていけますが、損失回収を優先とする必勝法「マーチンゲール法」「モンテカルロ法」が相性は良いでしょう。

 

本場のカジノクラブでは使えないし、紙も持ち込めないけれど、オンラインカジノであれば紙にも書き放題だから、そうすると分かりやすいね

了解!電卓も隣に置いて、いつでも計算ができるようにするよ!

ダランベール法を使うのにおすすめのオンラインカジノ

では、ダランベールを使うのにおすすめのオンラインカジノをご紹介します。ぜひ参考にして、ダランベール法を試してみてくださいね。

 

ラッキーデイズ

ラッキーデイズは、2019年に設立されたばかりの新進気鋭のオンラインカジノです。

可愛い招き猫が印象的なラッキーデイズのサイトは、初心者でも遊びやすいシンプルな作りになっています。

しかし、新しいカジノでありながら、すでに多くの人気ゲームプロバイダーと提携しており、全1300種類以上ものゲームを楽しむことができます。もちろんスタッドポーカーも遊べますよ。

また、ラッキーデイズは、日本のユーザー向けの入出金方法が用意されているので、JCBでの入金、日本円での入出金が可能です。

日本語サイトの質も高く、日本語サポートも年中無休で対応しているため、初心者もダランベール法の必勝法を使いながら安心してプレイできる環境が整っています。

カジノシークレット

カジノシークレットはキャッシュバックが優れている、非常にお得感の強いオンラインカジノです。サイトデザインも洗練されており、かなり使いやすいオンラインカジノとなっています。

また、カジノシークレットではライブカジノを多く取り揃えています。

お得に遊ぶことができるキャッシュバックもしっかり充実しているので、初心者の方でもダランベール法の攻略法を利用しながら、ルーレットを始めやすいオンラインカジノと言えるでしょう。

ベラジョンカジノ

言わずと知れた日本人気ナンバーワンのベラジョンカジノはゲームの種類が充実しているおすすめのオンラインカジノです。

オンラインカジノで今現在、一番人気と言われるベラジョンカジノですが、日本人向けの手厚いサポートやわかりやすいサイト設計となっており、非常に遊びやすい環境となっています。

ライブカジノも豊富に用意されているので、思う存分ダランベール法を試すことができるしょう。

まとめ

ダランベール法は大きく勝ちを狙う必勝法ではありません。しかし、ダランベール法には、損益が安定するという大きなメリットがあります。

また、ダランベール法で賭け方を徹底していれば利益も積み重ねることができる必勝法なので、絶対に負けたくない勝負時にも使えますよ。

資金の増減が非常に緩やかなので長期的にコツコツと利益を得たいという方にはぴったりなダランベール法というカジノの必勝法なので、ぜひ実戦で使ってみてくださいね。

その他にもブラックジャックなどで非常に有効なカードカウンティングなどがおすすめです。難しそうな印象を持ってしまいそうですが、簡単な方法も存在しますので是非参考にしてみてください。

また、カジノを含めたあらゆるギャンブルにおいて一番有名なオンラインカジノ必勝法・攻略法のマーチンゲール法もおすすめです。とてもシンプルな手法なので、初心者の方にもおすすめですよ。

ルーレットゲームに人気の攻略法としても、様々な方法が用意されており、「バーネット法」、「ラブシェール法」、「グランパーレー法」なども使うことができますので、色々と試行錯誤を続けてみてくださいね。

カジノゲームでは、いくら攻略法を使ったからといって必ず勝てる保証がある訳では決してありません。

カジノゲームと上手に付き合っていけるプレイヤーの特徴として、皆さんその人なりの損切りラインを設定しているということです。

損切りとは、投資の世界でたびたび登場する用語の一つですが、ある一定の額の損失を出したら無理やりにでも賭けや投資活動をいったんストップして、損失を最低限に抑えるということです。

オンラインカジノや投資活動をする方であれば、気持ちは理解できると思いますが、必ずプラス額で終わるという訳ではなく、時には損失を出してしまうことだって常に可能性としてはあります。

そんな時に、その損失額を同じオンラインカジノや投資活動でどうにかして取り戻したいという気持ちが膨らみがちです。

しかしながら、どうにかして取り戻そうと熱くなりすぎると今までの賭け金を増やしたにもかかわらず、全てを溶かしてしまう可能性があります。

取り戻そうと更に賭け金を増やしたにもかかわらず、損失額が増えてしまったら元も子もありません。

そんな時に、今損失額があっても、いったんは冷静に考えるマインドを持って、嫌でもその分の損失は諦めて身を引くことが時には大切になってきます。

でも、どのタイミングで損切リをすればいいのか分からないという方に向けて、一つアドバイスをすると「賭け金が0になった時」がおすすめです。

ダランベール法に限らず、賭け最初に設定している賭け金が0になったということは、追加で増額して賭けをさらに続けていくのは、リスクがあります。

ダランベール法やその他の必勝法を使っていく際にも、この一つのラインの区切りを常に意識していきましょう。

ダランベール法はいつでも最初から使っていくことが可能です。

ゲームの流れが悪くなってしまったら一度回収することは忘れて、2連敗、3連敗した時点で、早めに切り上げてしまう方が身のためでもあるということを理解して、ダランベール法を使いながらプレイを安全に進めていきましょう。

このように目に見えて賭けを今後どうしていく方が自分の為であるのかが分かるダランベール法のメリットは大きいですね。

TOP3 カジノサイト

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!