Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)とは?

Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)とは、大手ソフトウェア会社NetEnt(ネットエント)社から2019年4月にリリースされたオンラインスロットゲームです。NetEnt社は、数多くの人気ビデオスロットを輩出しており、信頼あるゲームプロバイダーとして抜群の知名度を誇っています。

タイトルからも分かる通り、前作「Dead or Alive」の続編(第2弾)となっています。デッドオアアライブ2は前作と比べ、格好良いシンボル、より美しいグラフィックなど、細部までこだわり抜かれたデザインに進化を遂げています。Clash of queensスロットと似てます。

Dead or Aliveシリーズは、西部劇をテーマにしたビデオスロットで、シンボルにはカウボーイのハットや保安官のバッジ、ピストルなどが登場します。

3種類のフリースピンを搭載し高いボラティリティのもと、大きな配当を生み出してくれるDead or Alive 2をぜひ一度プレイしてみてください。

Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)のペイテーブル

Dead or Alive 2のシンボルは、全てアメリカ西部劇をテーマに描かれています。高配当シンボルとして「保安官のバッジ」「ピストル」などが5種類、低配当シンボルとして「アルファベット・数字」が5種類ラインナップされています。

加えて、5人のキャラクターが1人ずつ描かれている5種類の「WILDシンボル」と、2つのピストルが描かれている「SCATTERシンボル」があります。

高配当シンボル配当表

シンボル 配当(×3) 配当(×4) 配当(×5)
バッジ ×30 ×125 ×1000
ピストル ×20 ×100 ×750
ハット ×15 ×75 ×400
ブーツ ×12 ×60 ×300
ウイスキー ×10 ×50 ×200

低配当シンボル配当表

シンボル 配当(×3) 配当(×4) 配当(×5)
A ×10 ×20 ×100
K ×5 ×15 ×75
Q ×4 ×12 ×50
J ×2 ×10 ×40
10 ×2 ×10 ×25

WILD(ワイルド)シンボル

WILDシンボルは、5人のキャラクターが1人ずつ描かれているデザインのものが全5種類ありますが、機能や配当はどれも同じです。機能としては、SCATTER図柄を除く全てのシンボルに代用できるということです。

また、WILDシンボルの配当は以下の通りです。

  • 配当(×3):×25
  • 配当(×4):×150
  • 配当(×5):×1500

SCATTER(スキャッター)シンボル

SCATTERシンボルは、ペイライン関係なくリール上に3つ以上出現することで「フリースピン」に突入することができます。

SCATTERシンボルの配当は以下の通りです。

  • 配当(×2):×2
  • 配当(×3):×4
  • 配当(×4):×25
  • 配当(×5):×2500

配当もペイライン関係なくリール上に2つ以上出現することで、配当成立となります。

Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)のペイライン

Dead or Alive 2のリール数は「5リール×3行」、ペイライン数は「9ライン」となっています。ペイラインは左方向からのみ有効で、同じシンボルが3つ以上揃うことで配当成立となります。

Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)のペイアウト率

Dead or Alive 2のリール数は「5リール×3行」、ペイライン数は「9ライン」となっています。ペイラインは左方向からのみ有効で、同じシンボルが3つ以上揃うことで配当成立となります。

Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)のフリースピンボーナス

Dead or Alive 2の目玉機能が「フリースピンボーナス」です。デッドオアアライブ2のフリースピンは以下の3種類が搭載されており、プレイヤーがいずれか1つを自由に選択することができます。

 

  • Train Heist(トレイン・ハイスト)
  • Old Saloon(オールド・サルーン)
  • High Noon Saloon(ハイ・ヌーン・サルーン)

 

上記のフリースピンボーナスは「Train Heist→Old Saloon→High Noon Saloon」の順で高額配当を狙いやすい仕様になっています。

フリースピン突入方法

フリースピン突入方法は、通常プレイ時に3つ以上のSCATTER図柄を出現させることです。獲得するフリースピンの回数は「一律12回」となっています。

Train Heist(トレイン・ハイスト)

最も長くフリースピンを続けることができる「Train Heistフリースピン」。特徴としては、フリースピン中にWILD図柄が出現する度に「マルチプライヤー×1」と「追加フリースピン×1」が加算されていきます。

 

さらに、マルチプライヤーが16倍までに達すると「追加フリースピン×5」が加算されます。

Old Saloon(オールド・サルーン)

中配当を狙いやすい「Old Saloonフリースピン」。特徴としては、マルチプライヤーが常に「2倍」の状態でフリースピンできるため、全ての配当金が2倍になります。

 

さらに、フリースピン中にWILD図柄を出現させることでWILD図柄1つにつき「追加フリースピン×5」が加算されていきます。

 

さらにさらに、1度出現したWILD図柄はフリースピン終了時まで「スティッキーワイルド」としてリール上に固定されます。

High Noon Saloon(ハイ・ヌーン・サルーン)

最も高額な配当金を生み出すチャンスのある「High Noon Saloonフリースピン」。特徴としては、フリースピン中に出現したWILD図柄はスティッキーワイルドとしてフリースピン終了時まで固定され、同じリール上にWILDが2つ揃った場合は「マルチプライヤー2倍」、3つ揃った場合は「マルチプライヤー3倍」となります。

 

さらに、全リールに1つずつ以上WILD図柄を出現させることで「追加フリースピン×5」が加算されます。

Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)の基本スペック

ゲーム名 Dead or Alive 2(デッドオアアライブ2)
ジャンル ビデオスロット
ゲームプロバイダー NetEnt(ネットエント)社
リール数 5リール×3行
ペイライン数 9ライン
最小ベット額/最大ベット額 $0.09/$9.00
コインバリュー $0.01〜$0.50
ペイアウト率(還元率) 96.82%
オートプレイ機能 あり(1000Gまで)
ジャックポット機能 なし