「マーチンゲール法」は、カジノを含めたあらゆるギャンブルにおいて一番有名な必勝法・攻略法でしょう。株式投資などの世界でも知られているくらいです。

では、マーチンゲール法を使うと確実に勝てるのでしょうか?

「勝てそう感」ではナンバーワンの攻略法かも?

一回勝てばその時点で確実に黒字になる。

敗北したら次は2倍掛ければいいだけというシンプルさ。

このような魅力がありますから、存在を知ってしまえば多くの方がこのマーチンゲール法を試してみたくなると思います。

実際、マーチンゲール法から発展したカジノの攻略法は多いです。

(と言うよりも、大半の攻略法にマーチンゲール法が関わっていると言っても過言ではありません)

だからこそ「マーチンゲール法で大敗する人」が後を絶たないのですが、オンラインカジノなどが好きなのであれば、一回はマーチンゲール法を試して熱狂するのも悪くないと思います。

マーチンゲール法の進め方

非常にシンプルです。

1:俗に言う「売プッシュ」をしていきます。2倍、4倍、8……

2:買った時点でベット金額を戻す

以上です。

マーチンゲール法を試してみよう

では、マーチンゲール法を試してみましょう。

シンプルだからこそ実践してみないと分からない利点と欠点があるはずです。

次のゲームは全部フリープレイです。満足できるまでマーチンゲール法で遊んでみてください。その他のシミュレーションをしたい際にも便利です。

マーチンゲール法の利点と欠点

利点

〇シンプルであり間違えようがない

1セット単位で見れば確実に黒字になる

 

欠点

〇負ければ全部消える

〇いつかは連敗するときが来る

マーチンゲール法を使って、2分の1の確率で勝てるゲームを続けていくとしましょう。

このとき、続けて負ける確率は次のようになります。

1000分の1の確率で、10回連続で負けます。

この「ローリスクさ」こそ、マーチンゲール法の最大の利点と言えるでしょう。

ただ、それは裏を返せば、「続けて負けたときに失うものが大きすぎる」ということでもあります。

ですが、「いやいや、10回も続けて負けるわけないじゃん」と考える方も少なくないのではないでしょうか。これこそが、マーチンゲール法が人々に愛されている理由です。

しかし、冷静に考えれば「マーチンゲール法を使っても、各種確率は一切変動しない」ですよね。「ハイリスクハイリターン」が極端になっているだけです

実践する上ではさらなるハードルが……

ここまで「2分の1の確率で勝てる」という前提で計算してきましたが、現実にはそのようなカジノゲームはほぼ存在しません。カジノ運営が長期的に儲けていくために、いわゆる「ハウスエッジ」を設定しているからです。ですから、上記の計算は机上の空論でしかありません。

また「賭け金の上限」のことも忘れてはいけません。

具体的に言うと、大半のオンラインカジノでは1回のゲームに200$くらいまでしかベットできないようになっています。

ですから、上の表では10回続けて負けた場合で512$、9回続けて負けた場合で256$となっているものの、そこまで一度にベットできることはまずないのです。

許されてもせいぜい78連敗までといったところです。

さらに、10回目のベッドの分も含めると、トータルで1023ドルも賭けることになりますから、その点でも現実的ではありません。軽く10万円以上になりますからね……

どうして「マーチンゲール法」というネーミングなの?

昔、マーティギュー地方(南フランス)の人々は変人揃いでした。

そして、ここの出身者が「倍プッシュ」を続けては敗北していたことから、それをからかう意味で「マーティギューシステム」→「マーチンゲール法」と呼ばれるようになったと言われています。

ただ、これは笑い事ではありません。

マーチンゲール法のことを意識していないとしても「次の勝負で大勝ちすれば、今までの負けなんてチャラになる!」という思考は、ギャンブルをする中で自然に陥ってしまってもおかしくない思考ですから気を付けましょう。

まあ、そういった興奮こそがギャンブルの楽しさなのかもしれませんが……