ルーレットにゼロが存在する理由は?

ペイアウトについて深く知っていきましょう。。。

簡単に言えば「ハウスエッジを何とかして、ペイアウトを100パーセントオーバーにしよう」という事になりますが、それだけでは理解が不十分です。

ペイアウトとハウスエッジについてもっと詳しく知っていきましょう。

ルーレットにゼロが存在する理由は?

ルーレットを例にして、ペイアウトに関して考えていきましょう。ルーレットにおいて一番シンプルな賭け方は「赤黒賭け(Red/Black)」であり、出目がブラックであるかレッドであるかを当てます。

さて、この「赤黒賭け」で勝てる確率は何パーセントでしょうか?

50パーセント」……ではないのです!その理解のままでは負けます!

ルーレットは「黒18か所・赤18か所」となっており、それだけで考えると「配当2倍・勝率50パーセント」で、ペイアウト100パーセントに見えて、大変美味しいギャンブルに感じられるかもしれません。

しかし、実際には「ゼロ」という黒とも赤とも違う場所があるのです。アメリカンルーレットでは「ゼロ」と「ゼロゼロ」で2か所、ヨーロピアンルーレットでも「ゼロ」で1か所はあるんです。

赤黒賭けの際に出目が「ゼロ」か「ゼロゼロ」になってしまえば、プレイヤーがどちらに賭けていたかは無関係で親の勝ちになってしまいます。

ですから、まず「ゼロ」だけがあるヨーロピアンルーレットのペイアウトは「97.30パーセント」となります。

18か所の黒(赤)×配当2÷37か所(黒18か所+18か所+ゼロ1か所)×100パーセント=約97.30パーセント

そして、赤黒賭けで勝てる確率はこれを2で割って48.65パーセントという事になります。アメリカンルーレットであれば、さらにゼロゼロもありますから「ペイアウト94.74パーセント、赤黒賭けで勝てる確率は47.34パーセント」という事になります。

ですから、50パーセントとは程遠いんです。

カジノの配当においては、普通はベッド分のチップは引いて考えます。ですから、ルーレットの赤黒賭けであれば「等倍」ですとか「1倍」などと言います。ですが、ここでは考えやすくするために上記のように「2倍」と表記しました。

つまり、ゼロやゼロゼロを入れる事でハウスエッジを作ってあるのです。

数回のプレイでゼロやゼロゼロが大きく影響する事はありませんが、全世界のプレイヤーが日夜ルーレットをプレイする事で計り知れないほどの試行回数になりますから、大数の法則に沿ってここで計算した確率に寄っていくのです。

ルーレットに限らず、全部のカジノゲームにおいてこのような控除率(ハウスエッジ)が入っています。ですから胴元(カジノ側)は、ただカジノを運営するだけで必ず勝つことができるのです。ルーレット必勝法について詳しくはこちらからご覧ください。

カジノで勝つテクニック

1. ハウスエッジが最も厄介

2. ルーレットにゼロが存在する理由は?

3. パチンコに比べてオンラインカジノの勝率は高い!?

4. ルーレットで赤が10続いたら、次は黒の確率が上がる?

5. オンラインカジノ強制変換プログラム!

6. 100パーセントオーバーのペイアウトになるゲーム

7. 従属事象ゲームを活かす

8. ボーナスの活用

9. コンプ・プロモーションを活かす

10. ハウスエッジゼロのゲーム

11. ギャンブルはメンタルゲーム

12. カジノを楽しんでプレイして下さい!