Select Page

オンラインカジノ入出金で利用できる仮想通貨:ビットコインキャッシュ

(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインから通貨分裂して誕生した現在主要仮想通貨となっています。

そのためビットコインから名前が引き継がれて付けられており、時価総額も28位と高水準の高い評価を受けている仮想通貨です。

時価総額は613,735,672,456と高額になっており、通貨発行上限は2.100万枚と多くの流通量を誇ります。ビットコインキャッシュの特徴は、キャッシュレス化に対応した決済のしやすさです。

ビットコインキャッシュは、ショッピングやオンラインカジノの入出金時に利用するなど様々な決済場面で利用されています。

ビットコインキャッシュは2017年にビットコインから通貨分裂して誕生した現在時価総額が高い仮想通貨となっているので、ぜひビットコインキャッシュで決済などに利用してみてはいかがでしょうか。

通貨名

ビットコインキャッシュ

通貨単位

BCH

時価総額ランキング

28位

時価総額

613,735,672,456

発行上限枚数

2.100万枚

 

ビットコインキャッシュで入出金することのメリット・デメリット

ビットコインキャッシュを決済で利用する前にメリットとデメリットを知っておきたいのではないでしょうか。

ここではビットコインキャッシュのメリットとデメリットをピックアップしました。

ここではビットコインキャッシュのメリットとデメリットを1つずつみていきましょう。

 

【ビットコインキャッシュのメリット】

ビットコインキャッシュは、日常の決済で利用しやすいように技術を変更した決済のしやすい仮想通貨です。

ここではビットコインキャッシュで特にピックアップされているメリットがいくつかあります。ここではビットコインキャッシュのメリットを詳しくみていきましょう。

 

ビットコインのハードフォークで誕生した

ビットコインキャッシュは、主要仮想通貨であるビットコインのハードフォークとして誕生しました。

そもそもハードフォークって何って疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

ハードフォークは通貨分裂という意味で、元々あった通貨からルールを変更して新銘柄として誕生しました。

そのためビットコインキャッシュはビットコインのルールを変更して誕生した仮想通貨となっています。分裂した理由は、ビットコインが2009年の急拡大によって処理が遅いことに問題が発生しました。

処理速度の問題を運営人で話し合った結果分裂してしまい、ビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュはブロックの容量を大きくしたので、処理能力が上昇し決済などで利用しやすい通貨として高い評価を受けています。

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークで処理速度が上がった仮想通貨となっているので、ぜひショッピングやネット決済などで利用したい人は取引してみましょう。

 

決済速度がはやい

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークの箇所でも紹介しましたが、処理速度が速くなるようになりました。

ビットコインよりもビットコインキャッシュの方が、処理速度が速く決済に向いた仮想通貨となっています。

そのためビットコインキャッシュは、日常決済に利用しやすいように開発されました。

決済速度がはやいので、日常決済での利便性がよく多くの人が利用しています。

ビットコインキャッシュはビットコインと違う役割を目指しており、日常決済で利用したいのであればぜひビットコインキャッシュを利用してみましょう。

 

取引の際の透明性が高い

ビットコインキャッシュ取引の際に透明性の高い設定をされており、ユーザーにとって安心した取引を実現しています。

ビットコインキャッシュは全てブロックチェーンに記録されており、どのような取引がなされたのか記録されるので詐欺行為が減少しやすいです。

この全てのブロックチェーンに記録されるシステムをオンチェーンといいます。

全ての取引を透明化して記録しているので、安心した取引をしたいのであればぜひビットコインキャッシュを利用してみましょう。

 

【ビットコインキャッシュのデメリット】

ビットコインキャッシュには決済速度が速く、取引の透明性が高いなど様々なメリットがあります。

しかしビットコインキャッシュでもデメリットも存在し、決済で利用する前に知っておくことが重要です。

ここではビットコインキャッシュのデメリットを4つみていきましょう。

 

セキュリティー面に不安点がある

ビットコインキャッシュは決済時に便利なシステムを採用しており、様々な場面ですぐに決済することができるように設定されています。

しかしビットコインキャッシュのセキュリティー面に若干の不安を抱えており、安定しない仮想通貨の1つです。

ビットコインキャッシュと関連性の強いビットコインと同じレベルのセキュリティーを採用しています。

しかしビットコインはセキュリティーを強化するために、様々なアップデートで問題が発生しにくいシステムを採用しており安全性が高いです。

ビットコインは開発が進んでいる仮想通貨となっており、市場関係者からもセキュリティーで高い評価を受けています。

しかしビットコインキャッシュではアップデートがうまく進んでおらず、セキュリティーに問題が発生してしまうかもしれません。

ビットコインキャッシュを取引する際にはハッキングなどがないように最新の注意をして利用するようにしましょう。

 

半減期がある

ビットコインキャッシュには半減期があり、取引の際には注意しなければいけません。

減期とはマイニングで得ることができる報酬が、通常の半分になってしまう期間になります。

マイニングを目的として取引している人だと、半減期に突入することでリターンが減ってしまい利益が上げにくいです。

そのためマイニング目的で投資している人は、撤退してしまうケースも多くなってしまう場合があります。

撤退する人がいると市場の流れが停滞してしまい、レートが落ち込んでしまう可能性が高いです。

半減期になると市場が落ち込んでしまう可能性があるので、チャートに注意しながら取引するようにしましょう。

 

規制強化によって実用性に難点がある

ビットコインキャッシュは、2017年の誕生よりも各国が設定する規制が強化されました。

ビットコインキャッシュは手軽に決済することができることを目的としていますが、規制ができたことでレートが伸びにくくなってしまっています。

ビットコインは規制ができる前にある程度広がったので影響が少ないです。

しかしビットコインキャッシュは、近年誕生した仮想通貨だけに規制の影響を大きく受けてしまっています。

ビットコインキャッシュは決済が便利なシステムが構築されていますが、規制強化が進む中で厳しい対応が進んでおり注意が必要です。

各国の仮想通貨へ規制をかけることが多くなれば多くなるほど、実用化に制限がかかってしまうので、ビットコインキャッシュの値動きと規制関連のニュースを欠かさずチェックしましょう。

 

ビットコインの値動きの影響を受けやすい

ビットコインキャッシュは、ビットコインから通貨分裂して誕生した仮想通貨だと紹介しました。

そのためビットコインとの関連性が強く、値動きにも影響してしまう場合があります。

もちろんビットコインキャッシュ単体での値動きも多く、ビットコインと関連しない動きをする場合も多いです。

しかしビットコインが暴落すると、ビットコインキャッシュにも余波で売りが多くなるなど影響を受けやすい通貨となっています。

ビットコインキャッシュはキャッシュ化しやすい仮想通貨として人気となりましたが、価値としては最盛期より現在の方が落ちている状況です。

これからの値動きを見極めるためにはビットコインとビットコインキャッシュの関連性に注意して、取引するようにしましょう。

 

今後の将来性

ビットコインキャッシュは決済利用しやすい仮想通貨として、多くの人が利用しています。

しかし今後ビットコインキャッシュはどのように発展していくのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

ここではビットコインキャッシュの将来性について詳しくみていきましょう。

 

決済できる箇所が増えることで利用者がアップする可能性がある

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも決済スピードが速くなるように開発されました。

そのため日常決済で利用できるお店が増えれば増えるほど、ビットコインキャッシュの価値が上がると予想されています。

ビットコインキャッシュは現在価値が高まっており、多くの箇所で決済できるようになりました。ビットコインキャッシュを使える場所の一例としては、楽天やPayPal、さらにはオンラインカジノなど様々です。

ビットコインキャッシュは決済手数料が安く設定されており、以前よりも決済利用できる箇所が増えてきているのでぜひビットコインキャッシュを決済で利用してみましょう。

 

基軸通貨として利用されている

ビットコインキャッシュは、多くの取引所で基軸通貨として扱われています。そもそも基軸通貨とは取引所の基準通貨として扱われている通貨で、法定通貨で例えると円やポンド、ドルなどに当たる通貨です。

基軸通貨はビットコインやイーサリアムを採用している取引所も多いですが、ビットコインキャッシュも採用されている場合もあります。

基軸通貨に採用される仮想通貨は信頼性が高いとされており、安定した値動きがしやすいです。

ビットコインキャッシュは基軸通貨に採用されるほどの信頼性の高い仮想通貨となっているので、今後も成長するのではないかと期待されています。

 

仮想通貨は競合が多い

仮想通貨はビットコインやビットコインキャッシュをはじめとして競合他社が多く存在しており、今後の展開がどのようになるのかわかりません。

また近年では仮想通貨以外でもタバース銘柄やNFT銘柄など様々な金融商品が登場しており、今後の流行が注目されています。

ビットコインキャッシュは決済利用に向いており、高い機能性を誇る人気仮想通貨です。

しかしビットコインキャッシュを更なる発展させるためには、他の仮想通貨やアルトコインとの差別化を図らなければいけません。

今後ビットコインキャッシュが更なる発展する可能性があるのであれば、差別化や今後の運営の動きを注視して取引するようにしましょう。

 

ビットコインキャッシュの購入方法

ビットコインキャッシュを購入するまでのステップって難しそうですよね。

ここではビットコインキャッシュの購入方法までの4つのステップで分けました。ここではビットコインキャッシュの流れをステップごとにみていきましょう。

 

【STEP1】取引所を探そう!

まずはビットコインキャッシュを購入することができる取引所を探すところから始めましょう。

ビットコインキャッシュの場合だと国内取引所と海外取引所で取り扱いが合うので、入手しやすい仮想通貨となっています。

ビットコインキャッシュを取り扱いしている取引所を検索した上で、自分にあった取引所を選ぶようにしましょう。

 

【STEP2】取引所に登録しよう

取引所を決めた後には、次にメールアドレスとパスワードの設定をしましょう。

メールアドレスは、Gメールなど利用しやすいメールアドレスを使用することがおすすめです。

またパスワードの設定は、セキュリティーが高く解読しにくいものにすることでセキュリティーを上げる期待ができます。

 

【STEP3】本人確認しよう

メールアドレスとパスワードの登録が終わったら、本人確認と個人情報の入力をしましょう。

まずはじめに個人情報の入力からみていきます。

個人情報の入力では以下の情報を入力する必要がある取引所が多いです。

・氏名

・住所

・国籍

・居住国

・電話番号

 

上記のような様々な個人情報を入力しましょう。また個人情報を入力した後には、本人確認書類を提出する必要があります。個人情報入力では下記の書類を提出しましょう。

・パスポート

・運転免許書

・在留カード

・住民基本台帳カード

上記のような国から発行されている書類を提出することで、本人確認をすることができます。取引所に登録する場合には、個人情報と本人確認書類を用意した上で、登録作業を始めましょう。

 

【STEP4】ビットコインキャッシュを購入しよう

個人情報と本人確認が終了すると、あとはビットコインキャッシュを購入するだけです。

ビットコインキャッシュは24時間いつでも購入することができるので、好きなタイミングで取引することができます。

チャートをじっくりと観察した後に、いいタイミングだと判断したら取引するといいでしょう。

ビットコインキャッシュを購入するまでの4つのステップを紹介してきました。ビットコインキャッシュを購入するまでの流れは比較的簡単で、わかりやすくなっています。

ここで紹介した流れを参考にしてビットコインキャッシュを購入しましょう。

 

ビットコインキャッシュが利用できる!オンラインカジノとは

ビットコインキャッシュは、ショッピングやネットでの決済など様々な場面で利用されている人気仮想通貨です。

実はビットコインキャッシュを多く利用される場面としてオンラインカジノがあることを知っていますか?

ビットコインキャッシュは多くのオンラインカジノで利用することができるので、便利な入出金方法となります。

また、「ビットコイン」という、仮想通貨の定番銘柄も多くのプレイヤーがオンラインカジノの入出金に利用していますので、こちらも要チェックです!

オンラインカジノは、まるで本場のラスベガスに訪れたようなカジノの雰囲気とゲームをいつでも好きな場所から楽しむことができるとして現在人気です。

ゲームはバカラやブラックジャック、さらにはルーレットなど様々なゲームが用意されており、好きなゲームを心置きなく楽しむことができます。

オンラインカジノの入出金時に決済がやりやすいビットコインキャッシュを利用してみてはいかがでしょうか。

 

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!