Wire Transfer(ワイヤートランスファー)とは?

wire-transfer

Wire Transferとは、銀行間の電通送金のことを指し、世界中の銀行や送金サービス機関によって管理されているネットワークを通した資金の電子送金のことを指します。

電信送金には送信側と受信側の銀行などの金融機関が含まれ、受信者の名前や口座番号など、送金を開始する本人からの情報が必要です。

これらの送金は、実際には現金の物理的な交換をおこなうことはなく、ネットをベースに電子的に決済されます。電信送金の種類には、国内銀行と国際銀行の間のものが含まれます。

銀行送金を使ったオンラインカジノの入出金方法としては、昔からある方法でかなりベーシックな手段ですが、特に海外の口座をお持ちの方などは、時に資金を国際送金しなくてはいけない場面も出てくるのではないでしょうか?

ここでは、そんなWire Transferについてのメリット・デメリット、入出金方法を解説していきたいと思います!

 

Wire Transfer(ワイヤートランスファー)の登録方法

wire-transfer-process

インターネットが間に入りお互いの銀行同士を繋いで銀行電子送金を従来よりも更に簡単に早くすることが可能になってきています。

送金者は取引をおこないたい際には、取引先の銀行情報(受取人の名前、口座番号など)と送金金額を入力するのみで完了させることができます。

多くのネット電通送金サービスは、2営業日後に実際に完了することが大半で、Wire Transferでは、OFAC(米国財務省外国資産管理局)によって管理されており、取引されるお金がテログループに送られないか、マネーロンダリングの目的はないかなどを厳しくチェックしています。

ネットを通して銀行送金をおこないたい時には、多くのWire Transferサイトがありますが、どのツールが手数料が低いか、送金先の通貨が選択できるかなどをあらかじめ確認して登録作業をおこないましょう。

 

Wire Transfer(ワイヤートランスファー)のメリット・デメリット

<メリット>

・迅速でシンプルな銀行送金である

ネットを使っておこなう銀行送金は、個人や団体から他の人への個別の送金をおこなうことが可能なことと、何よりも家に居ながら世界中の地域や金融機関へ安全に送金ができることです。

直接銀行に出向く必要がないので、いつでも好きなときに必要な時に銀行送金作業をおこなうことが可能です。

 

・グローバル対応されている

年々多くの通貨を扱っているWire Transferが増えてきており、ドルやユーロ、円、ポンドのような主要な通貨以外にも、サイトによってはマイナー通貨も対応しているところも多く、非常に便利になってきています。

 

・安全性が証明されている

現代では、ネットでおこなう銀行送金は安全性が高く保たれています。すべてのWire Transferに関するサービスでは国際電通送金に関する規制に基づいて運営されています。

従って、送金者の資金は安全に受信者へと届けられ、安全手順に沿った送金作業が実施されていることを確認することも可能です。

 

<デメリット>

・手数料の問題

多くの決済サービスでも手数料の問題は変わらず、Wire Transferでも手数料の請求がマイナスな点の一つです。

通常は送金主が手数料を払い、受け取る側は送金された手数料を引いた額を受け取ることができます。

また、一般的に国内送金よりも、国際送金の方が手数料の種類や、金額の費用が膨らみます。

 

Wire Transfer(ワイヤートランスファー)の送金方法

Wire Transferで資金を送金する際のステップとしては非常にシンプルです。

 

1.送金元の銀行のインターネットバンキング機能が付いているかの確認

ネットをベースに資金を送金する仕組みなので、送金元の銀行がインターネットバンキング登録されているか、その機能があるかということが前提です。

 

2.受取人の銀行情報を入力する

ここのステップは慎重に間違いのないように入力しましょう。受取人の情報(銀行情報)が間違っていると、他の人の口座に振り込まれてしまったり、処理が遅くなったりします。

 

3.送金金額と通貨の選択

そして送金したい金額と、お互いの銀行同士で通貨が違うのであれば、通貨の選択も必要となります。

ドルやユーロ、円、ポンドなどの主要な通貨はほとんどの銀行で取り扱っていますが、世界的にマイナーな通貨は取り扱いが無い場合もありますので、利用する際には確認をしておくことが必要です。

円→マイナー通貨ができる際も、マイナー通貨→円にはできない場合がありますので注意が必要です。

 

4.送金手数料の確認

Wire Transferなどを始めとした、全ての海外送金には一般的に送金金額に加えて送金手数料も含まれて送金元の口座から一緒に引き落とされます。

また海外送金ならではの為替手数料や、中継銀行手数料という手数料の種類もありますので、これらの手数料負けしない金額の送金をおすすめします。

 

5.送り先に資金が届くのを待つ

一般的に早ければ約2営業日後~1週間程度の時間で、送金先の銀行口座に反映されるとみて良いでしょう。

相手国の祝日なども考慮して、送金日を決めるとある程度の日程見込みがたつでしょう。

 

Wire Transfer(ワイヤートランスファー)の受け取り方法

Wire Transferを使って送金された受信者の方はどのようにして資金を確認できるのでしょうか?

それはいたってシンプルで、送金者からの送金確認後から数日の営業日を待って、送金された口座を確認するだけで実際に事前に確認した資金金額と同様の金額が反映されているかをうかをみてみましょう。

年々とこの反映時間は早くなっており、土日祝を除いて2日程度の時間で送金が完了しているというスピード性があるWire Transferは、海外送金を頻繁におこなう利用者にとってはおすすめです!

このように銀行同士で資金移動することはクレカ情報をネットに入力することも必要ないので、安全性も守られます。

このように銀行同士で資金移動することができる手段として、eCheckという電子版の小切手も用意されていますので、確認してみてください!

最後に、ここまでWire Transferについて解説をしてきましたが、日本からでも国内送金・海外送金問わずインターネットさえあれば利用が出来るので非常に便利なサービスといえますね。

そこで、日本ではまだ利用することができませんが、カナダを拠点に運営されているInstaDebitというオンライン決済ツールがあります。

InstaDebitの特徴は、カナダでは人気の決済方法の一つであり、低い手数料の提供と、シンプルでスムーズな取引手順などというメリットを持っています。

日本でも使えるようになる日までにぜひ使い方などを参考にしてみてくださいね!

 

 

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!