レッドドッグ 

レッドドッグ

RED DOG(レッドドッグ)の歴史は古く、最初に広まったのは1800年代のアメリカから遊ばれ始めたカジノゲームです。

トランプカードを使って遊ぶテーブルゲームの一つで、シンプルなゲームルールでカジノ初心者にもオススメです。

レッドドッグが誕生してからなかなか人気を獲得するのが難しかったのが、1931年にラスベガスでカジノ合法になってから、新しくルールを改善し、レッドドッグポーカーという名前で、多くのカジノプレイヤーに名が広まるようになりました。

しかし、今現在のオンラインカジノでもランドカジノ内でも、マイナーなゲームで人気が高いとは決して言えません。

実際には、アメリカやカナダを中心としたランドカジノで遊ぶことも可能です。オンラインカジノでも多くのサイトでプレーができるゲームです。

ここでは、レッドドッグでまだ遊んだことがないという方向けに、ルールからゲームの流れまでを解説していきたいと思います。

 

レッドドッグとは?

レッドドッグは簡単に説明しますと、プレイヤーとディーラーの1対1の勝負でゲームが進められます。

2枚の配られるカードの組み合わせによって勝敗が大きく決まるのですが、3枚目を引いたその数字が、事前に配られた2枚のカードの数字同士の間であれば、プレイヤー側の勝利となります。

また、使用するトランプはジョーカーを除く52枚のカードで、Aのみ14と数えます。

カードの強さは、2<3<4<5<6<7<8<9<10<J<Q<K<Aの順番で強くなりますので覚えておきましょう。

 

1.レッドドッグのルール

レッドドッグには、知っておくべき3つのルールがあります。

・2枚のカードの数字が隣り合う場合

・2枚のカードの数字が同じの場合

・2枚のカードが異なる数字で、隣り合わない場合

これらについてのゲームの流れを解説します。

・【コンセクティブ】2枚のカードの数字が隣り合う場合

4と5などのように、2枚のカードが隣り合って配られたカードの場合、3枚目のカードがこれらの間に入ることはありませんよね。

そのため、この場合は3枚目は配られることがなく、その場で引き分け扱いとなり、賭け金は返還されます。

・【ペア】2枚のカードの数字が同じの場合

配られた2枚のカードが同じ数字の場合、3枚目も同じ数字のカードが出ればプレイヤーの勝利となります。

よって、12倍の配当金が配られることになります。

もし、3枚目のカードが異なる数字が出た場合は、引き分けとなり賭け金は返還されます。

3枚目にどの数のカードが出ても、プレイヤー側が有利になるのパターンです。

・【スプレッド】2枚のカードが異なる数字で、隣り合わない場合

プレイヤーは配られた2枚のカードの数字を見て、賭け金をダブル(倍にする)にするか、レイズするか(増やす)、スタンドにするか(そのまま)にするかの選択が出来ます。

その選択が終われば、ディーラーから3枚目のカードが配られます。

その3枚目のカードが2枚のカードの数字の間に当てはまればプレイヤーの勝利となります。

 

2.レッドドッグの流れ

①ゲームが始まったら、ディーラーから2枚のカードが配られますので、その配られたカードで今後のゲームの流れが決まります。

②【コンセクティブ】の場合、引き分けになりゲームは終了で、賭け金返還となります。

【ペア】の場合、3枚目を引き、さらに同じ数字の場合それがレッドドッグと呼ばれ、プレイヤーの勝利、違う数字が出ても引き分け扱いとなり、賭け金は全額返還となります。

【スプレッド】の場合、賭け金を増やすかそのままにするかを宣言し、3枚目のカードを引きます。

③ここで、3枚目のカードの数字が事前に配られていたカードの間に当てはまるのであれば、プレイヤー側の勝利となり配当金を受け取ることができます。

しかし、残念ながら2枚のカードの間に当てはまらなければ、負け扱いになり賭け金は全て没収となります。

 

3.レッドドッグの配当

【スプレッド】2枚のカードが異なる数字で、隣り合わない場合で、3枚目のカードが事前に配られた2枚のカードの間に当てはまる場合の配当金額は以下のようになります。

スプレッド

配当率

勝率

1

6倍

7.7419%

2

5倍

15.4839%

3

3倍

23.2258%

4

2倍

30.9677%

5

2倍

38.7097%

6

2倍

46.4516%

7

2倍

54.1935%

8

2倍

61.9355%

9

2倍

69.6774%

10

2倍

77.4194%

11

2倍

85.1613%

スプレッドとは、2<3<4<5<6<7<8<9<10<J<Q<K<Aの順番によって決まります。

2枚のカードの間にあるカードの数:

8と10であれば、スプレッド1

8とJであれば、スプレッド2

3と8であれば、スプレッド3

2とAであれば、スプレッド4以上

となります。

また、スプレッドごとで勝率も変わってくるので注意して賭け金を設定しましょう。

 

4.レッドドッグの必勝法

レッドドッグは最初に配られる2枚のカードの数字によって勝敗が大きく決まるので、運要素の非常に強いゲームになっています。

そのため、ゲーム中に使えるような必勝法というものはなく、プレイヤーの運と勘に勝敗の行方がかかっています。

また、この2枚のカードによってスプレッドごとの勝率も決まっています。

そのため、勝てそうだなと思った際は賭け金を増額するなどして、

スプレッド7を超えると勝利する割合が50%以上となりますので、プレイヤーが勝つ確率が高くなります。そのため、賭け金をダブルにしたり、レイズする場合はスプレッド7以上の場合のみにおすすめとなっている方法です。

 

まとめ

特にテクニックや知識も必要が無いので、どなたでも気軽に始めることができます。

今まで聞いたことがなかったゲームかもしれませんが、今回ルールをみて分かった通り、意外と簡単でシンプルなゲームだということが分かったと思います。

オンラインカジノでも多くのサイトでプレイすることができるので、興味がある方はこの機会にぜひ一度レッドドッグに挑戦していてはいかがでしょうか?

また、オンラインカジノだけではなく、友人間との間でもトランプ一つで気軽に遊ぶことが出来るかと思いますのでおすすめなテーブルゲームの一つです。

 

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!