カードカウンティング

ランドカジノやオンラインカジノなどのカジノゲームには、様々な攻略法やカジノ必勝法があると言われています。

その中でも、ブラックジャックなどで使われる必勝法として有名なのが「カードカウンティング」です。

カウンティングはブラックジャックに限らずバカラなどでも使われている方法で、ギャンブラーの中でも有効な必勝法となっています。 今回は、そんなブラックジャックの必勝法「カードカウンティング」について詳しく解説していきます。カウンティングのやり方を覚えることでブラックジャックやその他のカードゲームでも勝率や利益を格段に高めることができますので、ぜひ覚えてみてください。

 

カードカウンティングとは?

カードカウンティングとは、トランプを使うカジノゲームにおいて、場に出たカードの枚数をカウントして、次に引きやすいカードを予測して勝率を上げる行為の事で、ブラックジャックで使用されることが多いです。

ブラックジャックは、次にどのカードが出やすいかを推測できるとかなり有利になります。 自分の手札をホールド(そのまま)するか、ヒット(一枚追加)するかや、ディーラーのホールカード(伏せてるカード)が大きい数字なのか、小さい数字なのかが予測できるようになります。  

これが上手くなると、まさに必勝法といっても過言ではないのですが、全てのカードを暗記・記憶するのはとても難易度が高く、また常に場は流れているためゲームをしながら全てをメモするのも時間が足りなくなってしまいます。

しかし、「大まかにカウント」するという程度でも、効果を発揮するのでここでは誰でもできる方法をご紹介していきます。

1.カードカウンティングが使える場合

カジノゲームを攻略するうえで重要な「カードカウンティング」ですが、場所によっては使えないことがあるので注意しましょう。  

ランドカジノなどでは禁止行為とみなされている場合もありますし、使う場所によっては無意味だったりします。 まずは、「カードカウンティング」を使える場合を把握しておきましょう。

ランドカジノでは記憶力が必要

現在、日本にランドカジノはありませんが、海外でランドカジノに行く際に「カードカウンティング」を活用することができます。 ですが、ランドカジノではメモをすることは禁止されていますので、相当な記憶力がないとなかなか効果を発揮できないでしょう。

オンラインカジノの通常ゲームでは使えない

オンラインカジノの場合は、メモを取っても注意されることはありませんので、カウンティングが使えます。 ただし、通常のゲーム(コンピュータと対戦するビデオタイプ)の場合は、カウンティングは効果がありません。   通常のゲームの場合は、配られるカードがどこでリセットされているか分かりませんし、何組のトランプが使われているかも定かではなく、カードをいくらカウンティングしてもほとんど意味がありません。

ライブカジノが最も有効

オンラインカジノで人気のライブカジノの場合は、生中継なので、カウンティングをすることで、まだ配られてないカードの残り枚数がある程度把握できます。   カードがリセットされるタイミングもはっきりと分かるので、リセットされたと同時にカウンティングを始めれば良いわけです。 またこちら側からすると何をしていても見られていないため、メモも取り放題ですし、ライブカジノで最も有効な方法と言えるでしょう。

2.カードカウンティングの考え方

では、最初にカードカウンティングの基本的な考え方を解説します。  

ブラックジャックを例に説明します。 ご存知でしょうが、ブラックジャックでは合計を「21」に近づけた方が勝ちになります。そこで重要なカードといえば、「10」、「J」、「Q」、「K」の4枚のカードです。これらは全て「10」とカウントされ、一気に数を最大値に増やしてくれるカードです。そ

の代わり、手札を一気にバーストにしてしまう可能性もあるカードです。この4枚のカードが最もカードカウンティングで重要なポイントとなります。  

まずこの4枚だけに着目してみましょう。 これらのカードがまだ場にあまり出ていない場合、言い換えるこれからたくさん出そうな場合は、プレイヤー側が有利になります。 なぜなら、ディーラーは17までは必ずヒットするというルールがあるため、ディーラーのバーストの確率がグンと上がります。また、プレイヤーは10が出る確率が高いことを見越して、早めにスタンドを選択できるというメリットがあります。  

逆に、これらのカードが場にたくさん出ている場合は、ディーラーはバーストしにくくなり、プレイヤーもリスクを取ってヒットで21に近づける作業が必要なため、多少不利な状況だと言えるでしょう。

3.カードカウンティングのやり方

では、実際にカードカウンティングのやり方を詳しくご説明します。

そこまで難しくないので初心者の方もぜひチャレンジしてみてくださいね。   ここでは、大まかにカウントする方法の「ハイローシステム」のカードカウンティングについて説明します。 やり方はシンプルです。

まずは、「10」、「J」、「Q」、「K」、「A」の5枚を『-1』とします。次に、「2」、「3」、「4」、「5」、「6」の5枚を『+1』とします。残りの「7」、「8」、「9」は『±0』とします。あとは場に出たカードをこの数値に当てはめて合計を計算していくだけです。

合計がマイナスになる場合

「10」の役割を持つカードがたくさん場に出ているという状況です。

マイナスの数値が大きいほど、「10」の役割を持つカードが確率的に出にくい状況といえます。この状況は、プレイヤー不利になってしまうため、無理な勝負はせず少ない金額で様子を見るなどをして状況が変わるのを待つのがいいと言えます。

合計がプラスになる場合

この場合は、逆に「10」の役割を持つカードがまだ、少ししか出ていないという状況です。

プラスの数値が大きいほど「10」の役割を持つカードが確率的に出やすくなっているという状況です。この状況であれば、プレイヤーは有利になるため、ダブルダウンをしたり、11以下なら積極的にヒットをして「21」を目指すのが良いでしょう。

4.その他のカウンティング方法

最も有名な「ハイローシステム」のカウンティング方法を紹介しましたが、カウンティングには他にも様々な種類が存在します。初心者でも分かりやすいように作られた簡易的なものから、プロが愛用する高度なシステムのものまで、幅広くあります。 ここでは、比較的簡単なものからご紹介します。

 

カジュアルシステム

カジュアルシステムとは、その名の通り誰でも気軽に使える、簡単な仕様のカードカウンティングシステムです。出た枚数を数えるのではなく、主に感覚だけで行うアバウトな方法となります。

 

数値の高いカードが多く場に出ていると感じたら積極的に勝負し、数値の低いカードが多く場に出ていると感じたら慎重にゲームを進めます。このカウンティング方法ははあくまでこれだけで、余計なことは考えません。初心者でも非常にやりやすい、基礎中の基礎と言えるカウンティング方法です。

 

一見、簡単過ぎて信頼度が低いようにも思えますが、難しいシステムを使う際でも応用出来る入門的なものです。また、初心者が使いやすいと言うだけでなく、勘を磨くための使い方も出来るシステムです。

 

レッドセブンカウント

レッドセブンカウントとは、「ハイローシステム」を基に、赤の「7」を特殊な扱いとするカウンティング方法です。ベーシックなカウンティングに慣れて来た、中級者向けのシステムになります。

 

カウンティングの基本はハイローシステムと同じですが、レッドセブンカウントでは、「7」のカードのカウント値を色によって分けます。赤色の7が出れば+1、黒色の7が出れば±0とします。 また、「シューのデッキ数 × -2」がスタートのカウント値となりますので注意しましょう。大体は6デッキで組まれているので、その場合には6×-2で-12からカウントを始めます。カウントをスタートし、マイナスが減って「0」に近付いた時をチャンスとして見極めます。 レッドセブンカウントでは、他にもインシュランスやダブルダウン等、細かいアクションのタイミングについても決められています。慣れてきたら、そちらの方も勉強して導入してみて下さい。

 

K-Oシステム

「ケーオーシステム」または、「ノックアウトシステム」と呼ばれており、カウント値を使ったシステムの入門的なものです。「ハイローシステム」と似てますが、少し違います。

 

「ハイローシステム」のカウント値では、「2・3・4・5・6」を+1としましたが、K-Oシステムでは「2・3・4・5・6・7」までを+1とカウントします。結果的に、±0としてカウントするのが「8・9」の2つとなります。 カウント値の合計によって、以下のようにプレイスタイルを変える特徴があります。 カウント値の合計が+2以上となった場合→積極的なベットへ移行する。 カウント値の合計が+2未満となった場合→慎重なベットへ移行する。

 

ハイオプトワン

ハイオプトワン(Hi-OPTⅠ)は、メジャーなハイローシステムとは少し異なった分け方でカードをカウントする、1デッキ専用のカウンティングシステムです。追加要素によってより精度が高まった、中級者向けの方法となります。

 

カウンティングは以下のような形になります。 「2」と「A」を±0としてカウントするのが特徴です。少しややこしくなりますが、こうする事で更に精度の高いカウンティングが実現します。 ハイオプトワンでは上記のカウントに加えて、更に2つの方法を取り入れる事で精度をより高めて行きます。

 

1つ目は「Aのサイドカウント」です。Aはブラックジャックの中でも「1もしくは11」と言う特殊な数え方をする立ち位置にあります。 特殊なカードは特殊なカウントで分けて考えて上げる事で、より精密なカウンティングが可能となるのです。 2つ目は「トゥルーカウント」です。これは、カウント値でシューの残り枚数を割ったものを指します。 例えば、カウント値が-2でシューの残りが20枚の場合、(-2)÷20で-0.1となります。この値が大きいほどチャンスがある、と言う事が分かると言う非常に特殊な要素です。

 

5.カードカウンティングをするならこのカジノ

カジノシークレット

カジノシークレットは、ライブカジノが豊富なことで知られています。独自のVIPルームなども用意されており、まさにブラックジャックを遊ぶには持って来いのオンラインカジノと言えるでしょう。 最大で、10000ドルまで賭けれるテーブルもあるので、初心者の方からハイローラーの方まで満足できるオンラインカジノとなっています。

カジ旅

カジ旅はRPG風のカジノで、エンターテインメント性が非常に高く、その他のオンラインカジノと一線を画すオンラインカジノです。

自分の分身となるアバターを選んだり、所属する王国を選んだりと、まるでゲームの世界に入ったかのような体験をすることができます。 ストーリーを進めていくとボスが現れたり、レベルアップしたりと冒険要素がふんだんにちりばめられています。 また、ライブカジノも豊富なので、カードカウンティングを試して見るにはオススメのオンラインカジノです。

ベラジョンカジノ

国内人気ナンバーワンのベラジョンカジノが安心です。日本人向けの手厚いサポートやわかりやすいサイト設計となっており、非常に遊びやすい環境となっています。 ライブカジノも豊富に用意されているので、思う存分シックボーを楽しめることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。カードカウンティングは、ランドカジノでは禁止されているほど勝率アップの可能性がある攻略法です。

そんな有効な攻略法がオンラインカジノでは、存分に使うことができるのぜひ使ってみてほしいものです。

特にブラックジャックでは、10、J、Q、Kの「10」の役割を持つカードが非常に重要なので、基本的にはこれらのカードが出やすいか出にくいかを判断します。 カードカウンティングというと「難しそう。」や「記憶力がいるんでしょ。」という方も多いと思いますが、初心者の方でも挑戦しやすい簡単なカードカウンティングも多くあるので、一度チャレンジしてみてください。

その他にも、モンテカルロ(モナコ)のカジノを壊滅させた強力な攻略法と言われているモンテカルロ法もおすすめです。少し複雑にはなりますが、特にオンラインカジノでは有効な必勝法と言えるでしょう。

また、カジノを含めたあらゆるギャンブルにおいて一番有名な必勝法・攻略法のマーチンゲール法もおすすめですよ。かなりシンプルな必勝法なので、簡単に使うことができます。

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!