Abel Miranda - 公開日 2021年 8月 20日, 最終更新日 2024年 1月 23日 | 海外カジノ

この記事で分かること

  • マカオカジノがラスベガスを抜いて世界一になった理由とは?
  • マカオのカジノホテルはどこにある?
  • マカオのおすすめカジノホテルは?

「マカオのカジノがラスベガスを抜いたけど、理由がわからない…」という方必見!

この記事では、マカオカジノがラスベガスを抜いて世界一になった理由を解説します!

最後まで読めば、マカオカジノ成功からみえる日本カジノの未来も分かります。

マカオカジノは、2006年にラスベガスカジノの売り上げを抜き、世界トップのカジノ市場に躍り出た人気の観光スポットです!

 

マカオカジノは、2006年にカジノの大都市・ラスベガスを抜いて「世界最大のカジノ都市」を築き上げています。

この記事では、マカオカジノがラスベガスを抜いて世界一になった理由やマカオカジノの年齢制限、マカオのカジノホテル、日本カジノの未来などを詳しく紹介します。

マカオカジノがラスベガスを抜いて世界一になった理由とは?

マカオカジノが世界一のカジノへ

マカオカジノがラスベガスを抜いて世界一になった理由2つ

1. 海外から大きな投資金を集めたため
2. 中国人富裕層をターゲットに定めたため

マカオカジノは2006年に、世界最大のカジノ都市・ラスベガスの売り上げを抜いて「世界最大のカジノ都市」に君臨しました。

2006年のマカオカジノの売り上げは「69億5,000万ドル(約8,400億円)」に達し、世界最大であったラスベガスカジノの売り上げ「推定65億ドル」を超えています。

2006年以降も成長を続け、2013年の売り上げは「3,607.49億マカオパタカ(約4兆7,200億円)」に達しています。

マカオカジノがラスベガスを抜いて世界一になった主な理由2つを詳しく紹介します。

 

理由1. 海外から大きな投資金を集めたため

マカオは2002年にカジノ経営権の国際入札を実施し、これまでマカオの実業家であるスタンレー・ホーが独占してきたカジノ産業を、香港系の「ギャラクシー・マカオ社」とアメリカの「ウィン・リゾーツ社」にも開放しました。

国際入札で海外企業にカジノ産業を開放したことが功を奏し、大規模なカジノホテルや日本でも話題のIR施設(統合型リゾート施設)などが多く建設されました。

2002年のカジノ市場対外開放からわずか4年でカジノ都市の首位に躍り出た理由には、新たな市場「マカオの国際カジノ産業」に流れ込んだ外資が大きな要因といえます。

 

理由2. 中国人富裕層をターゲットに定めたため

マカオカジノの成功理由のひとつに、中国人富裕層をターゲットに定めた背景があります。

実際に、2018年にマカオを訪れた観光客3,580万人のうち、約2,500万人(約70%)が中国からの訪問客です。

マカオでは、中国人富裕層をターゲットにした「ジャンケット企業」が大活躍しました。

ジャンケット企業とは、カジノ企業との契約のうえで、世界中のカジノVIPや富裕層などを契約元のカジノクラブへ招待し、航空券の手配やホテル予約、レストラン予約などのすべてのサポートを担う企業のこと。

ジャンケット側は、招待したVIPプレイヤーがカジノで賭けた総金額×数%を収入として受け取る仕組みです。

ジャンケット企業を利用するVIPプレイヤーの多くは中国人富裕層です。

膨張する中国経済から溢れ出る「チャイナ・マネー」をターゲットに定めた点が、マカオカジノ成功の大きな要因といえます。

 

マカオのカジノホテルはどこにある?年齢制限は?

マカオのホテルはどこにある

マカオのカジノホテルは、コタイ地区に集中しています。

2002年から外国投資が急増したことにより、マカオのあらゆるところで大規模なランドカジノが運営されるようになりました。

マカオカジノの年齢制限は「21歳以上」です。

21歳未満の方はカジノ施設へ入場できないため注意しましょう。

 

マカオのおすすめカジノホテルを紹介!

主なマカオのおすすめカジノホテル

ウィン・マカオ・ホテル
グランドハイアット マカオ
ハードロックホテル マカオ

マカオのおすすめカジノホテルを紹介します。

 

ウィン・マカオ・ホテル

ウインマカオ1
ウィン・マカオ・ホテルは、ラスベガスにある豪華カジノリゾートホテルのマカオ版として運営されています。

ふたつのビル(ウィンタワーとアンコールタワー)が1階で繋がっており、ヨーロッパ的な高級感溢れる雰囲気のカジノホテルです。

カジノクラブには、一般客用のカジノ施設とカード会員専用のプレイルームがあり、スロットゲーム1,200台&テーブルゲーム400台の豊富なカジノゲームを楽しめます。

ランドカジノ以外にも、ショッピングモールやレストラン、温泉、サウナ、スパ、スポーツジムなどのさまざまな施設が完備されています。

ホテル名 Wynn Macau(公式HP:Wynn Macau
地区 コタイ地区
住所 Rua Cidade de Sintra, NAPE, Macau
チェックイン 15:00
チェックアウト 12:00
電話番号 +853 2888 9966
総階数・総部屋数 22階・1,014部屋

 

グランドハイアット マカオ

グランドハイヤット-マカオ1
グランドハイアット マカオは、アメリカ合衆国に本拠地を置くハイアットグループが運営するカジノホテルであり、日本にも多くの系列ホテルがあります。

上品さをテーマにしたホテルデザインが最大の特徴で、子ども連れの家族や女性同士の滞在におすすめです。

ランドカジノは1階で運営されており、ホテル滞在中は24時間365日スロットやブラックジャック、バカラ、ルーレットなどを楽しめます。

マカオカジノのドレスコードは比較的緩いため、気楽な服装で入場可能です。

ホテル名 Grand Hyatt Macau Hotel(公式HP:Grand Hyatt Macau Hotel
地区 コタイ地区
住所 City of Dreams, Estrada do Istmo, Cotai, Macau
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
電話番号 +853 8868 1234
総階数・総部屋数 37階・791部屋

 

ハードロックホテル マカオ

ハードロックマカオ1
ハードロックホテル マカオは、エンターテイメント性の高いカジノホテルです。

ウィン・マカオ・ホテルやグランドハイアット マカオよりも宿泊料金が安く、リーズナブルな料金で滞在したい方にピッタリ!

料金はリーズナブルですが、ホテル内や部屋は洗練されたデザインで清潔感があるスッキリした仕様に仕上がっています。

ハードロックホテルのカジノフロアは、フォーブス・トラベルガイドで5つ星を獲得したマカオ初の統合型リゾート「シティ・オブ・ドリームス マカオ」に直接出入りできる点が最大の魅力です。

ホテル名 Hard Rock Hotel, Macau(公式HP:Hard Rock Hotel
地区 コタイ地区
住所 City of Dreams, Estrada do Istmo, Cotai, Macau
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
電話番号 +853 8868 33338
総部屋数 322部屋

 

そのほかのカジノホテル

上記で紹介したカジノホテル以外にも、マカオにはさまざまなカジノホテルがあります。

・ザ ランドマーク マカオ:市内中心部に位置する5つ星カジノホテル
・ギャラクシーホテル マカオ:宮殿のようなデザインが魅力のカジノホテル
・フォーシーズンズホテル マカオ:エレガントで落ち着きのある雰囲気が魅力のカジノホテル
・ソフィテルマカオ アット ポンテ 16:マカオの旧市街地を思い起こされるような歴史ある風景が魅力のカジノホテル
・リオホテル マカオ:マカオ最高クラスの高級サウナが完備されているカジノホテル

マカオには、豊富なカジノホテルが運営されているため、事前に調査して自分にあったカジノホテルを探しましょう!

 

マカオカジノ成功からみえる日本カジノの未来

日本カジノ未来は

日本にも今後、カジノを含む統合型リゾート施設の建設が予定されています。

マカオカジノの成功理由は「チャイナ・マネー」と「海外からの投資」であることからわかるように、明確なターゲットを定めることが大切です。

日本カジノは海外からの観光客をターゲットにし、かつ日本人旅行者も気軽に訪れられるカジノ施設の建設を目指しています。

日本カジノの誕生には、ギャンブル依存症対策やインフラ整備、治安悪化対策などのさまざまな課題がある状況ですが、マカオカジノの成功例を参考に、誰もが楽しめるカジノクラブが建設されることを期待しておきましょう!

 

マカオが世界最大のカジノ都市としての地位を確立したのは、単にその規模や豪華さだけではありません。この成功の背後には、戦略的な市場開放と、特定の顧客層への狙い撃ちがあります。マカオは、国際的な投資を引き寄せ、中国の富裕層をターゲットにすることで、独自のカジノ文化を築き上げました。

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

マカオカジノまとめ

マカオカジノまとめ1

マカオカジノは、2006年にラスベガスカジノの売り上げを抜き、世界トップのカジノ市場に躍り出た人気の観光スポットです。

日本からマカオ国際空港までのフライト時間は平均4時間と短く、マカオ国際空港から中心地までタクシーで約30分でアクセスできるため、日本からでも気軽に旅行できます。

マカオへ訪れた際には、ぜひ世界一のランドカジノを堪能してみてください!

よくある質問

マカオのカジノで遊ぶための年齢制限はありますか?

マカオのカジノでは、21歳以上でなければ入場やゲームのプレイが許可されています。年齢確認のため、身分証明書の提示が必要になることがあります。

マカオのカジノでの服装規定はどのようなものですか?

マカオのカジノでは特に厳格な服装規定はありませんが、スマートカジュアルが一般的です。ただし、一部の高級カジノやVIPルームでは、よりフォーマルなドレスコードが求められることもあります。

マカオのカジノでのチップの習慣はありますか?

マカオのカジノでは、ディーラーやサービススタッフへのチップが一般的です。チップの額は、プレイしたゲームや賭け金の額、サービスの質に応じて異なりますが、一般的には勝利金の5%程度が目安とされています。

マカオのカジノでの勝利金に税金はかかりますか?

マカオでは、カジノの勝利金に対して税金は課されません。したがって、獲得した賞金は全額自分のものとなります。ただし、自国に持ち帰る際の税法は異なる場合があるため、帰国前に確認することをおすすめします。