- 最終更新日 2023年 4月 28日 | 日本カジノ

日本にカジノを作ることに賛成?反対?

日本にカジノを作ることに賛成?反対?のアンケート結果(200人調査)は、以下のとおりです。

  • 賛成96人
  • 反対104人

ほぼ真っ二つに意見が分かれています。

 

賛成派の意見

・経済の活性化や雇用促進を期待できる

カジノをオープンすることで、経済の活性化や雇用促進を期待できます。

カジノは統合型リゾート施設(IR)の3.0%未満の敷地面積しかなく、その他はショッピングモールやホテル、レストラン、国際会議場などが建設される予定です。

海外でもIRの経済効果や雇用促進は大きな結果を叩き出しています。

 

・ギャンブルの法整備ができる

カジノ誘致に伴い、ギャンブルの法整備ができるチャンスと期待されています。

治安悪化やギャンブル依存症患者の増加などばかりが懸念されていますが、カジノが開業する機会にしっかりとした法整備や依存症対策を行うチャンスでもあります。

 

反対派の意見

・カジノを作って採算が取れるのか

日本にカジノを作ったとして本当に採算が取れるのか?を疑問視している国民が多くいます。

コロナ禍の影響で外国人観光客の入国制限を実施した経緯もあり、今後同じような事態に陥ったときの対策が必要です。

 

日本でカジノを作る場合どこの都市がいい?

日本でカジノをつくる場合どこの都市がいい?のアンケート結果(200人調査)は、以下のとおりです。

  • 大阪市:103人
  • 和歌山市:50人
  • 長崎市:47人

大阪市が半分以上を占めています。

 

大阪市の意見

・国際空港があるため

カジノを含む統合型リゾートは、海外の観光客が多く訪れてこそ成り立ちます。

大阪市は国際空港があるため、海外の観光客のアクセスのよさが大きなメリットです。

 

・日本列島のほぼ中心に位置しているため

大阪市は日本列島のほぼ中心に位置しています。

中心に位置していることで、国内観光客にとって最もアクセスしやすい場所と言えます。

 

長崎市・和歌山市の意見

・地域の活性化を期待できるため

コロナ禍で経済的なダメージを受けている長崎市や3都市のなかで最も人口減少が進んでいる和歌山市へカジノを作ることで、地域活性化を期待できます。

 

日本にカジノがオープンしたら遊びに行きたい?

日本にカジノがオープンしたら遊びに行きたい?のアンケート結果(200人調査)は、以下のとおりです。

  • 遊びに行きたい:76人
  • 遊びに行きたくない:124人

遊びに行きたくない派の方が上回っています。

 

遊びに行きたい派の意見

・非日常感を楽しめる

ランドカジノでは、日常生活において味わうことのできない非日常感を楽しめます。

海外のカジノへ足を運ぶのは大変ですが、日本にカジノがオープンした際には、気軽に非日常空間を味わえます。

 

遊びに行きたくない派の意見

・トラブルに巻き込まれそう

カジノは、トラブルや犯罪に巻き込まれそうなどのネガティブな印象が強いイメージがあります。

ただし、日本のカジノは徹底した犯罪対策やマネーロンダリング対策、セキュリティ対策が講じられる予定のため、誰もが安心して楽しめるランドカジノが建設されるでしょう。