- 公開日 2024年 4月 02日, 最終更新日 2024年 4月 03日 | ラッキーニッキー

ラッキーニッキーはプレイヤーの皆様が楽しめるため依存症対策をおこなっています。

依存症の捉え方やカジノで起こる症状についての考え方を詳しくみていきましょう。

 

ラッキーニッキーカジノの遺贈賞に対する捉え方

luckyniki-image

カジノは本来楽しんでプレイできるものであり、本場のカジノやオンラインカジノであっても異常をきたすようなものではなく無害なものだと考えています。

ただしギャンブルにはお金がついてくるものであるため、時間とお金が管理できない状態になってしまうと問題が大きくなり依存症になる可能性があります。

ですがギャンブルをおこなうプレイヤーは、ギャンブル自体が個人の問題であるかどうか調べることが難しいです。

ラッキーニッキーの経験則上だと、ギャンブルによってその人の日常生活において多大なる悪影響を及ぼしはじめた問題だと捉えられます。

 

オンラインカジノをおこなう上で起こる症状

ギャンブル依存症を調べるときは、臨床心理士がギャンブル依存症である可能性があるか診断をおこないます。

ギャンブル依存症である場合は、以下のような特徴があります。

  • ギャンブルのことを常に考えている
  • 希望する目標金額や興奮状態に達するために、更なるお金をかけてプレーする
  • ギャンブルをやめようと考え制限やコントロールしようとしたとしても失敗したことがある
  • ギャンブルを制限しようと考えることや制限した結果として、イライラしてしまう
  • 自分の問題に対して避ける場合には、無力感や不安感といった内在的にあるマイナスな気持ちを解放させるためにギャンブルをおこなう

 

上記のような気持ちの問題でギャンブルをおこなう場合があります。

また「親戚や臨床心理士といったギャンブルに関することを隠す行為」、「ギャンブルをおこなったことで職場や学校での人間関係やキャリアに危険を及ぼしてしまう行動」なども大きな問題行動です。

ギャンブルをおこなう際に「ギャンブルで損益を取り戻そうとしてしまい、さらにギャンブルをプレーしてしまう行動」もギャンブル依存症の問題行動の1部に当たります。

このような行動がある場合はギャンブル依存症の可能性があり、自分自身の人生を大きく狂わしてしまう可能性があるので危険です。

ギャンブル依存症になると、アルコール依存症鬱症状睡眠障害自殺願望といった健康被害の可能性が高くなります。

ギャンブル依存症は非常に危険であり、一度かかってしまうと人生を大きく狂わす恐れがあります。

大変危険であるため、ギャンブルをプレイする際には十分に注意するようにしましょう。

 

ラッキーニッキーでおこなわれている依存症対策

ラッキーニッキーは全プレイヤーが楽しんでプレイできるよう環境を整えていますが、一部プレイヤーにとって悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

プレイヤーが安全に利用してもらえるため、一部のプレイヤーに対して正しい環境のもと依存症にならずプレイできる環境を整えるシステムが用意されています。

一部の悪影響を及ぼしているプレイヤーの利用を制限するため、幅広いニーズに合ったプレイ制限をかけられるシステムを構築しています。

画面のクーリングオフボタンを選択すると、24時間、48時間、7日の3つの期間を選択できます。

制限を申請すると、選択した期間の利用を制限できるシステムです。

また一時停止も選択できるように設定があり、30日間、60日間、90日間の長期間のアカウント利用期間を停止できます。

さらに無期限の事故除外という使用停止をおこなっています。

こちらの場合は事故除外申請をおこない、サポートが対応して実行されます。

また同申請の場合だと同カジノだけでなく、ラッキーニッキーのグループ企業のカジノアカウントも同様の制限を受けられる設定です。

悪影響を受けてしまうプレイヤーが遊んでしまわないように制限できるため、ラッキーニッキーを安心してプレイできます。

 

まとめ

今回は、ラッキーニッキーの依存症対策について解説しました。

ラッキーニッキーをはじめ、オンラインカジノをプレイすると依存してしまうことがあります。

ラッキーニッキーでは、一部のプレイヤーに対して正しい環境のもと依存症にならずプレイできる環境を整えています。

制限を申請することで利用時間を制限できるため、依存する心配もありません。

そのため安全にオンラインカジノをはじめたいなら、ぜひラッキーニッキーをはじめてください。