Select Page

ワンデー・ティーン・パティ

(One Day Teen Patti)

one-day-teen-patti

「One Day Teen Patti」とはポーカーの1種類として、多くのオンラインカジノプレイヤーに人気のライブカジノゲームとなっています。

「One Day Teen Patti」はスリーポーカーのゲームで、5枚のカードを使うポーカーとは一味違うゲームです。

スリーポーカーは5枚を使うポーカーよりも役が少なくなっているので覚えやすく、カジノ初心者から上級者まで幅広く楽しむことができます。

ここでは「One Day Teen Patti」の流れや配当、さらには役の強さなど幅広くみていきましょう。

 

One Day Teen Pattiの流れとは

One Day Teen Pattiの流れとは

「One Day Teen Patti」をプレーする前に流れを知っておかなければ、ライブカジノの際に困ってしまうかもしれません。

そのため「One Day Teen Patti」の流れを知って置くことで落ち着いて楽しくプレーできるようになりやすいです。

ここでは「One Day Teen Patti」の流れをステップごとに紹介していき、ライブカジノの際に手間取らないようにしましょう。

 

【STEP1】1回目のベットタイム

まず初めにプレイヤーがベットするところから始まります。ベットタイムが設けられているので、時間内にかけたい場所にベットするようにしましょう。

 

【STEP2】Player Aに1枚目のカード配布と2回目のベットタイム

1回目のベットタイムが終了すると、1枚目のカードがディーラーより配布されます。

1枚目のカードが配られると、2回目のベットタイムが設けられるので、勝ちそうだと思った方に必要に応じてベットするようにしましょう。

 

【STEP3】Player Bに1枚目のカード配布と2回目のベットタイム

Player Aに1枚目のカードが配布と2回目のベットタイムが終わると、Player Bに同じようにカードがディーラーより配布されます。

こちらも1枚目のカードは表向きで見える形で配られるので、Player Aと同じ状態です。そして3回目のベットタイムの時間が設けられるので、必要に応じてベットしてください。

 

【STEP4】Player Aに2枚目のカードが配られて、ベットタイムが設けられる

先ほどのSTEP2とSTEP3の動きが、この後も続いていきます。このSTEPではPlayer Aに2枚目のカードが表向きで配られていきます。その後に同じくベットタイムが設けられるので、ベットしていきましょう。

 

【STEP5】Player Bに2枚目のカードとベットタイム

Player Aのステップが終了すると、Player Bにも2枚目のカードが表にして配られます。そして5回目のベットタイムが設けられるので、場にあるカードを見極めて勝ちそうな方にベットしていきましょう。

 

【STEP6】Player Aに3枚目のカードが表向きで配られる

ここではPlayer Aに3枚目のカードが、表向きにして配られていきます。カードが配られた後に、6回目で最後のベットタイムが設けられており熟考することが必要です。

勝つ可能性が高いと判断すればベットしていくことが必要で、もしも負けが濃厚であればベットしないなど考えながら6回目のベットタイムを迎えるようにしましょう。

 

【STEP7】Player Bに3枚目のカード配布

最後にPlayer Bに3枚目のカードが配布されていきます。今までの流れだとカードが配られた後にベットタイムが用意されますが、ここではベットタイムはありません。

そのためPlayer Bに最後のカードが表向きに配られたところで終了となります。

 

【STEP8】勝者決定

Player AとPlayer Bにカードが配られたカードを比較して、より強い手札の方が勝ちとなります。

「One Day Teen Patti」は「Player A」と「Player B」に 1枚ずつカードが配られるので手札を見ながらベットすることができるゲームです。

そのためベットタイムを有効に利用することで、勝利金が大きくなるので熟考しながらぜひ利益を上げるようにしましょう。

1枚ずつカードが表面にして配られることで戦況が大きく変わるので、「One Day Teen Patti」の独自システムを活かしながら楽しんでください。

 

One Day Teen Patti の手札とは

「One Day Teen Patti」では、5枚のポーカーとは違うスリーポーカー用の手札が用意されています。ここでは3枚ポーカーでしか楽しむことができない手札の強さを知っていきましょう。

 

・ロイヤルフラッシュ(ハートやスペードなどの同じマークでA・K・Qで揃った場合に発生する役)

・ストレートフラッシュ(3枚全てのカードのマークが同じで数字の始まりは関係ないが8・9・10などの数字が続きで並んでいる場合に発生する役)

・スリーカード(マークは関係ないが、同じ数字を3枚揃えることで発生する役)

・ストレート(マークは関係なくどこの数字から始まるなどの制限はなし。8・9・10など数字が続くことで発生する役)

・フラッシュ(数字は関係なくカードのマークを揃えることで発生する役)

・ワンペア(同じ数字のカードが2枚揃った場合に揃う役)

・ハイカード(手札の中で最も高い数字が手札となる)

 

上記のように上から順番で強い手札となります。カードの強さはAが1番位として高く設定されており、2が一番位低いです。

手札が強ければ強いほど勝ちやすくなるので、ベットする際には役を覚えておき有利や役に追いベットをして利益を増やしていきましょう。

 

One Day Teen Patti のベットエリアとは

「One Day Teen Patti」では、主に「Player A」と「Player B」にベットするエリアが用意されています。

初期段階では「Player A」と「Player B」に「Black」に数字が書かれており、画面を見ると確認することができるようになっており、ベット前に確認しましょう。

また「Black」の横に「lay」が記載されていますが、こちらのエリアは鍵がかかっています。

初期段階でベットする際には「Black」で賭けるようにしましょう。また「lay」は負けと考えればいいです。

また各カードが配られるごとに損益を「Black」の左側に表示させてくれます。数字を確認してベットしていくようにしましょう。

 

One Day Teen Pattiをプレーする前に知っておきたい!ベット例2選

「One Day Teen Patti」をプレーする上で、ベットの例を知っておくと戦いやすくなります。

ここでは「One Day Teen Patti」をプレーする前に知っておきたいベット方法について詳しくみていきましょう。

 

両方にベットできるメリットを活かして勝負しよう

「One Day Teen Patti」では、Player AとPlayer Bの両方に対してベットすることができるゲームとなっています。

そのため両方とも同じような役になりそうであれば、両方に賭ける事でリスク分散できる仕様となっており、利益になりやすいです。

両方の倍率を確認して、カードがどのような手札になるか予想したとしましょう。

どちらが勝ってもおかしくないとの判断を下した場合だと、両方でベットしても損失がないようにベットすることでリスク分散することができます。

「One Day Teen Patti」では両方ベットすることでリスク分散して利益を上げる方法として確立しているので、盤面に出ている手札で予想しながらプレーしていきましょう。

 

両方にベットして結果として損してしまうことも

両方にベットすることでリスク分散などのメリットがあると紹介しましたが、注意しなければならないこともあります。

画面にはもし勝利した際にどれくらい儲かるのか予想してくれる数字が記載されており、カードが盤面にでることでどれくらいの利益になるのか表示されていくシステムとなっておりとても便利です。

しかし倍率を確認するとたまに起こることなのですが、両方にベットしてリスク分散しても両方ともマイナスを食らってしまう場合があります。

どちらに転んだとしても勝てるように分散してベットしても、勝てないことがあるので利益がどの程度になるのかといったことを考えてベットしていくように注意しましょう。

 

また、定番のカジノゲームとして人気を誇るバカラゲームから派生してリリースされているライブカジノゲーム『ゴールデン・ウェルス・バカラ』。

最大配当は512倍の高額配当のため、一攫千金を狙っているプレイヤーには非常に夢のあるライブゲームですので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

バカラで高額配当?ゴールデン・ウェルス・バカラとは?

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!