Yuta Suzuki - 公開日 2023年 2月 03日, 最終更新日 2023年 11月 13日 | オンラインカジノ

この記事で分かること

  • オンラインカジノは未成年でもプレイできる?
  • 未成年者が年齢を偽ってオンラインカジノを利用していい?
  • 未成年者が年齢を偽ってプレイするとどうなる?

「オンラインカジノで遊びたいけど、未成年でもプレイできるかわからない…」という方必見!

この記事では、オンラインカジノの年齢制限を解説します!

最後まで読めば、未成年者がオンラインカジノで遊べない理由も分かります。

オンラインカジノの年齢制限は各サイトの利用規約で定められており、多くのネットカジノは「18〜21歳」に設定されています

 

オンラインカジノは未成年でもプレイできるのでしょうか。ネットカジノをプレイする際は、年齢制限や利用規約などを事前に把握しておくことが大切です。

この記事では、オンラインカジノは未成年でもプレイできるのかや年齢制限、高校生の利用などを詳しく解説します。

オンラインカジノは未成年でもプレイできる?

オンラインカジノは未成年でもプレイできる?

オンラインカジノをプレイできる年齢は「18〜21歳」です。

各カジノサイトで年齢制限は異なり、18歳から利用できるオンラインカジノもあれば、21歳にならないと利用できないネットカジノもあります。

オンラインカジノの年齢制限は、各カジノサイトの「利用規約」で定められており、運営会社により異なる仕組みです。

ネットカジノの年齢制限を確認したいときは、各カジノサイトの公式サイトへアクセスし、利用規約を見ましょう。

 

人気オンラインカジノの年齢制限一覧

人気オンラインカジノサイトの年齢制限は下記のとおりです。

・カジノシークレット:18歳以上
・カジ旅:18歳以上
・ミスティーノ:18歳以上
・ラッキーニッキー:18歳以上
・ジャックポットシティカジノ:18歳以上
・ベラジョンカジノ:20歳以上
・インターカジノ:20歳以上

 

日本人シェア率No.1を誇る「ベラジョンカジノ」は20歳からしかプレイできないため、18歳から遊びたい方は豪華なキャッシュバックが用意されている「カジノシークレット」がおすすめです。

 

高校生はオンラインカジノを利用できない

18歳からプレイできるオンラインカジノでも、高校生は利用できません。

高校生がネットカジノを利用できない主な理由は下記の2つです。

  1. オンラインカジノ運営側が高校生の利用を禁止しているため
  2. カジノサイトへの決済時に必要なクレジットカードや銀行口座を作成できないため

 

オンラインカジノは高校を卒業した以降であればいつでも利用できるため、高校在学中は勉強や部活動に励みましょう。

大学生や専門学生の方は、18歳以上からオンラインカジノを利用できます。

 

未成年者のオンラインカジノ利用は法律によって禁止されており、年齢確認はプレイヤーの安全を守るために不可欠です。未成年者がオンラインカジノを利用することには多くのリスクが伴います。

カジノシークレットやカジ旅などのオンラインカジノは高校卒業した18歳から利用することができるので、ぜひ成人したら一番最初に登録をしてみてください!

鈴木ユウタ

オンラインギャンブルコンテンツ執筆者, Japan-101

未成年者が年齢を偽ってオンラインカジノを利用できない理由3つ

未成年者が年齢を偽ってオンラインカジノを利用できない理由
未成年者が年齢を偽ってオンラインカジノを利用できない理由3つ

1. 一定期間プレイすると本人確認を求められるため
2. 初めての出金の際にアカウント認証を求められるため
3. 他人名義を使って登録できないため

未成年者が年齢を偽ってオンラインカジノを利用できない理由を3つ紹介します。

 

1. 一定期間プレイすると本人確認を求められるため

多くのオンラインカジノでは、一定期間カジノゲームをプレイすると「本人確認」を求められます。

本人確認時には「身分証明書(顔写真付き)」と「住所確認書類(公共料金の請求書など)」を提出する必要があるため、年齢を偽って登録している場合、本人確認手続き時にバレます。

 

2. 初めての出金の際にアカウント認証を求められるため

オンラインカジノで勝利したお金を初めて出金する際にも「アカウント認証」が求められます。

アカウント認証時には「身分証明書」と「住所確認書類」に加えて「決済口座情報」も提出する必要があるため、年齢の偽りがバレます。

 

3. 他人名義を使って登録できないため

オンラインカジノの登録名義は、家族や親戚、友人などになりすまして登録する「なりすまし登録」はできません。

他人名義を使って登録できない理由は、カジノサイト運営側へ提出する「本人確認書類」「住所確認書類」「決済口座情報」は、すべて本人名義であることが条件となっているためです。

未成年者が年齢を偽ってプレイすると罰則が課せられる

オンラインカジノを未成年者が偽ってプレイしたり、他人名義で不正登録したりすると、カジノ運営側から罰則が課せられます。

海外で合法的に運営されているネットカジノや日本人プレイヤーを取り締まる「日本の法律」はありませんが、安全に楽しめるオンラインカジノには「利用規約」により、罰則が定められています。

オンラインカジノの不正利用が発覚した場合には、リアルマネー残高の没収やボーナスマネー残高の没収、勝利金の没収、アカウント凍結などのさまざまな罰則が課せられるため注意しましょう。

オンラインカジノの年齢制限まとめ

オンラインカジノの年齢制限は各サイトの利用規約で定められており、多くのネットカジノは「18〜21歳」に設定されています。

18歳から利用できるオンラインカジノであっても、高校生の利用はできません。

オンラインカジノへ年齢を偽って登録したり、他人名義で登録したりすると、利用規約違反に該当し、さまざまな罰則が課せられます。

オンラインカジノをプレイする際は、年齢制限や利用規約を守りながら楽しい「オンカジライフ」を送りましょう!

よくある質問

オンラインカジノは未成年でもプレイできますか?

オンラインカジノは未成年者(18歳未満または21歳未満の場合もあり)のプレイを許可していません。各カジノサイトには年齢制限が設定されており、これは法律によるものです。未成年者はオンラインカジノを利用することができません。

未成年者が年齢を偽ってオンラインカジノを利用するとどうなりますか?

未成年者が年齢を偽ってオンラインカジノを利用した場合、様々な罰則が課せられる可能性があります。これにはアカウントの凍結や勝利金の没収などが含まれます。また、法的な問題に巻き込まれるリスクもあります。

オンラインカジノの年齢確認はどのように行われますか?

オンラインカジノでは、通常、登録時や出金時に本人確認が求められます。これには身分証明書や住所確認書類の提出が必要です。これにより、カジノはプレイヤーの年齢を確認し、未成年者の利用を防ぎます。

未成年者がオンラインカジノでプレイするリスクは何ですか?

未成年者がオンラインカジノでプレイする最大のリスクは、法的な問題に巻き込まれることです。また、個人情報が漏洩するリスクや、不正行為による罰則を受ける可能性もあります。安全を守るためにも、未成年者はオンラインカジノを利用すべきではありません。