Yuta Suzuki - 公開日 2021年 12月 14日, 最終更新日 2023年 2月 25日 | 海外カジノ
日本国内で話題になっている、カジノ法案の可決から数年が経ちましたが、カジノ業界ではどの企業が日本のカジノ産業へ参入しようかということがカジノ業界でも話題になっています。

日本国内には、まだカジノを専門にして運営している企業はありませんが今後IR誘致が進んでいくとともに、国内でも新しいカジノ企業が生まれると思われます。

しかし、きっと日本カジノのメインのカジノ企業は、外資の企業が中心となってカジノクラブを運営させることになるでしょう。彼らはカジノクラブの運営に関わっている年数も長いので、運営のノウハウを既に知っています。そのため、日本の新しいカジノ企業は、上手く参入できるか、または外資カジノ企業に教わるという姿勢で繁栄していくのか、どうなるかが楽しみですね。

そこで、今回は日本カジノへ参入が囁かれている、または参入するであろうという予想から、大手外資カジノ企業の分析と、その特徴について解説していきたいと思います!

 

アメリカの大手カジノ企業

やはり大きなカジノ企業はアメリカを中心に経営されています。その中でも、アメリカ国内だけにとどまらず、マカオや他の国のカジノ産業に参入しているほど大きな資本を持ったカジノ企業を何社はご紹介します。

・ラスベガス・サンズ

世界のカジノ運営に、特に大きな力を持っているラスベガス・サンズです。アメリカのネバダ州ラスベガスに本社を置くカジノやIR事業を手がける大手企業です。1988年にラスベガス人気ナンバーワンともいえる「ザ・ベネチアン・ホテル」を開業し、その後世界的に一気に有名になりました。近年は、現在も急上昇しているオンラインゲーミング事業の進出も果たしており、今後も成長を続けていくであろう企業です。他にも、ラスベガス・サンズに関係しているカジノやホテル大口顧客に対して、専用の飛行機を数多く保有しており、上得意なお客様にとっても一流のサービスを提供しています。

アメリカ国内だけの運営ではなく、マカオのサンズ・マカオ、ザ・ベネチアン・マカオや、シンガポールのマリーナベイ・サンズをも運営しており、日本カジノへも2019年8月に参入をするとの発表がありましたが、2020年5月には日本のIR事業への計画を断念したとの発表もありました。なぜ参入を断念したのかは分かりません。

世界のカジノと繋がっているラスベガス・サンズが日本への参入を断念したのは残念なニュースでしたね。

・MGMリゾーツ

こちらもラスベガスに本社がある、多くのカジノリゾートを運営している会社です。カジノ以外にも、高級レストランや、アート・音楽イベント事業も運営しています。皆さまもきっとよくテレビや雑誌でも見たことがあるかもしれません、ラスベガスの人気ホテルのベラ―ジオで行われる噴水ショーがラスベガスに訪れている観光客にとって最も有名な噴水ショーの一つでしょうね。

また、MAGリゾーツは、日本MGMリゾーツとして東京と大阪に法人を設立していますので、今後の日本カジノに参入し、実際に開業に向けて活動中です。

 

アメリカ以外の大手カジノ企業

・SJMホールディングス(香港)

SJMホールディングス 香港のカジノを有名にしたSJMホールディングスの設立者である、スタンレー・ホー氏によってカジノ・IRを運営する香港を代表するような企業のうちの一つに育てられました。

香港の名家と呼ばれる家庭に生まれたスタンレー・ホー氏は約40年間にわたってギャンブル事業を独占し、今現在既に死去しているが彼の子孫たちがSJMホールディングスの主要人物として活躍しています。

SJMホールディングスが運営している香港の一流ホテルやカジノクラブには、グランド・リスボア・ホテルや、カジノ・ダイヤモンド、カジノ・エンペラー・パレスなどの多くのサービスを提供し続けています。そこで、日本カジノへの参入も意欲を示してはいますが、具体的な時期や計画などは明らかにされていません。今後の活動に期待し、今後も世界中から注目を集めるであろう大きなカジノ企業です。

・ゲンティン・グループ(マレーシア)

ゲンティン・グループはマレーシアのクアラルンプールに本社を置いているカジノ・IR事業を運営している世界的にも有名で大きな企業です。1964年にマレーシアの実業家であるリン・ゴトウ氏によって設立されました。マレーシアで唯一のランドカジノである、ゲンティン・ハイランドを開業させたいというプロジェクトから始まりました。

のちに、ゲンティン・ハイランドを開業したのち、海外にも積極的に進出をしていきます。また、カジノ事業以外にも、カジノクルーズや、ナイトクラブ、遊園地、ホテル、農業事業などの幅広い分野にも参入しており、現在も成長をし続けている企業です。カジノ事業では既に、シンガポールや、アメリカ、イギリスなどにも進出済みで、今後は日本カジノにも進出に向けて計画を進めていくと示されており、今後もその計画に目が離せませんね。