オンラインカジノで利用できる仮想通貨:カルダノ/ エイダコイン

(Cardano /ADA coin

カルダノとは2016年に公開されて以来、仮想通貨時価総額ランキングで10位前後にランクインしている人気仮想通貨になります。

カルダノは1単位で他の仮想通貨よりも低くなっており、誰でも買いやすい値段で取引されていて人気です。

また信頼性も高く、多くの決済などでも利用されています。カルダノの将来性は多くの企業や大学と連携しており、さらなる取引所で取引できるようになる可能性が期待されているなど評価が高いです。

ここではカルダノのメリットやデメリット、さらには将来性や購入するまでの流れなどを紹介していき、カルダノの全てをみていきましょう。

オンラインカジノの決済方法として、仮想通貨はスピードも速く、安全性も高いという理由から近年どんどん利用者数が増加傾向にあります。

このコインの他にも、いろんな意味で話題の「ドージコイン」という仮想通貨も決済方法に導入されているサイトを見つけていくことができますので、要チェックです!

 

カルダノで入出金することのメリット・デメリット

カルダノには、多くの企業や大学と連携していることや専用ウォレットがあるなど様々なメリットがあります。

そのためカルダノで多くの人が決済などで利用しており、特にオンラインカジノでの利用率が高いです。

しかしカルダノでも国内の取引所で扱いが少ないなど様々なデメリットがあるのも事実となっています。

ここではカルダノのメリットとデメリットを比較して詳しくみていきましょう。

 

カルダノで入出金のメリット

カルダノは、多くの企業や大学と連携していることや独自のアリゴリズムがあるなど様々なメリットが存在しています。

そのためオンラインカジノなど多くの決済に利用されており、人気の仮想通貨です。

ここではカルダノで入出金する際に知っておきたいメリットについて詳しくみていきましょう。

 

多くの企業や大学と連携している

カルダノでは多くの企業や大学と連携しており、大きなメリットとして挙げられています。

カルダノで連携している企業の業種は多岐に渡り、「ディッシュ・ネットワーク」や「チェーンリンク」など様々です。

他にも医療系のロボットの開発に取り組む「Awakening Health」やeスポーツゲームのプラットフォームを作っている「Rival」も連携しています。

またカルダノは2018年に東京理科大学インベスト・マネジメント部との連携も果たしており、更なる発展が期待されており人気です。

厳密にいえば、東京理科大学とカルダノの資金調達をおこなっている「EMURGO」と連携しています。

カルダノでは様々な企業や大学と連携しているので、更なる発展が期待されるのでぜひ取引してみましょう。

 

独自のアルゴリズムを採用している

カルダノの特徴として独自の承認アルゴリズムを採用しており、ブロックチェーンの承認を厳重にしています。カルダノで採用しているアリゴリズムは、「ウロボロス」というブロックチェーンの承認に欠かすことができません。

多くの仮想通貨では、承認アリゴリズムシステムである「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」を採用しています。

「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」は、ノードでの処理をおこなう際に多くの電気を消費してしまうという点が大きなデメリットの1つです。

しかしカルダノでは「pos(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用しており、ノードでの認証をしていません。

参加者限定で認証をおこなっているので、多くの電力がいらないという点がメリットになります。カルダノは独自の認証アルゴリズムを採用しているので、エネルギーの節約にもなっている承認システムです。

 

信頼性が高く安定した取引ができる

カルダノは仮想通貨の時価総額ランキングでも常に上位をつけており、信頼性が高いとして評判になっています。

特にカルダノの信頼性を高めている理由として、最先端科学技術が使われている点です

カルダノを開発した人の中に、トップ仮想通貨のイーサリアムを開発した「Charles Hoskinson」さんが参加しています。

カルダノは現在あるブロックチェーン技術にある問題点や課題を解決して、いい方向に向かわせるように力を入れており評価が高いです。

カルダノでは最先端の科学技術を使いブロックチェーン技術を更なる発展に向かわせており、時価総額ランキングでも上位につけ信頼性が高く安定した取引ができるので是非利用してみましょう。

 

専用ウォレットがある

カルダノでは、「ダイダロス」と「Yoroi(ヨロイ)」という2種類の専用ウォレットが用意されています。

カルダノで用意されている「ダイダロス」と「Yoroi(ヨロイ)」は、どちらも秘密鍵が採用されており、セキュリティは万全です。

「ダイダロス」はPC専用のウォレットで、「Yoroi(ヨロイ)」よりもセキュリティが固い分動作が少し重くなることがあります。

「Yoroi(ヨロイ)」はPCとスマホ両方で利用することができ、端末が重くなりにくく利用しやすい専用ウォレットです。

カルダノではそれぞれの用途によって違うのが特徴的になります。カルダノは専用フォレットが2種類用意されているので、自身にあったウォレットを利用しましょう。

 

カルダノで入出金のデメリット

カルダノでは、多くの企業や大学と連携していることや信頼性が高いなど様々なメリットを紹介してきました。

しかしカルダノでもデメリットがいくつかあり、取引前に知っておくことが重要です。

特にカルダノはビットコインの値動きに左右されることや取引できる取引所が国内には、まだ少ないなど様々なデメリットがあります。

ここではカルダノのデメリットを詳しくみていき、取引する前に知っておきましょう。

 

ビットコインの値動きが影響する

仮想通貨のレートは、カルダノに限らず全ての仮想通貨でビットコインの値動きに影響を受けてしまう傾向があります。

特にビットコインとの関わりが近い通貨は、よりビットコインの値動きに影響を受けてしまうことが多いです。

カルダノではビットコインの値動きに影響を受けてしまうことが多く、ビットコインの値動きに常に注意しなければいけません。

そのためカルダノに特段ニュースがなかったとしても、ビットコインに対してデメリットがあるニュースが流れてしまうとカルダノの値動きにも影響が出てしまうことがあります。

しかしビットコインにいいニュースが流れると、カルダノにも影響が出ることが多いです。

カルダノを決済などに利用する場合に、必ずビットコインの値動きに注意して取引するようにしましょう。

 

取引できる取引所が少ない

現在日本国内でカルダノを購入することができる取引所は、「BITPoint」でしか取り扱いがありません。

その他の取引所では現在カルダノを取り扱うことができていないので、国内であれば「BITPoint」に登録する必要があります。

しかし海外の取引所ではカルダノを取り扱っている場合が多いので、カルダノを利用することを考えている際に便利です。

特にオンラインカジノなどでカルダノを利用して入金する場合には、海外の取引所に登録してみることも検討する必要があります。

カルダノで取引したい場合には日本国内の場合だと「BITPoint」で取引する必要があり、それ以外は海外の取引所に登録してカルダノを取引しましょう。

 

公開当初マルチ商法ではないかと疑惑がもたれた

現在ではカルダノの時価総額が10位につけるなど主要仮想通貨となりましたが、公開当初はマルチ商法や詐欺を疑われました。

カルダノは日本を中心にして公開されましたが、当時集めたお金は約69億円と高額が集まったといいます。

集金の際の宣伝として「半年で億万長者になれる」といった派手な宣伝文句が謳われていました。

カルダノは怪しいといわれるようになり、マルチ商法や詐欺疑惑がいわれるようになり動向が注目されていた時期もあります。

しかしカルダノが公開された後の価格は、いっきに約400倍にも膨れ上がりました。

カルダノは結果として価格は約400倍になるなど詐欺やマルチ商法ではなく、主要仮想通貨となった経緯があります。

 

公開予定日から半年遅れて公開されて知名度が低い

先ほども紹介しましたが、カルダノが公開前に詐欺やマルチ商法ではないかという疑惑がかけられたと紹介しました。

カルダノが詐欺やマルチ商法に影響を得てしまったもう一つの理由として、公開が遅れたことが影響しています。

カルダノは、2016年の公開日よりも半年前に公開される予定でした。

しかし開発予定に不備があり想定以上に時間がかかってしまった結果として、予定していた日に後悔ができない状態になってしまったことが遅れた理由です。

カルダノに限らず仮想通貨の中には公開が遅れてしまうこともありましたが、詐欺疑惑があった中で特に影響がありました。

特にカルダノでは約69億円の資金を集めており、詐欺やマルチ商法ではないかという疑惑に拍車がかかってしまう原因です。

しかし公開以降カルダノは人気になり、今ではトップクラスの仮想通貨となりました。

 

カルダノの今後の将来性

カルダノは企業との連携や独自のアリゴリズムがあるなど様々なメリットを紹介してきました。

今後カルダノがどのように発展するのかを注目しておくことで、今後のカルダノの価値がわかりやすくなります。

ここではカルダノの将来性を現在発表されている内容から紐解いていき、今後のカルダノの発展を見極める材料にしていきましょう。

 

カルダノと企業や大学との連携

カルダノは、「Awakening Health」や「Rival」などといった多くの企業と連携していることを先ほどのメリットで紹介いたしました。

今後仮想通貨の需要が高まれば高まるほど、多くの企業との連携が組まれることが予想されています。

実際に2016年の創設以来着実に提携している企業が増えており、2018年には日本理科大学とも連携を開始しました。

今後も着実に企業や大学との連携を増やしていくと、カルダノの価値自体が高まり上昇するのではないかと予想されています。

カルダノは現在でも多くの企業や大学と連携していますが、今後さらなる提携を増やしていくことで、さらなる需要拡大が見込まれるのでぜひニュースをかかさずにチェックしておきましょう。

 

さらなる取引所で取引可能になる

カルダノは海外取引所で多くの取り扱いがあるため、時価総額が10位と主要仮想通貨となっています。

しかし国内取引所ではカルダノを取り扱っている取引所が少なく、カルダノを手に入れにくいです。

そのため日本国内で手に入れにくい状況があるためカルダノの利用率が低く、将来性に期待されています。

特に仮想通貨全体でトップクラスの時価総額を誇るので、今後国内需要が高まる可能性も高く多くの決済利用されることも見込まれており評価が高いです。

カルダノが国内の取引所で多く扱われるようになると、さらなる需要が高まる可能性があり今後の普及次第でカルダノの需要が高まる可能性があるので注目しておきましょう。

 

AdaPayが更なる普及をする

現在カルダノを決済するシステムである「AdaPay」を導入しているお店があります。

しかしまだまだ知名度がそれほど高いわけでなく、既存の決済システムであるクレジットカードより利用料が少ないのが現状です。

今後「AdaPay」の決済システム採用点が増えることでカルダノ利用者が多くなり、カルダノ自体の需要が高まる可能性があります。

特に仮想通貨全体の決済利用が進んでおり、「AdaPay」もかなり需要が高いです。

今後カルダノが更なる普及を続けた場合に、カルダノのアタイに大きな影響がある可能性があるので、決済利用のニュースをかかさずチェックしましょう。

 

カルダノだけでなく仮想通貨全体の上昇

先ほどビットコインの評価によって、カルダノにも影響があると紹介しました。

今後もカルダノとビットコインをはじめとしてカオス通貨の需要が高まれば高まるほど、カルダノに影響を与える可能性があります。

特に仮想通貨は決済利用が進むことで、カルダノにも影響を与える可能性が高いです。

現在仮想通貨を利用していない人が仮想通貨で決済を始める人が増えれば増えるほど、カルダノの価値も高まります。

また「AdaPay」の普及もカルダノを上昇させる要因となるので、仮想通貨での決済などが増えることでカルダノの需要が増える可能性が高いので、注目しておきましょう。

 

さらなる認知度が高まる

カルダノは、現在時価総額が10位と仮想通貨で注目を浴びています。今現在でも時価総額が10位と主要仮想通貨となりましたが、一気に上昇した時期は3位になりました。

カルダノはビットコインとイーサリアムに次ぐ人気となり、今後もカルダノが成長する可能性が考えられています。

カルダノがさらなる認知度が高まり多くの人が「AdaPay」などで決済利用になると、さらなるカルダノの人気となる可能性があり注目してください。

 

カルダノの購入方法

カルダノに限らず仮想通貨の購入までのステップってややこしイメージがありますよね。

しかし実際にはカルダノを売買するまでは、4ステップで自由に取引することができます。

ここではカルダノの購入までのステップを4つに分けて詳しくみていきましょう。

 

ステップ①取引所を選ぶ

カルダノを購入するためには、取引所を選ぶところから始める必要があります。

先ほども少し紹介しましたが、カルダノを取引することができる取引所が国内に多くありません。

現在国内の取引所で取引することができるのは「BITPoint」のみで、その他の取引所では取り扱いがありません。

国内取引所の「BITPoint」を登録しない場合には、海外取引所で取引することが必要です。カルダノの取引は時価総額10位と多くの人が利用しており、海外取引所の多くでは取り扱いがおこなわれています。

自分に合った取引所を選択して、次に進みましょう。

 

ステップ②取引所に登録する

取引所の登録の際に求められるのは、名前や住所などの個人情報の入力と本人確認を登録する必要があります。

各取引所によって求められる情報は違いますが、基本的には名前や住所の他に電話番号やメールアドレスを求められることも多いです。

また名前やメールアドレスなどの個人情報入力以外に、本人確認をしなければいけません。

本人確認書類は、公的機関が発行している資料や顔写真付きのものが必要です。

ここでは一般的な取引所の本人確認で利用することができる書類を並べているのでチェックしましょう。

・パスポート

・運転免許書

・マイナンバーなど個人番号

上記の書類を本人確認で利用することができます。本人確認は登録ページからアップロードするだけで済ませることができるので非常に簡単です。

アップロード後は待っているだけでいいので、カメラで撮影してアップロードしてください。

取引所に登録するのはそれほど難しくないので、取引所が用意している規約をよく読み進めていきましょう。

 

ステップ③取引所に入金する

取引所への登録が終了すると、取引所に入金する必要があります。

入金するためには銀行口座から必要分だけ入金しなければいけません。カルダノのレートを確認した上で必要分入金してください。

また銀行口座の番号を取引所に結びつける必要があるので、所定の登録箇所に銀行口座の番号を入力しましょう。

 

ステップ④実際にカルダノを購入する

銀行口座から取引所に入金した後は、カルダノを購入するだけです。取引画面にいくと必要量を入力することができます。

必要量を入力してご自身のタイミングで購入するだけです。タイミングにより価格が大きく変わる可能性があるので、タイミングの見極めはとても重要になります。

タイミングを見計らってカルダノを購入するようにしましょう。

 

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!