オンラインカジノ入出金で利用できる仮想通貨:ライトコイン

(Litecoin)

ライトコインとは、現在の時価総額が20位と評価の高い主要仮想通貨の1種類になります。

ライトコインは2011年にGoogleの元エンジニアである「チャーリー・リー」さんが創設して誕生しました。

誕生から10年以上の月日が経ちましたが多くの人が利用しており、高い人気を誇っており、決済時の手数料が少なく、取引時間も短くすぐに完了するなどオンカジでの入出金でもメリットが多いです。

また今後仮想通貨が日常的に使われるようになると、ライトコインの需要も高まる可能性が高く、将来性が高いのではないかと予想されています。

ビットコインなどの主要仮想通貨と同様に高い人気を誇っており、ここではライトコインのメリットやデメリット、さらにはライトコインの購入方法を詳しくみていきましょう。

その他、多くの仮想通貨がオンラインカジノの入出金方法に導入されてきています。

今話題の「カルダノ」という通貨もだんだんと使えるカジノサイトが増えてきていますので必見です!

 

ライトコインで入出金することのメリット・デメリット

ライトコインは、入出金の際にメリットやデメリットがあります。

ライトコインのメリットでは決済時の手数料が少なく、取引時間も短く利用しやすい決済方法です。

また発行上限も高く、流通量が多い仮想通貨でも知られています。

しかしデメリットも存在し、ビットコインの値動きに大きく左右されることもあり、取引前に注意点を知っておかなければならない点がいくつかあるのも事実です。

ここではライトコインのメリットやデメリットについて詳しくみていきましょう。

 

ライトコインのメリット

ライトコインは決済に利用した際の手数料が少なく取引時間も短いので、オンラインカジノなどの入出金に向いている仮想通貨になります。

また発行上限数が高く設定されており、決済に向いた仮想通貨として多くの人が利用しているのがライトコインです。

ここではライトコインを購入するメリットについて4つ詳しくみていきましょう。

 

手数料が少なくて決済できる

ライトコインは決済時に払わなければならない手数料が少なく、資金を大幅に減らすことなく決済を完了することができます。

手数料の支払いが少ない例として、2018年4月に9.900万ドルの決済がおこなわれました。

この時のレートでの手数料は日本円にして約43円とかなり安くなっており、ほとんど資金を減らすことがありません。

また銀行で法定通貨を利用して決済した場合には、多くの手数料を支払わなければならないケースも多く、オンラインカジノなどの入金で資金を減らすことになってしまいます。

ライトコインでの決済は手数料が少なく、資金を減らすことなく決済完了することができるのでおすすめです。

 

取引時間が短い

ライトコインは他の仮想通貨と比較して取引承認までの時間が短く、便利な決済方法になっています。

決済処理完了のことはブロック作成をして生成完了で、取引が承認されるシステムです。

主要仮想通貨であるビットコインは決済承認までに約10分もかかってしまうため、決済承認までのスピードが少し遅いです。ラ

イトコインは約2分半で生成することができ、ビットコインより4分の1の時間で決済を済ませることができます。

ライトコインは約2分半で1ブロックを生成して決済ができるので、とても便利でぜひオンラインカジノなどの決済の際に利用してみましょう。

 

発行上限数が大きい

ライトコインの発行上限数は決められており、上限8400万枚に設定されています。

この流通量はビットコインの約4倍と市場には多くのライトコインが流通しているのが大きなメリットです。

ライトコインの流通量を多くしている理由は、ライトコインが一般決済でも利用できるようにと流通量を多くしています。

そのためライトコインはオンラインカジノなど様々な決済で利用しやすく、多くの方が利用していて便利です。

ライトコインは一般決済でも利用しやすいように流通量が多くなっているので、オンラインカジノなど様々な決済で使いやすい仮想通貨でおすすめになっています。

 

時価総額上位の人気仮想通貨

ライトコインは仮想通貨の中でも常に時価総額上位につけており、人気仮想通貨の一種類になります。

時価総額が上位につけている仮想通貨は、総じて安定した値動きがしやすいです。

実際にライトコインをはじめとして多くの主要通貨は安定した値動きをしており、マイナー仮想通貨と比較して大きな変動幅になることが少なくなっています。

そのため仮想通貨をトレードしたことがない初心者の方でも、比較的扱いやすいのが主要通貨です。

ライトコインは時価総額で上位につけており安定した値動きになりやすい通貨なので、決済時に利用しやすいのではないでしょうか。

 

ライトコインのデメリット

ライトコインは時価総額が上位で高く、取引時間も短いなど安心して決済に利用することができる仮想通貨になります。

また決済時に利用する際の手数料も少ないので、オンラインカジノで入金したい際にとても便利な決済方法です。

しかしライトコインでもいくつかのデメリットがあります。

ここでは取引を始める前に知っておきたいデメリットを3つ詳しくみていきましょう。

 

ビットコインの影響を大きく受ける

ライトコインの値動きはビットコインの影響を大きく受けるので、ビットコインの値動きに注意しなければいけません。

ビットコインにいいニュースがあり上昇トレンドになれば、ライトコインも上昇トレンドになり値は上昇する傾向です。

しかし悪影響があるニュースが流れてビットコインの下落トレンドになると、ライトコインも下落トレンドになりやすくなっています。

そのためライトコインに問題がなくても、ビットコインになんらかの影響があり値動きすると、ライトコインも値動きすることが多いです。

ライトコインはビットコインの値動きに影響を与える可能性が高くなっているので、ビットコインの値動きに注意して取引しましょう。

 

ライトコインを盗まれる事件が発生したことがある

ライトコインではありませんが、仮想通貨は盗難されるといった事件が発生したことが過去においてあります。

有名な盗難事件では「マウントゴックス事件」や「コインチェック流出事件」などです。

ライトコインに限らず仮想通貨を所持している人は基本的に取引所に置いておくことが多いので、上記のような大きな事件で盗まれてしまうこともありえます。

盗難はハッキングされて起こりますが、取引所ハッキングは頻繁にあるわけではありません。

取引所のシステムやライトコインのシステム自体に改ざんされるような問題点がなく、信頼することができます。

ライトコインは基本的に盗難に遭う可能性は低いですが、万が一の確率でハッキングされる可能性があるので注意して管理するようにしましょう。

 

管理や利用は全て利用者本人がする

ライトコインを所持している人は、ライトコインを利用者本人で管理する必要があります。

そのためライトコインは、本人の管理や利用を全て利用者本人で検討することが重要です。

例えばクレジットカードは利用者に身に覚えのない利用履歴が来た場合だと、基本的にカード会社が盗難保険適応対象になります。

しかしライトコインでは利用者本人が全て管理や利用をするので、セキュリティ対策をすることが重要です。

また過去においてライトコインは一日に10%の価格を下落することもあるので、値動きに注意しながら利用するようにしましょう。

 

ライトコインの今後の将来性

litecoin将来性
ライトコインを購入する前に、将来性ってどのようになると予想されているのか知りたいですよね。

ライトコインはビットコインとの関連性が高く日常利用を目的として作られているので、日常決済などに利用される可能性が高いです。

ここではライトコインの将来性について理由を詳しく見ていきましょう。

 

ビットコインとの関連性が高い

ライトコインが誕生した背景には、ビットコインの影響が大きく今でも関連性が高くなっています。

ライトコインはビットコインの技術を応用して作られており、ビットコインで解決できなかった課題を改善するために誕生しました。

そのためライトコインは現在ある決済方法に代わる送金手段や決済方法を作ることを目的としていて、ビットコインとの関係性は深いです。

そのためデメリットでも紹介しましたが、今後もビットコインの影響を大きく受けてしまう可能性が高く、ビットコインを注意深く観察する必要があります。

ライトコインはビットコインの影響を大きく受ける可能性が高いので、将来性を考える際にはビットコインの値動きを注意しながらチェックするようにしましょう。

 

日常的に利用することが進む

ライトコインの開発目的は、オンラインカジノの入出金などの日常的な決済に利用するために作られました。

そのためライトコインに限らず仮想通貨の日常的な決済利用が進むと、ライトコインの価値も自然と上昇すると考えられています。

その中でも特に重要視されている技術が、「Segwit」というシステムです。

「Segwit」は仮想通貨の中で、ライトコインを初めて導入しました。

今後仮想通貨が日常生活で利用されるようになった場合に、「Segwit」が他の仮想通貨でも導入されるとライトコインも一気に価値が上がり、上昇する可能性があります。

これから仮想通貨の日常利用が進むことや「Segwit」のシステム導入に注目するようにしましょう。

 

半減期がある

ライトコインでは半減期が設定されており、半減期を知っておくことが有利な取引や決済利用につながります。

半減期とはマイニングで得ることができる報酬が減ってしまうことで、市場に出回るライトコインのインフレを防ぐ仕組みです。

半減期になると市場に出回るライトコインの流通量が減るので、自然と価格が上がりやすくなります。

そのためオンラインカジノなどに入金した時は半減期でなく値が上昇していませんでしたが、半減期に突入して出金すると大きく値を上げる可能性もあるのが半減期です。

今後も半減期がある可能性があり、ライトコインの価値において非常に重要な半減期の時期を予想して取引するようにしましょう。

 

ATMからの引き出すことができる

ライトコインは2020年2月に「MeconCash」との提携を発表し、ATMから引き出すことができるようになりました。

「MeconCash」では仮想通貨のプラットフォームが誕生し、多くの資産で取引できるようになり、今後の将来性が高いとされています。

ライトコインを引き出すが可能になったことで、買い物やゲーム内課金など様々な内容で利用することができるようになりました。

「MeconCash」の会長が今後韓国以外の国でも利用することができるようにしていくとの発言をしており、市場拡大のニュースに注目していきましょう。

 

ライトコインの購入方法

ライトコインを購入するまでに登録や入金など様々なステップを踏まないといけないので、大変そうに思いますよね。

しかしライトコインを購入するのはとても簡単で、たった4ステップを済ませるだけで実際にライトコインを購入することができます。

ここではライトコインを購入するために、取引所選びや登録方法などステップごとに詳しくみていきましょう。

 

ステップ①取引所を選ぼう

ライトコインを取引するためには、取引所を選ぶところから始める必要があります。

ライトコインを取引できる取引所は限られており、ライトコインが取引できる取引所にしなければいけません。

ライトコインを取引することができる取引所を選びましょう。

 

ステップ②取引所に登録しよう

次にライトコインを取引することができる取引所に登録する必要があります。取引所で個人情報や本人確認をして、専用口座を作らなければいけません。

各取引所によって登録方法が違いますが、基本的には名前や住所などの個人情報を入力する必要があります。

また本人確認を済ませるためには、本人確認書類を提出しなければいけません。

各取引所によって必要な本人確認書類は違いますが、基本的に取引所で利用することができる本人確認書類は以下になります。

・パスポート

・マイナンバーなどの個人番号

・在留カード

・運転免許書

上記記載のように「パスポート」や「マイナンバーカード」など様々な種類になります。

本人確認書類はスマホのカメラなどで撮影して、アップロードするだけで済むので簡単です。

またメールアドレスの登録も求められる場合があります。利用しやすいメードアドレスを使用して登録するようにしましょう。

取引所への登録は、個人情報の入力や本人確認書類をアップロードするだけと簡単なので、難しく捉えずにしましょう。

 

ステップ③取引所に入金しよう

取引所に登録が完了すると、次は入金になります。必要分を取引所に入金して、ライトコインに変えなければいけません。

基本的な取引所では、日本円で入金することができます。

入金方法は各取引所によって違いますが、「即時入金」や「銀行振込」など様々な選択肢から得ることができるので、使い安い方法で入金しましょう。

また多くの取引所では24時間365日いつでも入金することができます。いつでも入金することができるので、入金できるタイミングで入金してください。

 

ステップ④実際にライトコインを買ってみよう

入金が完了すると、あとは実際にライトコインを購入するだけになります。

各取引所ではライトコイン以外でも多くの仮想通貨を購入することができるので、間違えずにライトコインを選択するようにしましょう。

取引所ではライトコインのレートをチャートで見ることができるので、好きなタイミングで購入する必要があります。

必要なライトコイン数を入力して、ライトコインを購入しましょう。

 

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!