quickspin(クイックスピン)とは?

Quickspinプロバイダー

quickspin(クイックスピン)とは、2012年にスウェーデン・ストックホルムに設立されたゲームプロバイダーです。quckspinは、とても有名なソフトウェア会社「Netent(ネットエント)社」に在籍していた専門家たちによって創業されています。

設立当初からオンラインカジノゲーム開発のノウハウを持ったプロフェッショナルたちが集結していたquickspinは、クオリティの高いスロットゲームを次々と輩出し、瞬く間に知名度および信頼度が世間に知れ渡りました。

新星ゲームプロバイダーとして名を轟かせていたquicksoinでしたが、設立からわずか4年後の2016年に、同業であるソフトウェア会社「Playtech(プレイテック)社」に買収されてしまいます。

しかし、買収された後もPlaytechの子会社としてquickspinの開発チームは健在し、今なおハイクオリティなビデオスロットをリリースし続けています。

quickspinは、ビデオスロットの開発に特化しており、現在60種類以上のスロットゲームがリリースされています。全てのゲームにおいてとにかくクオリティが高く、細部までこだわり抜かれた様々な機能が魅力的となっています。

また、quickspinは信頼性も抜群で、マルタ共和国やイギリスなどが発行する国際ライセンスを複数取得しています。さらに、第三者機関であるGLIからの定期監査も受けており、信頼性や安全性、公平性は保証されています。

quickspinは、Microgaming社やNetent社などの「大手ソフトウェア会社」という位置付けではありませんが、クオリティの高いスロットゲームを数多く輩出し、オンカジ業界の名誉ある賞「EGR(E-Gaming-Review)賞」を立て続けに受賞しているという輝かしい実績を誇っています。

quickspin(クイックスピン)の取得ライセンス

quickspinは、マルタ共和国やイギリス、オルダニーなどの政府が発行する複数の国際ライセンスを取得しています。その中でも、特に有名な取得ライセンスは以下の2つです。

  • Malta Gaming Authority(マルタ共和国)
  • GAMBLING COMMISSION(イギリス)

上記2つの国際ライセンスは、オンラインゲーミング業界でトップクラスの知名度および信頼度を誇っています。厳しい審査をクリアした企業のみが取得できるライセンスであり、維持していくためにも定期的な監査をパスする必要があります。

Malta Gaming Authority(マルタ共和国)

Malta Gaming Authorityは、地中海に浮かぶマルタ共和国が発行するライセンスであり、略称「mga」という名でオンカジ業界に知れ渡っています。mgaは世界で最も取得することが困難と言われているライセンスで、信頼性は抜群です。

また、mgaを維持していくのも非常に困難で、一度mgaライセンスを取得したとしても定期的に実施される厳しい監査をクリアすることができず、途中で剥奪されてしまう企業も少なくありません。

GAMBLING COMMISSION(イギリス)

Gambling Commissionは、イギリスが発行する国際ライセンスです。1960年頃からライセンスの発行を手がけており、数多くあるライセンスの中でも古い歴史を持っています。

Gambling Commissionの審査は厳しく、ゲームの公平性や安全性はもちろんのこと、資金管理方法などについても厳しいチェックが実施されています。

quickspin(クイックスピン)の信頼性・公平性【第三者機関】

quickspinでは、ゲームの公平性などを監査する第三者機関「GLI(Gaming Laboratories International)」の定期監査を受けています。GLIは、オンラインカジノ業界はもちろんのこと、ランドカジノの本場ラスベガスやマカオなどのゲームマシンの監査も行っています。

1989年にアメリカに設立されたGLIは、カジノ業界の監査機関としてなんと「世界9割」のシェア率を誇っているのです。信頼性は折り紙付きで、2018年に日本政府からも「GLI JAPAN」と呼ばれる機関が発足するほどの存在感です。

GLIの主な審査項目は以下の通りです。

  • ゲームマシンがお金を正当に扱っているか
  • RNG(乱数発生装置)の審査
  • 自己規制プログラムの審査 等

quickspin(クイックスピン)のゲームの特徴

ビデオスロットに特化

quickspinが配信するゲームの最大の特徴は、ビデオスロットに特化しているという点です。quickspinは、現在60種類以上のゲーム配信を行っていますが、テーブルゲームやライブカジノの提供は行っておらず、スロットゲームのみとなっています。

スロットゲームのクオリティの高さには定評があり、EGR年間最優秀ゲーム賞など数多くの賞を受賞しています。

同じくスロットゲームに力を入れている、他のソフトウェア会社play’n goでも、スロットゲームに特化しているので、良いライバルになっていると思いますね。

こだわり抜かれたゲーム性

quickspinが配信するゲームの全ては、細部までこだわり抜かれたゲーム性が特徴的となっています。配信ゲーム数は他の大手ソフトウェア会社と比較するとかなり少ないですが、量よりも質を重視したゲーム開発が行われているためです。

高品質なグラフィックおよびサウンドはもちろんのこと、ゲーム一つ一つのテーマに合わせたキャラクターや演出を設定し、ゲームの世界観に合わせた音楽を取り入れるなど、一つのゲームにこだわりを持って開発されています。

5リールに特化したスロットで還元率が高い

quickspinのスロットは5リールに特化しており、ペイアウト率(還元率)が高いという特徴を持っています。最近は6リールのスロットなども提供されていますが、大半は5リールのシンプルかつユニークなビデオスロットが提供されています。

また、還元率の高さも有名で、還元率「97.0%」を超えるビデオスロットもリリースされています。

quickspin(クイックスピン)が配信するゲームの種類

quickspinでは、60種類以上のカジノゲームが配信されており、全てスロットゲームとなっています。ルーレット、ブラックジャック、バカラなどのテーブルゲームやライブカジノの提供はありません。

スロット

quickspinのスロットゲームは、5リールに特化したビデオスロットが目立ち、高い還元率を誇っています。quickspinのビデオスロットで最も有名なゲームが、2013年にERG年間最優秀ゲーム賞を受賞した「BIG BAD WOLF(ビッグバッドウルフ)」ではないでしょうか。

BIG BAD WOLFは、日本人に馴染みの深い童話「3匹の子豚」をモチーフにしたビデオスロットであり、シンボルには可愛らしい子豚たちやオオカミなどが採用されています。フリースピンやマルチプライヤー機能なども備わっており、還元率は驚異の「97.29%」を誇っています。

他にも、シンプルなスロットや、多くのペイライン数が設定されているスロット、一攫千金を狙えるスロットなど、多種多様なスロットゲームがラインナップされています。

【おすすめのスロット一覧】

  • BIG BAD WOLF
  • Sticky Bandits
  • Beowulf
  • Sakura Fortune
  • Wild Chase

quickspin(クイックスピン)の基本情報

設立日 2012年
拠点 スウェーデン
取得ライセンス

mga(マルタ共和国)、

Gambling Commission(イギリス)等

第三者機関 GLI
配信ゲーム スロット
ゲーム数 60種類以上
ライブカジノ対応 ×
無料プレイ対応
対応デバイス PC、タブレット、スマホ

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!