Select Page

ウイニングルーレット法

数多くあるオンラインカジノの中で、勝率の高い攻略方法を利用することは非常に有効です。

ウイニングルーレット法は、ルーレットゲーム専用の攻略法であり非常に人気のあるものの一つです。

 ダブルストリートゲット法を用いた攻略法であり、少々使用難易度の高い攻略法となっております。

14ゲーム行い1ゲームでも勝利すれば利益を獲得できると言うルールです。

一度でも勝利すればいいので、負けてもすぐに利益を取り返すことができます。

14ゲームを1セットと数え、全部で6セット行います。14ゲーム中に1勝利すれば次のセットに移動することができます。

1ゲームごとのベッド単位は決まっているため、最低必要資金も決まっています。その他に初心者プレイヤー全てが利用できる攻略法ではないため、 事前にどれだけの資金が必要か確認しておきましょう。

一度の勝利で利益を確定できるため、その後に負けた時のリスクは高いということになります。

メリットはあるもののデメリットもいくつかあるため、特徴や使い方をしっかりと理解してから実践するようにしましょう。

また、他にもルーレット専用のカジノ攻略法も存在しており、シフトベット法という方法もありますので、要チェックです!

 

ウイニングルーレット法の使い方

ウイニングルーレット法は、他の攻略法と違い攻略法の兼用が必須となります。

そのためウイニングルーレット法以外の攻略法も理解しなければいけません。

使い方を一度理解すればすぐに実戦で利用することができます。順番に覚えていきましょう。

 

ダブルストリートベット法を使用する

ウイニングルーレット法では、W ストリートベット法を用いてベッドを行っていきます。ストリートベットに2つ分を同時にゲットして6点かける方法です。

数字と数字の間にチップを置くことで条件が整います。ダブルストリートベッド法の配当は 1/6となっており当選確率は約16.2%です。

セットごとにチップを置く場所を変えるようにしていきます。以下のようにしてみましょう。

1セット 1,2,3,4,5,6 1,4の間
2セット 7,8,9,10,11,12 7,10の間
3セット 13,14,15,16,17,18 13,16の間
4セット 19,20,21,22,23,24 19,22の間
5セット 25,26,27,28,19,30 25,28の間
6セット 31,32,33,34,45,36 31,34の間

ダブルストリートベット法を利用したことない方でも、簡単に利用できるための練習で試してみましょう。

 

単位を決める

1セットにおけるベット単位は決まっており以下のような表にまとめることができます。

1~5回目 1ユニット
6~8回目 2ユニット
9~10回目 3ユニット
11回目 4ユニット
12回目 5ユニット
13回目 6ユニット
14回目 7ユニット

1ユニットあたりのベット額を自分で決めることができ、最低で1ドルから設定することができます。高い配当でプレーしたい方は1ユニットあたりのベット額を高くするようにしましょう。

しかしベット額を上げることでその分のリスクは高くなってしまいます。

また、回数によってペット額が異なっているため、毎回メモをしたりする必要があるので最初の頃は覚えるのに時間がかかってしまいます。

 

14ゲームベットする

ウイニングルーレット法の最大の特徴である14 回のベッド 。

1セットのゲームをするたびに14階のベッドをするため、一度のウイニングルーレット法を利用するのに、何回ものベットが必要となってきます。

利用している際に何回のベッドをしているのか確認しながら活用していきましょう。

 

次のセットへ進む

次のセットへ進むタイミングは14回全てが終わった時ではなく、14回のベット中に一度でも勝利した時です。

そのため一番最初のプレーで勝利した場合は、すぐに次のセットへ進むことができます。

ウイニングルーレット法を最短で終了させるには、6連勝することです。可能性は低いですが多くの利益を獲得することができます。

次のセットに進んだ際は、1セット目と同じように回数に合わせてベット額を変更していきます。 

 

ウイニングルーレット法の特徴

ウイニングルーレット法は、他のオンラインカジノ攻略法にはないような特徴を持っており、実践で利用するまでに少々時間が必要となってきます。

また利用する上で重要な特徴がいくつか存在し、それらを正しく理解することでより効率的に利用することができます。ここではウイニングルーレット法の特徴を紹介していきます!

 

一度勝利すれば利益確定

ウイニングルーレット法の最大の特徴ともいえるのが、 14回のゲーム中に一度でも勝利をすれば利益が確定したいということです。

他の攻略法とは違い、先に利益が確定するため早めにゲームを終了することも可能です。逆に14回のうちに勝利しなければ、損失がより大きくなっていくということになります。 

一度の処理で利益が確定する理由はダブルストリートベッドの配当が6倍となっているからです。一度の勝利で一気に損失を消すことができるので、最大13連敗しても損失を回収することが可能です。

 

最低資金が決まっている

ウイニングルーレット法は、1セットの中に39ユニット存在し、最低ベット額である1ドルから始めた場合、1セットの際に必要な最低資金は39ドルとなります。

仮に途中で勝利した場合それほどの資金は必要としませんが、1セットをやりきるためにはそれほどの資金が必要となってきます。

その他の資金が全くない初心者プレイヤーの場合、軽い気持ちでウイニングルーレット法を利用するのは難しいでしょう。

また、1セットだけではなくその後の2セット3セットにも金が必要となってくるため、合計で6×39ユニット=234ドルが必要となってきます。

事前に資金をある程度貯めてから、この攻略法を使ってみるようにしましょう。

 

覚える項目が多い

ウイニングルーレット法はベッドする回数が多いため、何回目のゲームなのか覚える必要があります。

しかし、最初のころはゲームに集中する必要があるため、何セット目で何回目のゲームかを覚えるのが難しいです。

そのため紙にメモをして利用して行くことをお勧めします。

ランドカジノではメモを持っていくのが禁止されているため、家でも利用できるオンラインカジノを利用してみましょう。

初めての頃は利用するのに時間がかかりますが、何回か利用していくうちに自然と覚えていきます。

 

ウイニングルーレット法のメリット

ウイニングルーレット法にはいくつかのメリットが存在します。事前にメリットを知っておくことで、この攻略法を利用する際に役立ちます。

メリットを理解しないまま利用するのと理解しないまま利用するのでは、効率性が変わってくるためここで紹介しているメリットを確実に理解しましょう。

まだウイニングルーレット法を利用したことない方は、 下記を参考にしてみてください。

 

利益確定がわかりやすい

ウイニングルーレット法は、利益が確定するタイミングがわかりやすい攻略法として有名です。14ゲームを行っている際に一度でも勝利すれば利益確定となります。

どんなに連敗が続いたとしても一度でも勝利すれば損失がなくなるため、精神的に安心してプレイすることが可能です。

はじめて攻略法を利用する方にとっては、どのタイミングで終了すればいいのか分からないので、まずはルールに乗っ取らなくても利益が確定した時点で終了するのもありです。

6セット全てをプレイしなくても、自分が欲している金額まで辿り着いたのであればそういうゲームを終了することができます。

 

連敗を気にしなくていい

一度でも勝利をすれば利益を確定できるため、どんなに連敗をしていてもすぐに取り消すことができます。

特に初心者プレイヤーにとって、連敗が続いてしまうとどうしても不安になってしまいます。そこで心理的感情が入ってしまい、ルール通りにベッドしなくなってしまうとより損失が増えてしまいます。

ウイニングルーレット法では、負けても一度でも勝利すれば大丈夫、という考えを持っていれば落ち着いてプレーすることができます。

 

ウイニングルーレット法のデメリット

攻略法にはメリットだけではなくデメリットも存在します。

メリットだけではなくデメリットもしっかりと確認することによって、後々のトラブルを避けることができます。

またデメリットを理解しておけば、事前に対策をすることでメリットに変えることができます。

どのような攻略方法にもデメリットは存在するため、自分にとってどのような欠点があるのかを確認しておきましょう。

ここではウイニングルーレット法のいくつかのデメリットを紹介しています。

 

無勝利だと大きな損失

一度でも処理をすれば利益を確定できるウイニングルーレット法ですが、逆に14ゲームの中一度でも勝利がなければ大きな損失が生まれてしまいます。

連敗しても大丈夫という考えを持っていると、帰って大きな損失につながってしまいます。早めの利益確定がわかるというメリットがある反面、損切りをすることができないというデメリットがあります。

そのため、どのタイミングで損切りをするか事前に考えておくことが重要となってきます。

 

メモを取る必要がある

ウイニングルーレット法はこのゲーム数を必要としているため、紙やスマートフォンにメモを取る必要があります。

仮にメモを取らないで利用した場合、何ベット必要なのかわからず間違ったべット額を費やしてしまう可能性があります。

特に初めてウイニングルーレット法を利用するプレイヤーは、絶対にメモを取るようにしましょう。

メモをとるのが手間と思うプレイヤーは、実践で利用する前に何回か練習プレイを行い覚えるようにしましょう。

 

最低資金がある

14回のゲームを6セット行うため多くの資金が必要となってきます。1ユニットの最低ベット額は1ドルとなっているため、1セットで必要な最低資金は39ドルとなっています。

これが6セットあるため、全部で234ドルが最低資金として必要です。

しかし、一度でも勝利をするもしくは途中で利益確定をして攻略法を終了すれば、そこまでの資金を用意することも利用することができます。

6セット全てをフル活用したいプレイヤーはオープン資金を用意して、ウイニングルーレット法を利用するようにしましょう。 

 

JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!