ウィナーズ投資法

 

競馬やバイナリーオプションなどでも使用されている投資法のひとつであるウィナーズ投資法をご存知でしょうか。

かつては、この投資法自体が情報商材としてオークションなどで高額販売されたりもしていたようですが、今では一般に広く知られたベッティングシステムになっています。

 

ウィナーズ投資法は他の必勝法とひと味違う独特のルールをもつカジノ 攻略で、たとえ負けが先行しても、勝率50%で利益が出るような仕組みになっています。

カジノゲームで勝ちを狙うなら、ウィナーズ投資法のような負けてるときに対処できる必勝法が重要になってきます。今回は使い方だけでなく、上手に使うコツもあわせて教えていくので、ぜひこの記事を参考にウィナーズ投資法をマスターしてくださいね。

ウィナーズ投資法とは?

ウィナーズ投資法は「モンテカルロ法」によく似たシステムベッティングで、数列を使用するというのが特徴です。

ウィナーズ投資法は、2回続けて負けてしまった時に使える必勝法で、勝った回数と負けた回数が同じになると資金が増えるベッティングシステムです。

 

ウィナーズ投資法が使えるカジノゲームは主にテーブルゲームの中心である、「ルーレットの赤黒」「バカラ」「ブラックジャック」「シックボー」などで、勝率50%で勝てるゲームでウィナーズ投資法は有効です。

1.ウィナーズ投資法のやり方

ウィナーズ投資法ではメモを使用するので、紙とペンをご用意ください。2連敗した時からメモを取っていきます。(メモする数字は各ゲーム賭け金の単位数を表します)

では、具体的な手順を1ドルからスタートしたとして見ていきましょう。

①ベット額を決めて、2連敗するまで普通にプレイする

まずは、ウィナーズ投資法を始める前にベット額の設定をします。これは1ゲーム目から賭けていく金額の設定で、任意で構いません。

そして、2連敗するまで設定したベット額をひたすらかけていき、2連敗後、必勝法を使用していきます。

 

②2連敗したらウィナーズ投資法のスタート

2連敗したらウィナーズ投資法の開始です。「1,1」とメモし、次ゲームで左端の数『1』を2倍にした単位分をベットします。

1ドルスタートなので、この場合は次ゲームに2ドルベットします。

 

③負けた場合

賭けた単位を右端に加えます。この場合は「1,1,2」とメモします。左端の数字が『1』なので次ゲームではベット額を変えず、再度2ドルをベットします。

 

④勝った場合

左端の数字を消します。この場合は「1,2」となり、新しく左端となった数を2倍した単位数が次のベット額となります。この場合『1』なので変わらず2ドルをベットします。

 

⑤数列がなくなれば利益確定

この手順でゲームを進めていき、数列が全てなくなれば利益確定します。

これで1サイクル終了です。再度ウィーナズ投資法を使用する場合は、数列を「1,1」から始めましょう。

ウィナーズ投資法のシュミレーション

では、実際にウィナーズ投資法はゲーム展開でどのような違いが出るのでしょうか。

「連勝後に連敗するパターン」「連勝後に連敗するパターン」「勝ち負けが交互にくるパターン」の3パターンをシミュレーションして、結果をみていきましょう。

 

連敗後に連勝するパターン

 

・基本ベット額1ドル

回数 ベット額 結果 損益 数列
1 1ドル 負け -1ドル
2 1ドル 負け -2ドル 1,1
3 2ドル 負け -4ドル 1,1,2
4 2ドル 負け -6ドル 1,1,2,2
5 2ドル 勝ち -4ドル 1,2,2
6 2ドル 勝ち -2ドル 2,2
7 4ドル 勝ち +2ドル 2
8 4ドル 勝ち +6ドル

 

最初に4連敗してしまいましたが、その後4連勝で+6ドルとなりました。

勝率は50%ですが、ウィナーズ投資法により後半のベット額が前半より大きくなるため、トータルで利益を残すことできています。

 

連勝後に連敗するパターン

 

・基本ベット額1ドル

回数 ベット額 結果 損益 数列
1 1ドル 勝ち +1ドル
2 1ドル 勝ち +2ドル
3 1ドル 勝ち +3ドル
4 1ドル 勝ち +4ドル
5 1ドル 負け +3ドル
6 1ドル 負け +2ドル 1,1
7 2ドル 負け ±0ドル 1,1,2
8 2ドル 負け -2ドル 1,1,2,2

 

勝ち負けが交互にくる場合

 

・基本ベット額1ドル

回数 ベット額 結果 損益 数列
1 1ドル 負け -1ドル
2 1ドル 負け -2ドル 1,1
3 2ドル 負け -4ドル 1,1,2
4 2ドル 勝ち -2ドル ,1,2,
5 2ドル 負け -4ドル 1,2,2
6 2ドル 勝ち -2ドル 2,2
7 4ドル 負け -6ドル 2,2,4
8 4ドル 勝ち -2ドル 2,4
9 4ドル 負け -6ドル 2,4,4
10 4ドル 勝ち -2ドル 4,4
11 8ドル 勝ち +6ドル 4
12 8ドル 勝ち +14ドル

 

2連敗後、ウィナーズ投資法を使い始めた時点から、勝ち負けが交互にきましたが、最終的には大きくプラスとなりました。

勝ち負けが交互にくると、1セッション終了とならずにじわじわと賭け金が増えていくのが特徴です。

ウィナーズ投資法のメリット・デメリット

どんな必勝法でも、メリット・デメリットがあります。ウィナーズ投資法のメリットとデメリットをご紹介します。

 

ウィナーズ投資法のメリット

 

勝率50%で利益を出せる

ウィナーズ投資法は勝率50%でも、利益が出るように設計されています。同額ベットの場合だと、勝率50%の場合は収支±0で終わるので、同額ベットと比べるとウィナーズ投資法が効率の良いベット方法だとお分かりいただけるでしょう。

 

また、ウィナーズ投資法において、勝ち負け同数になるためには、何度も連勝する必要はありません。序盤で2連勝または3連勝もすれば1サイクル終了の可能性は高くなります。

ルーレットの赤黒やバカラなど勝率50%のゲームなら初心者でも勝ちやすいので、ウィナーズ投資法はカジノゲームでとコツコツ収支プラスを狙いたい初心者にうってつけの必勝法と言えるでしょう。

 

損失を低リスクで回収できる

損失回収系の必勝法で有名なのはマーチンゲール法です。しかし、連敗数が多いとベット額が増え続け、リスクがかなり高くなってしまいます。

 

一方、ウィナーズ投資法は連敗後に勝ち始めてから賭け金が徐々に上がるようになっているので、連敗が先行しても元手資金を失うリスクは低くなります。下記の表をご覧ください

連敗数

ウィナーズ投資法

の損失合計

マーチンゲール法

の損失合計

1 1ドル 1ドル
2 2ドル 3ドル
3 4ドル 7ドル
4 6ドル 15ドル
5 8ドル 31ドル
6 10ドル 63ドル
7 12ドル 127ドル
8 14ドル 255ドル

 

ウィナーズ投資法の損失合計額の方がマーチンゲール法の損失合計額よりも圧倒的に低いことが分かります。マーチンゲール法は何連敗しても1勝で全ての損失を取り戻せる必勝法ですが、このように連敗が続いてしまうと資金の大部分を失うリスクが高いため、資金に余裕があっても安易に使うのは危険です。

 

しかしウィナーズ投資法なら、少額資金でもある程度の連敗数に耐えられるので、元手資金が少ないプレイヤーにとって使いやすい必勝法と言えます。

 

ベット額がゆるやかに増えていく

ウィナーズ投資法は連敗後の勝ちをきっかけにベット額がゆるやかに上がるようなシステムです。

例えば、1ドルでスタートした場合、2連敗すると3ゲーム目から2ドルを賭けることになりますが、その後2回勝つまで賭け金は2ドルのままです。

 

ベット額がゆるやかに増えるメリットは、一気に損失が増えるリスクが低く、精神的な負担もあまりかからない点です。追い込まれてしまうとプレッシャーで実力が出せないというような方も多いのではないでしょうか。プレッシャーのかかる局面が、苦手な人はぜひウィナーズ投資法を使ってみてください。連敗しても大きな痛手を負わないので、比較的安心して運用できます。

 

ウィナーズ投資法のデメリット

最初に連勝するパターンだと勝率50%でも損失が出てしまう

ウィナーズ投資法は、連敗時に賭け金を増やすことになるため、連勝が先にくるときは勝ち負け同数でも損失が出ることがあります。

 

具体例として以下の表をご覧ください。

回数 ベット額 結果 損益 数列
1 1ドル 勝ち +1ドル
2 1ドル 勝ち +2ドル
3 1ドル 勝ち +3ドル
4 1ドル 勝ち +4ドル
5 1ドル 負け +3ドル
6 1ドル 負け +2ドル 1,1
7 2ドル 負け ±0ドル 1,1,2
8 2ドル 負け -2ドル 1,1,2,2

 

ウィナーズ投資法を開始しているのは2連敗を喫した6ゲーム目からです。その前に連勝していますが、連敗してウィナーズ投資法を使い始めて賭け金が上がりました。結果、1~8ゲーム目までで勝ち負け同数ですが、スタート時点よりも収支マイナスとなっています。

 

そもそもメリットで挙げた「勝率5割で利益が出せる」というのは、ウィナーズ投資法を開始する2ゲーム前からカウントした勝率のことです。連勝が先行しているときはウィナーズ投資法は開始できないので、ウィナーズ投資法のメリットが出せないのでご注意してください。

 

勝ち負けが交互のパターンだとベット額が大きくなる

先程、シミュレーションで確認したとおり、ウィナーズ投資法では勝ち負けが交互に訪れるとベット額が徐々に大きくなっていきます。

 

これはウィナーズ投資法が勝ちをきっかけにベット額が増える性質と、負けると数列の数が増えるルールを持ち合わせているためです。ベット額が増えても連勝できれば一気に1サイクルを終了させられますが、勝ちが単発だと1サイクルが長引き、そのぶんベット額も上がっていきます。

 

ただベット額が上がるといってもあくまでもゆるやかなになので、それほど大きなデメリットとは言えないでしょう。スタートベット額の数十倍の額をベットしなければならないような展開はウィナーズ投資法ではほぼないなので、高額ベットが苦手な人でも無理なく使えます。

 

メモを取る必要がある

ウィナーズ投資法は数列を使うルールのため、正確に管理できなければ、その効果を発揮できません。頭のなかで暗記しながらプレイできれば問題ないですが、至難の技です。

ランドカジノでは、筆記用具やスマホなどでメモするのは禁止ですが、オンラインカジノなら自宅でできるのでメモし放題です。オンラインカジノ向けの必勝法と言えるでしょう。

ウィナーズ投資法を使うのにおすすめのオンラインカジノ

ウィナーズ投資法を使うのにはオンラインカジノが圧倒的におすすめです。ここではおすすめのオンラインカジノをご紹介します。

カジ旅

カジ旅はRPG風のカジノで、エンターテインメント性が非常に高く、その他のオンラインカジノと一線を画すオンラインカジノです。

自分の分身となるアバターを選んだり、所属する王国を選んだりと、まるでゲームの世界に入ったかのような体験をすることができます。

ストーリーを進めていくとボスが現れたり、レベルアップしたりと冒険要素がふんだんにちりばめられています。

また、ライブカジノも豊富なので、ウィナーズ投資法を試すのにピッタリのオンラインカジノと言えるでしょう。

 

カジノシークレット

カジノシークレットはキャッシュバックが優れている、非常にお得感の強いオンラインカジノです。サイトデザインも洗練されており、かなり使いやすいオンラインカジノとなっています。

また、カジノシークレットではライブカジノを多く取り揃えています。

お得に遊ぶことができるキャッシュバックもしっかり充実しているので、初心者の方でもルウィナーズ投資法を試しやすいオンラインカジノと言えるでしょう。

 

ロイヤルパンダ

ロイヤルパンダは、ゲームの種類が豊富なオンラインカジノです。また、ロイヤルパンダではアカウント通貨を日本円を含む10通貨のうちから設定することができます。通常オンラインカジノではアメリカドルかユーロに固定されているので、どれくらい遊んでいて、どれくらいの利益を得たのか把握するためにいちいち自分で日本円換算しなければいけません。

しかし、ロイヤルパンダでアカウント通貨を日本円に設定しておけば、そういったわずらわしさもなく資金管理もしやすく、初心者の方でも安心です。

まとめ

ウィナーズ投資法は負けが先行しても低リスクで損失を取り戻して利益も出せる使いやすい必勝法です。ルーレットの赤黒やシックボーの大小、バカラなど勝率約1/2、配当2倍のゲームで使用できます。

メモを取るという面倒さはありますが、少額資金からでも実践しやすく、破産するリスクも低いので、ぜひ一度試してみください。

勝率が良いときはパーレー法に切り替えてみる等アレンジを加えれば、より効果的に使えるようになりますよ。

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!