シックボーゲーム

カジノゲームというと、ブラックジャックやバカラなどトランプを使ったゲームが主流ですが、シックボーはサイコロ カジノとも言われるカジノゲームです。

別名「大小」や「タイサイ」とも呼ばれており、丁半等サイコロゲームの歴史を持つ日本人により馴染みのあるカジノゲームと言えます。

シックボーとは?

オンラインスロットとはどういったものなのでしょうか。その歴史から見ていきましょう。

オンラインスロットは、オンラインカジノが創設された、1994年に生まれました。ランドカジノのカジノスロットとは違い、実機では実現することができない、複雑な演出や美しい映像、ド派手なボーナスに世界中の人々が夢中になりました。

その後も新しいマシンが続々と発表され、現在ではどこのオンラインカジノでも数百種類のスロットネットを遊ぶことができます。

日本のパチスロとの大きな違いは、ベット額を自分で決められたりオートスピンでボーナスが揃うまで自動で回してくれる機能があったりと、便利な機能が満載です。

また、ジャックポット搭載の台ならパチスロではありえない、億越えの配当も夢ではないのです。

そこで今回はそんな、オンラインスロのルールや必勝法、遊ぶのにおすすめのサイトなどをご紹介していきます。

1. シックボーゲームの流れ

シックボーのゲームの流れはいたってシンプルです。

①3つのサイコロの出目を予想してベットする

②ディーラーが3つのサイコロを振る

③プレイヤーが予想した出目と結果が一致すれば勝利

④出目に応じた配当が支払われる

以上が、基本的なシックボーのゲームの流れになります。

2. シックボーゲームのルール

ゲームの流れは丁半とほぼ同じですが、丁半が「丁(偶数)」か「半(奇数)」かを当てるゲームなのに対して、シックボーは賭け方が多彩です。

・出目の大小を当てる

・3つのサイコロの出目の合計を当てる

・3つのサイコロのうち1つの出目を当てる

・3つのサイコロのうち2つの出目を当てる

・ゾロ目を当てる

というように、丁半に比べて予想するポイントが多く存在するのが特徴です。

3. ベットの方法と配当率

ここからは、シックボーのベット方法とそれぞれの配当率をご紹介します。

大/小(BIG/SMALL)

サイコロの出目の合計数が「大(11~17)」もしくは「小(4~10)」のどちらかを予想するベット方法です。 名前の由来にもなっている基本的な賭け方になります。 ※「トリプルベット」などのゾロ目に賭ける役が別途存在するため、「大/小」で賭けた時の出目が1-1-1や2-2-2など、ゾロ目が出た場合には負けとなります。

配当:2倍

理論上の勝率:48.6%

偶数/奇数(EVEN/ODO)

サイコロの出目の合計数が、偶数になるか奇数になるかを予想するベット方法です。例えば、合計数が9なら「奇数」12なら「偶数」ということになります。 こちらも「大/小」と同じく、ゾロ目の場合は負けとなります。

配当:2倍

理論上の勝率:48.6%

シングル・ナンバー

出目に対して、1~6のいずれかの数字が出ることを予想するベット方法です。 3つのサイコロのうち1つでも選んだ数字が出れば2倍の配当を獲得できます。さらに、選んだ数字が2つなら3倍、3つなら4倍と配当が上がります。

配当:2~4倍

理論上の勝率:

34.7%(サイコロ1つ)

6.94%(サイコロ2つ)

0.46%(サイコロ3つ)

ペア

サイコロ3つのうち、2つの数字の組み合わせを予想するベット方法です。「1-2」「6-5」など、ゾロ目を除いた15パターンがあります。

配当:6倍

理論上の勝率:13.9%

ダブル

1~6のいずれか1つの数字を選び、その数字が2つ以上出ることを予想するベット方法です。 シングル・ストレートでゾロ目を狙うようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。

配当:11倍

理論上の勝率:7.41%

エニートリプル

1~6までどの数字でも、3つのサイコロが全て同じ数字のゾロ目を予想するベット方法です。

配当:30倍

理論上の勝率:2.28%

トリプル

1~6の数字の中から1つ選択し、サイコロの出目が3つとも選んだ数字のゾロ目を予想するベット方法です。 確率は非常に低いですが、もし当たればシックボーで最も高い1配当を獲得することができます。

配当:180倍

理論上の勝率:0.46%

トータル

3つのサイコロの出目の合計数を予想するベット方法です。これはシックボー独特の賭け方と言えるでしょう。選択する数字によって確率が異なるため、獲得できる配当にも差があります。

(※シックボーの種類やルールによって配当が多少異なります。ここでは一般的なシックボーの配当を紹介しています。)

配当/理論上の勝率

合計が「4」または「17」:60倍/1.4%

合計が「5」または「16」:30倍/2.8%

合計が「6」または「15」:17倍/4.6%

合計が「7」または「14」:12倍/6.9%

合計が「8」または「13」:8倍/9.7%

合計が「9」または「12」:6倍/11.6%

合計が「10」または「11」:6倍/12.5%

4. シックボーゲームの必勝法

カジノゲームをぷれいするならやっぱり勝ちたいですよね。ここからは、シックボーをプレイする際に、使える必勝法をご紹介します。

ぜひ参考にして、勝ちにつなげてくださいね。

ウィナーズ法

ウィナーズ法は、勝率がおよそ50%で配当が2倍のゲームで有効な必勝法です。シックボーなら「大/小」や「奇数/偶数」のベット方法で有効に使えます。 大勝ちを狙う方法ではありませんが、ゲームに負けて出てしまった損失を少しづつ取り戻し、利益を出すことが可能です。

シックボーは様々なベット方法がありますが、最初は比較的当てやすい「大/小」に賭けるのがおすすめです。仮に負けた回数の方が多くても利益が出る場合もあり、比較的リスクも低いため、シックボーをプレイする際には1度試してみてください。

①1ユニットの金額を決める

ウィナーズ法の手順は、まず「1ユニット」の金額を決めます。「ユニット」とは、ベットするときの基準となる金額の単位です。

ウィナーズ法では数列をメモしながらプレイしていきますが、数字とベット額を同じにしてしまうと、ベット額を上げたい時などに数列の書き方がややこしくなってしまいます。

そこで「ユニット」という単位を使うことによって、ベット額の増減を調整しやすくするといういことです。

例えば「1ユニット=1$」から「1ユニット=5$」に変更しても、数列の書き方は同じままですが、ベット額を5倍にすることができます。

②2連敗したらスタート

この手法は2連敗するまでは使用しません。つまり、勝っている場合は最初の「1ユニット」をベットし続けるということです。

そして2連敗した時に、数列「1,1」とメモし、ウィナーズ法を開始します。

③数列の左端の数字を2倍した額をベットする

次の勝負でいくらベットするかは数列の左端の数字を見て判断します。ベット額の決め方は「数列の左端にある数字を2倍した額」となります。

例えば、数列が「1,1」となっている場合の左端の数字は「1」ですので、2倍にした額、つまり「2ユニット」がベットする額となります。

例)「1ユニット=1$」に設定している場合は「2$」になる。

④勝った時は、数列の左端の数字を1つ消す

勝った場合は、数列の左端の数字を1つ消します。

例えば、「1,1,2」という数列から「2ユニット」をベットし勝った場合、左端の数列を1つ消します。数列は「1,2」となります。次の勝負では、左端の「1」を2倍した額、つまり「2ユニット」がベット額になります。

そして、次の勝負で勝った場合、数列「1,2」から左端の「1」が消えるため、数列は「2」となり、次の勝負では「2」を2倍した額、つまり「4ユニット」がベット額となります。

数列がなくなったら終了

上記のルールに従って数字を追加したり、消したりしながらゲームを進めていきます。

勝負に勝って数字を消し、数列がなくなったら、ウィナーズ法の1セット終了の合図です。

数列の書き間違いやミスがなければ、1セットが終了した時点で利益が出ているはずです。

パーレー法

パーレー法もウィナーズ法と同様で、勝率約50%、配当2倍のゲームで使うことができます。シックボーの「大/小」、「偶数/奇数」などで有効な必勝法です。 ウィナーズ法と比べると大きく勝つこを狙えます。ゲームで勝つたびに賭ける金額を倍にしていくので、どんどん大きな利益を獲得できる攻めの攻略法といえます。

パーレー法は、メモを取ったりする必要もなく大変簡単で使いやすい攻略法です。

シックボーの「大/小」もしくは、「偶数/奇数」いずれかに賭け、うまく波に乗って連勝が続けば、一気に勝ち額が膨れ上がります。 もし、途中で負けてしまっても最初に賭けた金額以上の損失が出ないため、ローリスクでありながら短い時間で稼げるため、シックボーに初心者の方にもおすすめです。

①1ユニットの金額を決める

ウィナーズ法と同様に、「1ユニットの金額」を決めます。

 

パーレー法はシンプルな攻略法なので、わざわざユニット換算をしなくても良いかもしれませんが、攻略法の多くはユニット計算する方が分かりやすくなるため、マスターしておくことをおすすめします。

②連勝の回数を設定する

パーレー法で一番重要なのがこの手順です。ギャンブルの世界で勝ち続けることは不可能でしょう。

パーレー法は勝った時に使う攻略法なので、「連勝できる確率」が重要となってきます。

1回の負けですべての利益がなくなってしまうので、「連勝している時」に攻略法をやめるという必要があるわけです。

そこで、「〇回連勝したら攻略法をリセットする」と最初から決めて勝負に挑みます。

勝率約50%のゲームで同じ結果が出続ける確率は、6連勝1.6%、7連勝0.8%とかなり低くなってしまうため、3連勝12.5%、4連勝6.2%、5連勝3.1%くらいがおすすめとなりますので、「3連勝したらリセット」という風に決めておくことが大切です。

③プレイ開始、最初の1ユニットをベット

連勝回数を決めたら、ゲームスタート。まず、あらかじめ決めた1ユニットをベットします。

④勝った場合は、ベット額を2倍にする

もし勝負に勝ったら、次の勝負では倍の「2ユニット」をベットします。さらに勝負に勝った場合は、その倍の「4ユニット」、さらにさらに勝負に勝った場合は、また倍の「8ユニット」。という具合に、勝ったらベット額を倍々にしていきます。

⑤負けた場合はリセット、再度1ユニットをベット

負けた場合は、どの時点においても、次の勝負ではリセットし、ベット額を「1ユニット」に戻します。

つまり、連敗が続いている時はずっと「1ユニット」をベットする形になります。

⑥設定した連勝回数に達したら攻略法をリセット

連勝が続き、最初に決めた連勝回数に達したら攻略法をリセットし、利益確定します。

この手法は、何連勝していても1回でも負けてしまえば利益がなくなりますので、決めた連勝回数で一旦終わるというのが重要になってきます。

連勝中は、1回で得られる利益が大きくなってくるので、どうしても欲が出てくるかもしれませんが、決めた連勝回数を必ず守るようにしましょう。

5. シックボーを遊ぶならこのカジノ

では、実際にシックボーを遊ぶならどのオンラインカジノがいいのでしょうか。ここからは、シックボーを遊ぶならこのカジノ!というオンラインカジノをご紹介します。

ベラジョンカジノ

国内人気ナンバーワンのベラジョンカジノが安心です。日本人向けの手厚いサポートやわかりやすいサイト設計となっており、非常に遊びやすい環境となっています。

ライブカジノも豊富に用意されているので、思う存分シックボーを楽しめることでしょう。

カジノシークレット

カジノシークレットは、ライブカジノが豊富なことで知られています。独自のVIPルームなども用意されており、まさにsic boを遊ぶには持って来いのオンラインカジノと言えるでしょう。

最大で、10000ドルまで賭けれるテーブルもあるので、初心者の方からハイローラーの方まで満足できるオンラインカジノとなっています。

ラッキーニッキー

ボーナスやキャンペーンが豊富なラッキーニッキーもシックボーを遊ぶならおすすめです。様々な種類のボーナスがあるので、シックボー以外にもフリースピンなども楽しめます。日替わりプロモなどもあり、飽きない設計となっています。

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!