カジノウォー

「カジノウォー」は1990年代後半にアメリカのランドカジノで誕生した、比較的新しいトランプゲームです。

トランプゲームの中では歴史が浅く、「聞いたことないよ。」という方も多いのではないでしょうか?

カジノウォーは、たった1枚のカードを使うシンプルなゲームで、スピーディーにゲームを楽しみたい方に非常におすすめのカジノゲームです。

 

ここでは、カジノウォーのルールから必勝法まで詳しくご紹介していきます。

カジノウォーとは?

カジノウォーとは一言でいうと、『ディーラーとプレイヤーに配られるカードの強さ(数値の大小)を競うゲーム』です。非常にシンプルなゲームで、ブラックジャック(Blackjack)やオンラインバカラゲームのように「特定の数値に対して近いか遠いで勝負が決まる」や「カードの数値とゲーム内での数値の扱いが異なる」という事もないので、ゲームに参加・プレイする為にプレイヤーがそれぞれのゲーム毎にルールを覚える必要もなく、カジノで遊び始めたばかりの初心者の方でも分かり易く、始めやすいゲームといえます。

 

また、最短1枚のカードで勝負が決まるというのも分かりやすいですよね。

カードの強さは、Aが一番強く、その後K、Q、J、10の順番で2が一番弱い数字、というベーシックな順番になります。

1.カジノウォーのルール

それでは、カジノウォーのルールをご紹介します。

 

カジノウォーは、ディーラーとプレイヤーそれぞれに1枚ずつ配られるカードの数字の大小を競うゲームです。

ジョーカー2枚を除いた52枚から、カードが1枚ずつ配られます。

 

この時、ハートやダイヤなどのカードのマークは勝敗に関係ないので、数字だけを確認します。

プレイヤーのカードの数字がディーラーよりも大きければ勝ち、小さければ負け、同じなら引き分けになります。

引き分けだった場合は再び勝負に出ることも可能です。

 

カジノウォーの数字の強さは、一般的なポーカーなどと同じになっています。

最も小さい数字は「2」で、最も大きい数字が「A」です。

 

完全にランダムで配られるので、自分でカードを選ぶことはもちろん、どのカードが来るのか読み取ることもできません。

カードの交換などの駆け引きの要素1もありませんので、正真正銘の1発勝負になります。

2.カジノウォーの流れ

では、ここからは実際のカジノウォーの流れを見ていきましょう。

 

①ベットする

まず最初に、プレイヤーがベットします。チップを賭けて勝負する、もしくは引き分けを予想するなら「TIE(引き分け)」に賭けます。勿論、両方にチップを賭けることもできます。

 

②ディーラーとプレイヤーにそれぞれカードが配られる

ベットが終了すると、ディーラーはプレイヤーにカードを1枚、仰向けにした状態で配り、最後にディーラー自身に カードを1枚伏せた状態で配ります。 その後、ディーラーは自分のカードをめくり自らの手を披露しプレイヤーのカードと比較し勝敗を判断します。

 

③引き分けだった場合

1回目で勝負がつけばそのまま終了となりますが、同点で引き分けだった場合、

 

・「サレンダー」を宣言して、賭け金の半分をディーラーに支払い勝負を降りる

・「ウォー」を宣言して、賭けた金額と同額をさらに賭けて勝負をする

 

以上2つの選択肢を選択することが可能となっています。

 

「ウォー」を選択した場合には、ディーラーはもう一度新たにプレイヤーとディーラーそれぞれに1枚ずつのカードを配り、 再度勝負を行うことになります。

3.カジノウォーの配当

次はカジノウォーの配当を見ていきましょう。

 

・1枚目で勝負が決まった場合

 

プレイヤーの勝ち:賭けた金額の1倍が配当として支払われます。

プレイヤーの負け:賭け金はすべて没収となります。

 

・2枚目で勝負が決まる場合

 

プレイヤーの勝ち:

2回目に賭けた金額に対してのみ1倍の配当が支払われます。(1枚目の際に賭けた金額はそのまま戻されます。)

 

再度引き分けになった場合:

1回目に賭けた金額と2回目に賭けた金額それぞれに対して1倍の配当が支払われます。

 

・TIE(引き分け)を予想して当たった場合

ベット額の10倍の配当が支払われます。

 

文章だけでは少し分かりづらいかと思いますので、表にしてみます。

 

・アンティに10ドル賭けた場合

  ディーラーと勝負して勝つ ディーラーと勝負して負ける 引き分け⇒1枚目で降りる 引き分け⇒2枚目へ続行
1枚目 20ドル 0ドル 5ドル  
2枚目 30ドル 0ドル 40ドル 40ドル

 

・アンティとタイに10ドルずつベットした場合

  ディーラーと勝負して勝つ ディーラーと勝負して負ける 引き分け⇒1枚目で降りる 引き分け⇒2枚目へ続行
1枚目 20ドル 0ドル 115ドル  
2枚目 140ドル 110ドル 150ドル 150ドル

 

4.カジノウォーの必勝法

カジノウォーは資金管理方法次第で稼げる可能性が上がります。カジノウォーは配当が2倍、かつ勝率が約50%なので、多くの必勝法を使うことができます。

ここからは、カジノウォーで有効な必勝法をご紹介します。

 

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、最も有名な必勝法です。負けたら前回の賭け金を倍額にするというシンプルなものですが、1回でも勝つことができれば、今まで負けていた損失額を取り戻すことができます。この手法は連敗すれば、賭け金がどんどん増えますが、勝っても利益が少ないのでミドルリスク・ローリターンな必勝法です。

 

例えば、1回目に負けたら、次のゲームで2ドル賭けます。 さらに負けたら、次は4ドル。 4ドルでも負けたら、次は8ドル。賭け金が16ドルとなったゲームで勝った場合、32ドルが手元に戻ってきます。

 

これまでの合計賭け金は、31ドル(1+2+4+8+16)になるので、 1ドルの利益が出ました。 つまり、連敗していても1勝さえすればそれまでの負けを全部取り戻し、スタートした時の賭け金が利益になります。

 

マーチンゲール法のメリットは、

・連敗が続いても、1度勝てば全ての損失額が取り戻せる。

・簡単なルールなので、初心者でも簡単に使用することができる。

 

逆に、マーチンゲール法のデメリットは、

・資金に限界があるので、負け続けると取り返すことができない。

・連敗が続くと、勝利までの心理的負担が大きい。

・各ゲームでは最大ベット額に制限がある。

 

パーレー法

パーレー法は一気に稼ぎたい方にオススメの必勝法です。

パーレー法は、勝ったら前回の賭け金を倍賭けする必勝法で、「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。連勝すると賭け金が倍々と増えていくので、流れに乗ると大きな利益を出すことができます。

負けた場合は賭け金が増えず、勝てば利益がどんどん増えていくのでローリスク・ミドルリターンな必勝法です。

 

例えば、スタートの賭け金を1ドルとした場合、5連勝したとします。

 

1回目で勝てば、次ゲームで1×2=2ドル賭けます。 さらに勝てば、次は2×2=4ドル。 3回目も勝てば、次は4×2=8ドル。 4回目、5回目も勝てば、同様の手順で倍賭けしていきます。結果、5連勝で31ドルもの利益になります。

 

 『勝てば倍賭け』というシンプルなルールなので、初心者の方でも簡単に覚えられますね。

 

パーレー法のメリットとしては、

・連勝すればするほど大きな利益になる。

・短時間で稼ぐことができる。

・シンプルなルールなので、誰でも使うことができる。

 

パーレー法のデメリット

 

・1回でも負けると収益はマイナスになってしまう。

 

ウィナーズ法

ウィナーズ投資法は、勝率がおよそ50%で配当が2倍のゲームで有効な必勝法です。 大勝ちを狙う方法ではありませんが、ゲームに負けて出てしまった損失を少しづつ取り戻し、利益を出すことが可能です。

①1ユニットの金額を決める

ウィナーズ法の手順は、まず「1ユニット」の金額を決めます。「ユニット」とは、ベットするときの基準となる金額の単位です。

ウィナーズ法では数列をメモしながらプレイしていきますが、数字とベット額を同じにしてしまうと、ベット額を上げたい時などに数列の書き方がややこしくなってしまいます。

そこで「ユニット」という単位を使うことによって、ベット額の増減を調整しやすくするといういことです。

例えば「1ユニット=1$」から「1ユニット=5$」に変更しても、数列の書き方は同じままですが、ベット額を5倍にすることができます。

 

②2連敗したらスタート

この手法は2連敗するまでは使用しません。つまり、勝っている場合は最初の「1ユニット」をベットし続けるということです。

そして2連敗した時に、数列「1,1」とメモし、ウィナーズ法を開始します。

 

③数列の左端の数字を2倍した額をベットする

次の勝負でいくらベットするかは数列の左端の数字を見て判断します。ベット額の決め方は「数列の左端にある数字を2倍した額」となります。

例えば、数列が「1,1」となっている場合の左端の数字は「1」ですので、2倍にした額、つまり「2ユニット」がベットする額となります。

例)「1ユニット=1$」に設定している場合は「2$」になる。

 

④勝った時は、数列の左端の数字を1つ消す

勝った場合は、数列の左端の数字を1つ消します。

例えば、「1,1,2」という数列から「2ユニット」をベットし勝った場合、左端の数列を1つ消します。数列は「1,2」となります。次の勝負では、左端の「1」を2倍した額、つまり「2ユニット」がベット額になります。

 

そして、次の勝負で勝った場合、数列「1,2」から左端の「1」が消えるため、数列は「2」となり、次の勝負では「2」を2倍した額、つまり「4ユニット」がベット額となります。

 

数列がなくなったら終了

上記のルールに従って数字を追加したり、消したりしながらゲームを進めていきます。

勝負に勝って数字を消し、数列がなくなったら、ウィナーズ法の1セット終了の合図です。

数列の書き間違いやミスがなければ、1セットが終了した時点で利益が出ているはずです。

 

ハウスエッジの少ないベット方法を選択する

ハウスエッジとは、プレイヤーがカジノに支払う手数料をパーセンテージで示した数字で、「控除率」と呼ばれることもあります。

 

カジノウォーは駆け引きがなく、運任せのゲームであるため、できる限りこのハウスエッジが少ないベット方法を選ぶことが、勝つためのコツとなります。

 

まず、最初の勝負では「アンティ」「タイ」のいずれかを選ぶ必要がありますが、最初の「タイ」に賭けた場合は、18.65%という多めのハウスエッジが設定されているため、「アンティ」を選ぶのが良いでしょう。

 

そして、最初の勝負で引き分けとなった場合には「ウォー」「サレンダー」のいずれかを選ぶ必要がありますが、「ウォー」のハウスエッジが2.88%であるのに対し、「サレンダー」のハウスエッジは3.70%となっていますので、ウォーを選んで勝負を続行するのが良いでしょう。

5.カジノウォーを遊ぶならこのカジノ

ここからは、カジノウォーを遊ぶのにオススメのオンラインカジノをご紹介します。

 

ジョイカジノ

ジョイカジノは人気サイトである、カジノエックスの姉妹カジノとして2014年に設立され、日本市場には2016年から参入しています。

ジョイカジノの特徴はなんといっても、プロモーションの豊富さにあります。

プレイヤー同士で勝利額などを争うトーナメントや、入金すると貰える「宝くじ」、特定のアクションを起こすと入金不要ボーナス(無料ボーナス)が貰えるアチーブメントなど、一般の方にもハイローラーの方にもおススメのカジノです。

カジノウォーを遊びながら、お得なイベントやキャンペーンに参加できますよ。

 

ラッキーデイズ

ラッキーデイズは、2019年に設立されたばかりの新進気鋭のオンラインカジノです。

可愛い招き猫が印象的なラッキーデイズのサイトは、初心者でも遊びやすいシンプルな作りになっています。しかし、新しいカジノでありながら、すでに多くの人気ゲームプロバイダーと提携しており、全1300種類以上ものゲームを楽しむことができます。もちろんカジノウォーも遊べますよ。

また、ラッキーデイズは、日本のユーザー向けの入出金方法が用意されているので、JCBでの入金、日本円での入出金が可能です。

日本語サイトの質も高く、日本語サポートも年中無休で対応しているため、初心者も安心してプレイできる環境が整っています。

 

チェリーカジノ

チェリーカジノは特にオンラインカジノ初心者におすすめのオンラインカジノです。運営会社は1963年の創業後、カジノ事業を中心としながらも多方面で事業を展開し、大成功を収めた信頼性の高い企業ですので、非常に安心です。また、チェリーカジノの歴史はスウェーデン国内のテレビCMでも放送されており、チェリーカジノがどのように時代を歩んできたかを垣間見ることができます。

もちろんカジノウォーも楽しむことができますので、是非試してみてください。

まとめ

みなさま、いかがだったでしょうか。

シンプルなゲーム性が魅力のカジノウォー。その分かりやすいルールで初心者の方でもすぐに楽しむことができるのでおすすめですよ。

また、短時間でコンスタントにサクッと儲けを出すにも適したゲームといえるので、是非必勝法を試してみてくださいね。

大人気カジノボーナス!

カジノデイズボーナス カジノシークレット66ドルボーナス
JAPAN-101限定ボーナス

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、JAPAN-101限定の3000円分入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!